貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2019年
 9月  10月  11月  12月
2021年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月


新日記

2021年 9月

 
 4日 [「白頭山大噴火」「鳩の撃退法」劇場にて鑑賞]

 よし。
 映画館へ行こう。
 何か他の用事もあった気がするが、まぁ、いいだろう。

 イ・ヘジュン/キム・ビョンウ「白頭山大噴火」☆☆☆☆
 北朝鮮と中国の国境にある白頭山が大噴火を起こす。そうなれば朝鮮半島は終わり。
 被害を低くするために、マグマだまりの圧力を核爆発で逃がす。
 という、基本プロットの時点で「そういう世界なんだな」という馬鹿映画。
 そこは問題視するが、あっちは問題視しない。そこはそうなったが、あっちは忘れた。で、いつの間にそうなった!?みたいな部分が多数出てくるが、笑いと勢いで全てをぶっちぎって映画は突き進んでゆく。
 疑問を持つなっ!!!それが馬鹿映画ってもんだろう!?
 あぁ、笑った。笑った。

 タカハタ秀太「鳩の撃退法」☆☆☆
 小説家の書いた原稿を読む編集者。その原稿は、果たして“虚”なのか“実”なのか・・・
 面白くなりそうで、面白くなりそうで、最後まで面白くなりそうなままで終わる。
 虚実の境界線があいまいなままで、最後にまとめて台詞説明になっちゃうのも、映画としてはあまり誉められた構成ではない。もうちょっと工夫が必要だったのではなかろうか。
 あと、最後のオチが、結局どうなってんの?になってしまっているのが残念。
 これは、本編の出来とはいっさいなんの関係もないんだけど、予告編の「この男が書いた小説は、現実になる」って台詞は、いくらなんでも嘘つきすぎ。全然そういう話じゃない。。。

 もう壱本見られなくはないが、やめておくか。
 明日の座席を確保して、撤収。

 ・・・あ、荷物が届くの今日だったか。
 後日再配送依頼だな。いかんせん、明日も映画館だ。



 
 5日 [「シャン・チー」「アフリカン・カンフー・ナチス」劇場にて鑑賞]

 よし、もちろん映画館だ。

 デスティン・ダニエル・クレットン「シャン・チー/テン・リングスの伝説」☆☆☆
 突き進むMCUシリーズ最新作。
 中国資本を狙って作ったら、色々あって中国で公開されなくて悲劇、という作品の完成度以外部分はさておき、全体的に「もったいない」。
 アクションシーンを身体の動きで魅せるなら、最後のCG大戦は、俳優の肉弾戦に持って行ったほうが良かったんじゃかなろうか。
 あと、ヒロインは良いキャラなんだけど、彼女の行動理由が見えないのは弱点だと思う。
 最初から付き合っているならともかく、友達を強調してあれはちょっと弱い。
 ベン・キングスレーの演技や、相変らずのキレを見せるミシェル・ヨー、圧倒的にカッコいいトニー・レオン等、俳優陣の見どころが満載なだけにもったいなかった。

 セバスチャン・スタイン/ニンジャマン「アフリカン・カンフー・ナチス」☆☆☆☆
 ヒトラーと東条英機がアフリカのガーナに逃げ延び、カンフーパワーで長寿を得て、再び世界征服を目論むべく武道会を開催する。
 という、ツッコミどころ満載というか、むしろどこを突っ込まないで良いのか分からない、圧倒的B級怪作映画。
 金はないが、ノリと勢いと情熱は溢れているっ!!
 とはいえ、完全にヒトラーと東条英機(と、そのバックグラウンド)を馬鹿にした映画ではあるので、激怒する人や、そういう行為を快く思わない人は少なからずいるだろう。
 そういう人は、近寄るべきではない映画だ。

 時間切れだ。
 撤収。



 
10日 [「S.W.A.T.」Season4見始]

 CS放送はスーパー!ドラマTVで放送が始まっているも、見ていなかった米TVドラマ「S.W.A.T.」Season4を見始める。

 このドラマは、がっつり時事ネタ入れ込んでくる方向できたか。
 所謂“新型コロナ”を作品中で真正面から描いている。
 もともとアクションドラマではあるが、社会問題を取り込んで描いてきた作品なので、違和感がないのも素晴らしい。

 流行初期の、病気に対する対応ルールが定められていないことの混乱や、家族と切り離されること、そして(特に流行初期にはニュースを見かけた)米国でのアジア人差別までもが、僅か2話までの中に含まれている。

 いやまぁ、人種差別(主として黒人差別だが)は作品が一貫して描いてきたものではあるのだが、物語への取り込み方が見事だ。

 2020年11月放送開始ということは、準備期間を考えるとそれほど余裕があったとは思えないが、実に見事だ。
 Season5への制作も決まったようなので、尻切れになる心配もない。
 色々な意味で、存分に楽しんで見よう。



 
15日 [「EXIT イグジット」見了]

 イ・サングン「EXIT イグジット」Netflixにて見了
 毒ガステロを受けた都市で、ビルの屋上から屋上に逃げまくる馬鹿アクション映画。

 物語の整合性?そんなもんほっとけっ!!アクション重視じゃぁっ!!!勢いで突っ切れっ!!

 ・・・こういう映画って、勢いのある世界じゃないと作れないよね。
 という意味で、こう、邦画と比べると、こう、悲しくなるなぁ。
 って、本編とは無関係な悲しみはさておき。

 それほど出来の良い映画ではないのだが、とにかくやたらと勢いがあるので、見ていて飽きない。
 なんでみんなこんなに大袈裟なの!?とか。緊迫感のあるシーンでなぜコメディを入れる!?とかは、(先日の白頭山大噴火と合わせて)韓国大作映画あるあるなのだろうか?
 最近、韓国映画見ていなかったから、このあたりはちょっと分からない。

 物語も、思わせぶりだったあれやこれやは「結局特になにもなく」終わる。
 本当にアクションにしか興味無かったんだなぁ・・・

 けど、嫌いじゃないよ、こういう馬鹿映画。



 
20日 [「隠し砦の三悪人」「マスカレード・ナイト」劇場にて鑑賞]

 本日は朝から映画館へ。

 可動が半分に落ちているとはいえ、満員御礼の映画が出ているアナウンス。
 うんうん。よいよい。
 全席使っていた時も、半分も席が埋まっていない映画も珍しくなかったからね。
 てなことを思いながら、劇場突入。

 黒澤明「隠し砦の三悪人」☆☆☆☆☆
 スクリーンで見るのは始めてな気がする壱本。
 スターウォーズの元ネタ映画としてもしられる映画。

 三船敏郎が、両手で刀を構えたまま馬で敵を追うシーンはスクリーンで見てこその迫力だな。つか、どういう運動能力があればあんなことができるんだ!?
 という驚愕さえ覚える。
 アラのある脚本ではあるのだが(上記の馬のシーンも、そんなに近くに敵陣あるの?と思うし、関所超えで驚くシーンも、いまさっきじゃねぇか早く追撃しろよとか思う)、勢いで乗り切ってしまうのは、色々な意味で凄いね。

 リメイク版なんてなかった。無かったんだ・・・

 続いてもう壱本。


 鈴木雅之「マスカレード・ナイト」☆☆☆☆

 木村拓哉と長澤まさみを主演に置いた、高級ホテルを舞台としたミステリー映画第二段。
 前作でもそうだったんだけど、この役をやるには木村拓哉は年齢的にちょっと無理があると思う。
 行動力突破型の破天荒な現場刑事をやるには、ちと歳を重ねてしまっているだろうて。

 という部分はさておき。
 映画本編で見ると、犯人を(観客に)誤認させる手口が前作と同じなのは、ちょっといただけない。
 原作も同じなのだろうが、もうちょっと工夫がほしかったかな。
 とはいえ、最後まで飽きることなく見せてはくれるので、満足感はそれなりにあるな。

 時間的にはまだ見られるが・・・上手くつながる映画がないな。
 撤収。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月