貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2015年
 5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月


新日記

2016年 5月

 
 1日 [F1 2016 ロシア GP]

 F1 ロシア GP で、ホンダエンジンを使用する二台が入賞した。
 どちらも表彰台には遠く、展開に助けられた面も強いが、二台とも入賞した。

 入賞よりも良いな、と思ったのは、中段ではあったが闘えていること。
 間違いなく、進歩している。

 ホンダの F1 活動に関しては、「無様だ、やめちまえ」という声もあるようだが、ここは大声で主張しよう。

 「ホンダよ、勝つまでやめるなっ!!!」

 そして W 入賞おめでとう!!
 次は、展開ではなく、実力で W 入賞。表彰台。そして、シリーズ制覇をっ!!!



 
 2日 [30リッタータンクの車に29リッター入れた]

 明日は早いのである。
 明後日も早いのである。

 ・・・今日中に、色々やっておかないと、明々後日まで時間ねぇんだよな。
 ということで、買い出しやらなんやらで一日が飛ぶ。
 会社命令による休みだったのは幸いであった。

 今日出社だったら、ちょっと、大変だったかもね。



 
 6日 [「クレしん」「追憶の」劇場にて鑑賞]

 二日間連続で、百キロ超の運転はさすがに体力やられるねぇ。
 とはいえ。
 昨日一日で回復。
 今日は?
 決まってる。
 映画館だ。

 高橋渉「映画 クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」☆☆☆☆
 久しぶりに劇場まで見に来たな。
 クレしんは、作品ごとの出来に落差がかなりあるので、シリーズ作品なのに安心して見られない危険作品。
 母親の死がトラウマになっている子と、その子を何とかしようとする父の物語。
 子への愛故に暴走する父と、野原一家が対比となっている構造だが、それだけに、これは本当に子供が見て楽しいのか?という疑念が晴れない。
 オトナ帝国やアッパレ戦国も、子供はどの程度楽しめるのかね?と思ったが、本作では、もっと根本的にそう思う。単体のギャグはともかく、ねぇ?

 ガス・バン・サント「追憶の森」☆☆☆☆
 自殺しようと青木ヶ原にきた男の物語。
 “死者”が“この世からあの世に行くまでの間”に青木ヶ原がある、という解釈は面白いのだが、この構造なら、西洋と東洋の生死感の違いをもっと見せてほしかったなぁというのが正直なところ。
 キリスト教で禁忌とされている自殺をテーマにしているなら、なおさらね。
 あと、“奥さんと娘の名前の秘密”が、日本語が分かる人と、分からない人でそのタイミングがずれるのは、ちょっと残念。
 日本語が分からない人なら、最後の最後、主人公が“知る”まで分からないんだろうなぁ。(私も気がついたのかなり後だったけどさ)

 まだ時間的には問題ないが、明日を考えると、やめておくか。



 
 8日 [SF 大会に備える]

 二か月後、か。
 あと、二ヶ月しかないのか。
 準備が土日しかないと考えると、結構、残り少ないんだよなぁ。

 てなことを思いながら、GW 最終日を SF 大会の企画準備に費やす。
 去年は、私が合流してから先の、プロジェクトの“流れ”を紹介したが、今回はより絞って、“事象”を紹介する形式にする。

 という、方向性は定まった。
 粗削りで良いから、一通りの流れを再来週くらいまでに作れれば良いかなぁ?



 
 9日 [ちはやふる]

 Hulu でチマチマと見ていた、TV アニメ版「ちはやふる」(上の句を見てからなので、一か月以上かけている)全話見了
 2期まで、全て、だ。

 映画は、ある程度まとめるためにエピソードの入れ替えや流れの変更を行っていたが、時間のあるアニメはほぼ原作通り。
 やや“見せ方”を変えている部分はあったが、その程度。

 アニメと実写映画、両方で共通して思ったのは「音が重要」というのを意識させるためにも、競技シーンでは BGM 使わないほうが良かったんじゃないかなぁということかな。

 それにしても Season2、良い所で終わるなぁ。
 もうちょっと何らかの“ケリ”が欲しい所だ。

 実写は、なんぞ続編が発表されていたが、さて、アニメの3期はいつやるんだ?
 映像化権の問題で、アニメの3期作れないとかいうオチじゃねぇだろうな?



 
10日 [「コペンハーゲン」見了]

 SUPER! DRAMA TV で放送していたTV ドラマ「コペンハーゲン」Season3 全話見了
 Season3 で完結だそうな。

 Season1 では、実際の社会問題を絡めているのであろう (デンマークの国内情勢の知識などほぼ無いので、あくまでも予想だが) ドラマだったが、Season3 では主人公の内面や、他の政治家との闘争に主眼が移り、それまでの面白さはやや減速。
 TV 局の政治報道の在り方等、面白い部分もあるのだが、不倫騒動やら元夫との騒動やらが多く、正直、鬱陶しい。

 これ Season4 を睨んだ展開だったんだろうなぁという伏線が、最後二話で、かなり強引に回収される。
 放置されるよりはマシだが、全部が回収し切れたわけではないので、何か煮え切れない。

 決してつまらなくは無かったが、最初に比べると、その面白さは失われていたなぁというのが正直なところだ。



 
12日 [・・・え?昨日の日記が更新できてない!?]

 久方ぶりに DVD をレンタルすべく店に。
 ・・・昨日買った「クウガ」の BD-BOX とか、まぁ、色々あるんだけどね。

 何本か借りてきたが、今日は軽く行こう。
 佐藤東弥「映画 ST赤と白の捜査ファイル」

 佐藤 (ガッチャマン) 東弥ぁ!?
 ということで、映画館に行くのをやめていたんだが、普通に楽しんだな。
 映画館で見ていたら「TV ドラマの延長じゃねぇか」と悪態ついただろうが(とかいいつつ、TV ドラマも全部は見ていない。映画公開時のセレクション再放送で見ただけである)、レンタル DVD だからね、その辺はちょっと緩く判断する。


 映画館で見たかったっ!!!!


 と、七顛八倒するよりは精神衛生上良い。
 ・・・のかぁ!?



 
14日 [疲労困憊]

 諸々の事情により、今日一日の予定が吹き飛ぶ。
 疲労と、想定外に突っ込まれた予定。

 車の強行運転。
 大惨事だ。

 ということで、わりと、本気で、疲れた・・・



 
15日 [空虚だが濃いような気もする一日]

 体力の回復をしつつ、本を読み、SF 大会に向けた資料の一部を作り。
 録画した映画を見て。
 借りて来た映画の BD を見て。
 買ってあった本を読み。

 INDY CAR Series の録画中継と、F1 の生中継を見て、一日が終わる。

 割と充実していた気もするし、大したことをやっていないので空虚な一日であった気もする。


 ま、そういう日も時にはある。


 何より体力はほぼ回復したので、来週は全力で遊ぶぞっ!!!



 
17日 [普通になったな。残念ながら]

 録画してあったスパイク・リー「オールド・ボーイ」見了
 CS 放送とストリーミングのおかげで、レンタルに行く必要性は劇的に下がっている。

 早く確認したい映画が有り、かつ、手元に無い、あるいは探すのが極めて困難なときだけだな。
 最近は CS 放送の VOD も使っているので、ますますその必要性は下がっている。
 という話はさておき。

 日本の漫画を原作とし作成された、パク・チャヌク「オールド・ボーイ」のリメイク。
 漫画は未読だが、この作品は映画のリメイクなんだそうな。

 ということで。
 内容は、ほぼパク・チャヌク版と同じ。
 だが、暴力描写 (性描写含む) は、薄味に。

 そしてなによりも、とてもハリウッド映画な脚本。
 監禁される主人公も、監禁する男も、とてもとても理論的。
 物語の展開も、“観客に委ねる”事はなく、とても明白。

 分かりやすく、見やすくはなったが、パク・チャヌク版の緊張感は失われたな。



 
19日 [当時は「なんだこれ?」だった。今見ても、「面白くなりそうには見えない」]

 押井守「ガルム・ウォーズ」の前売り券を買ったら、「G.R.M. THE RECORD OF GARM WAR」のパイロットヒルムを収めた DVD が付いてくるんだそうな。
 月曜日に特典ごと購入。
 本日の会社帰りに、ちょろっと用事で覗いたら、まだ特典は残っていた。
 明日公開で、限定3,000枚の特典が・・・

 いや、まぁ、実際には3,000枚以上作っているんだろうけど、「前売り券実績3,000枚以下」に見えちゃうのは宣伝的にまずいんじゃなかろうか。

 などと思いながら、本日特典 DVD 開封。


 そして再生開始っ!!!


 おぉ、懐かしい。
 これ、何年だったか、今は無き渋谷パンテオンで開催されていた東京国際ファンタスティック映画祭の、バンダイオールナイトで公開した奴だよね!?

 何もかもみな懐かしい・・・



 
21日 [「ガルム・ウォーズ」「64」「その男とル・マン」劇場にて鑑賞]

 終電までには、なんとか!?という話が、そのまま徹夜勤務となった。
 緊急事態とはかくも恐ろしい。

 帰宅後速やかに睡眠。
 昼に起床。睡眠時間は短い。疲れは、残っている。
 だが、しかし。
 それでも。

 耳元で声がした。
 映画館に、行けと。

 疲労回復より、映画力 ─エイガチカラ─ の補充こそ優先されるべきなのだっ!!

 押井守「ガルム・ウォーズ」☆☆
 20世紀末に製作が始まり、結局作られなかった「G.R.M.」がついに完成。
 TIFF から二年半にわたって氷漬けになっていたので、もっとナニかと思っていたが、思ったより普通だ。
 説明重複させたり、それっぽく伏線を台詞で説明し結局放置したり、台詞と映像が矛盾していたり、結局最後は物語放り出し (パンフレットによるとあれで物語は完結しているらしいが) だったりと、ん〜、いかにも邦画だな。
 悪い意味で。

 瀬々敬久「64-ロクヨン-前編」☆☆☆
 横山秀夫原作小説の映像化。
 複数の物語が並行して進む構成なので、映画にすると、物語がちょっと絞り切れていない印象。
 元々シリーズ作の一つで、純粋に単体の作品として成立させるのが難しいのも分かるのだが、そんなことを考慮する義理は無い。
 最終的には、後編次第だな。

 ガブリエル・クラーク/ジョン・マッケンナ「スティーヴ・マックィーン その男とル・マン」☆☆☆☆
 リー・H・カッツィン「栄光のル・マン」の製作ドキュメンタリ映画。
 45年前の映画のメイキングを、今作るとは・・・
 映画に取りつかれた男の苦悩は垣間見えるが、人の意見よりも自分の意見のみで突き進む男の、傲慢は感じるが狂気が感じられないな。
 製作者のマックィーンへの敬愛なのか尊敬なのか、やや感傷的すぎる部分もある。
 とはいえ、うん、楽しめたよ。

 さすがに体がキツイ。
 速やかに帰ろう。
 撤収。



 
22日 [復興支援イベント]

 昨日の無理がたたり、やや体が重い。
 が、遊びの時間は終わらないっ!!

 ということで、本日予定されていた SUPER GT Rd3 オートポリス が熊本地震により中止。
 周辺だけでなく、コースも被害を受けたとのことなので、中止は必然と言えるだろう。

 その熊本地震の募金イベントとして、横浜の日産グローバル本社で開催される「NISSAN MotorSports LIVE with Pit-FM 〜SUPER GTファンミーティング」に参加する。

 時間が短く、若干慌ただしかったが、面白いイベントであった。
 さすがに、この後に何かするだけの体力は無いな。
 いかんせん、明日も仕事だ。

 撤収。



 
24日 [Porsche 時代はこの本の後に・・・]

 A.J.ベイム「フォードvsフェラーリ 伝説のル・マン」(祥伝社/小説)読始
 先日見た、ガブリエル・クラーク/ジョン・マッケンナ「スティーヴ・マックィーン その男とル・マン」でも描かれた、ル・マン24時間の実話を元にした小説。
 ブラッド・ピットとトム・クルーズ共演での映画化の話があったが、さて、どうなったんだ、あの話?

 IMDb には、スタッフもキャストも情報がないので動いているのかも定かではない。

 今年のル・マン24時間レースでスタートフラッグを振るのがブラッド・ピットということで、この映画化も実は動いているのでは?という気もするが、さて?

 内容は、1960年代。最強のマーケティング現場と化したル・マン24時間レースを舞台に争いを繰り広げた、フォードとフェラーリの車会社の、所属国をかけた戦いを描いた本。

 引き込まれるねぇ。

 ブラッド・ピットとトム・クルーズ共演が本当だとすると、どっちが誰やるんだろう?
 エンツォ・フェラーリとヘンリー・フォード2世?さすがに年齢考えるとドライバーやるのは難しいと思うが、さて?



 
25日 [SF の S は、ステキの S(SF の F は不思議の F)]

 池澤春菜「SFのSは、ステキのS」(エッセイ/早川書房)購入
 諸々の事情により購入を停止した、月刊「SF マガジン」(文芸/早川書房)に連載中のエッセイをまとめたもの、だそうだ。

 A.J.ベイム「フォードvsフェラーリ 伝説のル・マン」が、明日か明後日には読了出来そうなので、その後には読み始められるかな?
 今度の金曜日は隔週「AUTO SPORTS」が出るから、さらにその後かな?



 
26日 [失敗]

 水島努「ガールズ&パンツァー 劇場版」の Amazon 限定 BD 発送のメールを受信した
 そして私は気が付いてしまった。


 ・・・発注ミスだぁっ!!!!


 久しぶりに使うとこれだよ。
 受け取り先を、コンビニにすれば仕事帰りに受け取ることが可能だ。
 にもかかわらず、自宅配送にしてしまった。


 受領難易度が、跳ね上がったぞ!?


 しばし苦悩する。
 うむ。
 日曜日の SUPER FORMULA 決勝の時間に届けてもらうのが一番確実だな。
 激烈な闘いの最中に来ないことを祈ろう。
 以前、TV のマラから離れて戻ったら、順位が大きく変わっていて頭を抱えたことがあるだけに・・・



 
27日 [4DX は、映画?アトラクション?]

 水島努「ガールズ&パンツァー 劇場版」の Amazon 限定 BD はまだ受領していない。
 が、仕事はわりと早く終わった。
 さぁ、読んでいるぞ、映画館がっ!!

 ということで、水島努「ガールズ&パンツァー 劇場版」4DX 版を見に行く

 ・・・うん、4DX は“映画”という“作品”を“鑑賞”するのではない、“アトラクションを楽しむ”ものだな。
 これはこれで面白いが、映画を見たという満足感はほとんど無いのも事実だ。

 なにかモヤモヤした気持ちになるが、撤収っ!



 
28日 [認識以上であったか・・・]

 自分で認識している以上に、疲れがたまっていたようだ。
 用事を一通り済ませてから映画館へ行くかっ!!!
 と思っていたのだが、用事を済ませ、一時寝床に戻ったところで“切れ”てしまい、倒れるように寝てしまった。

 むぅ。

 目覚めてから、座席確保していなかったことに感謝する。
 それにしても、ここで倒れるのであれば、荷物の受け取りも可能だったなぁ。

 いつだって後悔は、事の後だ・・・



 
290日 [雨!雨!雨!]

 SUPER FORMULA Rd2 岡山なのである
 ということで、CS 放送は J-Sports で生放送を見る。

 ・・・大雨。
 ・・・大雨。
 ・・・大雨。

 ということで、まともにレースが行われることなく、あっけなく中止。
 独逸のニュルブクルリンク24時間レースでも、雹が降って、あげくに積もって、レースが中断していたが、中止かぁ。
 先日の熊本地震で施設、および周辺に大きな被害を受けたため、大分のオートポリスでのレースも中止が決まっている。
 天災だから仕方ないとはいえ、一戦が無くなり、一戦がこのありさまと言うのは、シリーズ通して考えると、どうなんだ!?



 
30日 [GAME ON]

 色々あって、午後休を取得してお台場はMiraikan の特別企画展「GAME ON」へ
 歴代のゲーム機を通して語られるゲームの歴史。

 的な企画かと思っていたのだが、歴代のゲーム機を並べて感じるゲームの進化とこれから、という内容であった。
 最終日とはいえ平日だから大丈夫だろう、という予想だったのだが、それなりに混んでいた。

 ナンテコッタ。

 あれ?R360 あるって聞いていたけど、無くね?
 途中入れ替えあったらしいからそこで撤去された?私の勘違い?

 まぁ良い。
 いくつかのゲームを久しぶりにプレイする。
 面白いゲームは、古くても面白いなぁ。
 「デイトナ USA」とか(体感筐体の)「アフターバーナー」とか、今だにこんなに面白いか!!

 やはり、レースゲームは、今の「リアル」方向ではない流れの作品がやりたいなぁ。



 
31日 [AUTO SPORTS]

 来月期待の映画は、え〜っと、明日か明後日にはなんとか・・・

 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入
 本当は、昨日の帰りに購入できればよかったのだが、諸々の事情により断念した。

 F1 2016 Rd5 スペイン GP で発生した、メルセデス同士討ちの分析記事。
 そして来年の F1 について。

 斜めに読んでおくとしよう。
 後半にハコ車レースの話もあるようなので、しかと読むのはむしろそっちかな。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月