貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2013年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2014年
 1月   2月   3月


新日記

2014年 2月

 
 1日 [伊福部サウンドを堪能しまくる]

 まずは渋谷で開催されている、ノーコンキッド x ゲームセンター CX カフェへ。
 そこで存分に遊んだ後、錦糸町に移動。

 かつて、東宝映画のサントラでその名を馳せた作曲家、伊福部昭。
 今年、生誕100年を迎える。

 ということで、2014年は色々と企画が目白押し。
 その第一弾に行く。

 「伊福部昭生誕百年紀コンサートシリーズVol.1」。
 すみだトリフォニーホール、行くのはいつ以来だ?

 楽曲は、オリジナルの譜面を組み合わせて組曲としたものを五曲 + 一曲。

「銀嶺の果て」組曲
「国鉄」組曲(国鉄の製作した、複数の記録映画のサントラ。余談であるが、今回演奏された曲の中で、唯一見ていない映画が含まれている)
「ゴジラ」組曲
「海底軍艦」組曲 
「地球防衛軍」組曲
アンコールで、「ゴジラvsキングギドラ」組曲(平成シリーズ版)

 楽曲の素晴らしさはあまた語られているのでさておき、映画の、音声技術の歴史を一気に体験できた。

 「銀嶺の果て」、「国鉄」、「ゴジラ」、「海底軍艦」、「地球防衛軍」はモノラルだ。
 故に、楽器の数や和音にかなりの抑制が効いている。
 音の数が増えても、モノラルでは再生できず、何の音なのか分からなくなってしまうからだ。(場合によるが、音楽だけでなく、台詞や効果音も一つのスピーカーから出る)

 が、「ゴジラvsキングギドラ」は、ドルビーサラウンド。
 何がおきるかと言うと、同時に出せる音の数がまるで違う。
 なので、アンコールでかかる組曲では、特にフリーゲートマーチ(かつて、曲名を知らなかった私が、「自衛隊出撃のテーマ」と勝手に呼んでいたのはただの事実である) が衝撃的。


 初代とは、間違いなく同じ曲なんだけど、まるで違う曲に聞こえるっ!!!


 伊福部サウンドをフルオケを満喫しつつ、ついでに映画のサウンド技術の歴史まで体験できる、疲労困憊の、良いコンサートであった。

 疲労困憊のまま、毎度の面子と新年会に突入。
 明日は、もう、動けないな、これは。



 
 2日 [今月期待の映画]

 さぁて、ちょいと遅れた。
 2月公開の期待する映画だ。

 アラン・テイラー「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」
 「アベンジャー」を挟んでの、「マイティ・ソー」の続編。
 監督は、ケネス・ブラナーからアラン・テイラーに切り替え・・・って、アラン・テイラーって何者だ?知らん監督の名前だが・・・
 もっとも、ケネス・ブラナーだと聞いたときも「アメコミ映画の監督だと!?」と、驚いたが。

 ケネス・ブラナー「エージェント:ライアン」
 で、そのケネス・ブラナーはジャック・ライアンの、え〜、二度目?三度目?のリブート作品の監督、と。
 ざっとあらすじを読むと、どうやら原作にはないオリジナルの脚本のようだが、さてどうなっていることやら。

 ピーター・ジャクソン「ホビット 竜に奪われた王国」
 「ロード・オブ・ザ・リング」ほどの完成度ではないわけだが、「長い原作を凝縮してつめこんだ」映画と、それほどの長さではないが、映画の時間はあまり変わらない映画の、物語の密度の差のような気もする。
 水準以上に面白い映画に仕上がってはいたけどね、少なくとも第一作は。

 ジェフ・ワドロウ「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」
 監督はマシュー・ヴォーンじゃなくなり、死亡したのでニコラス・ケイジも登場しないというのは欠点だが、さて続編はどう仕上がっているかな?
 それにしても、アメコミオタクで知られるニコラス・ケイジは、続編に出演できなくてさぞや悔しかろうなぁ。

 ポン・ジュノ「スノーピアサー」
 ポン・ジュノ監督が、韓、米、仏との合作で、仏のコミック原作で撮った映画らしい。寒冷化した地球の上を生き残りをかけて走り続ける鉄道の中で繰り広げられる戦闘・・・?
 字面で読むとまったく説得力ないけど、大丈夫か!?信じて良いのか!?ポン・ジュノ!?

 ティモ・ジャイアント/キモ・スタンボエル「KILLERS/キラーズ」
 「ザ・レイド」の監督最新作!みたいな宣伝を見た記憶があるが、ギャレス・エヴァンスは製作なのね。監督じゃないのね。まぁ、あの監督の最新作には違いないか。
 ということで、「行くぜっ!!絶対行くぜっ!!」というノリでは無くなったな。正直なぁ。

 蔵方政俊「ゲームセンター CX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」
 ゲームセンター CX のファンなので見に行くが、映画としての完成度が高いとは、正直思っていない。
 これでまちがって (?) 面白いと、それはそれで嬉しいんだけどね。

 佐藤竜雄「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」
 ほいついに来たぁっ!!笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」のアニメ版、「モーレツ宇宙海賊」の劇場版っ!!
 アニメも広範は原作から離脱した (アニメの製作決定時の原作量とか、色々と事情はあったようだが) ので、映画は完全にオリジナルと見るべきだろう。
 大丈夫。アニメのオリジナル部分も、けっこう面白かった。映画も期待っ!!

 他にも、マリア・ソーレ・トニャッツィ「はじまりは5つ星ホテルから」三池崇史「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI」等、本数有るな。
 さぁて、何本行けるかね?

 なお、ロン・ハワード「ラッシュ/プライドと友情」リー・ダニエルズ「大統領の執事の涙」は、今月公開だがすでに試写会にて見了している。
 故に、期待の映画からは外した。
 が、人に聞かれれば、どちらも「見て損は無い」と答えるだろう。

 公開順は錯綜し、本数はそれなりに多そう。
 季節は冬だが、今月も燃え上がって映画館に行くぜっ!!!



 
 3日 [明日も本屋か!?]

 会社帰りに本屋へ。
 ゆうきまさみ「白暮のクロニクル」1巻(小学館/漫画)、むらかわみちお「宇宙戦艦ヤマト2199」4巻(角川/漫画)購入

 ・・・原作:七月鏡一/作画:藤原芳秀「BUGS LAND」3巻(小学館/漫画)が売っていない。
 2巻で終了した、“箱船のトリトン”に続く、“砂のサクリファイス”編が始まっているはずなのだが。
 むぅ。
 明日、もう一店確認してから e-hon での注文を検討しよう。

 ゆうきまさみ「白暮のクロニクル」
 不老不死の者 (はっきりとは描かれていないが吸血鬼なのか?) が存在し、一部で認定されている世界でおきた連続殺人物。
 これまでの ゆうきまさみ 作品とは大きく毛色が違う、はっきり「青年誌」って印象の物語だな。

 むらかわみちお「宇宙戦艦ヤマト2199」
 シュルツ戦死までが描かれたので、TV 8話までか。
 相変わらず、アニメと視点がちょっと違って、たいへん面白い。シュルツ艦隊側の視点は、まるっと新規だもんな。
 ところで、一冊につきアニメ2話として、え〜、全11巻?半年間隔で出ているから、あと3年半かかる計算か。
 ・・・途中で打ち切られそうだなぁ。面白いので最後まで行って欲しいが。



 
 4日 [今日も本屋へ]

 外が、白い。
 とっとと帰りたい。

 てなことを思いながら、昨日とは別の本屋へ。

 原作:七月鏡一/作画:藤原芳秀「BUGS LAND」3巻(小学館/漫画)購入

 この本屋、揃えは良いのだが HonyaClub 対応はしていても、e-hon 未対応なのよね。
 e-hon に対応していれば、全面的に切り替えるのだが・・・

 まぁ良いそんな事は。

 「BUGS LAND」第二部突入。
 第一部「箱船のトリトン」でも、「BUGS 捕食者たちの夏」からの登場人物がいたが、第二部「砂のサクリファイス」では、ついに「BUGS 捕食者たちの夏」の主人公と、村瀬の孫娘が復帰という燃える展開っ!!

 最初は「まさか連作短編!?」と思ったが、そんな予想を大きく上回る展開。
 続きが楽しみだ。



 
 5日 [FRINGE]

 CS 放送は SUPER DRAMA TV で放送中の米 TV ドラマ「FRINGE Season4」16-17話を見る

 だんだん整理されてきたな。
 それにしても、不憫や、リンカーン捜査官・・・

 と、思っていると、17話で想像の斜め上の展開に。

 リンカーン捜査官がっ!!
 リンカーン捜査官がっ!!

 と、なるよね、これはね。
 それにしても、強引な方法で設定の一部リセットを行って、こういう展開に持って行くとは。
 JJ 恐るべし・・・



 
 6日 [それほど外道ではない]

 4日の新日記上げ忘れ、か。
 文章は出来ていたんだがねぇ。
 ということで、つい先ほど上げた。

 イギリス BBC で放送している自動車バラエティ番組「Top Gear」。
 BS Fuji でも放送しているが、本日は Hulu で過去の番組を見る。

 そして、Season13 第一話をみて、凄く、切なくなる・・・

 番組中に登場する覆面凄腕ドライバー。
 車をコースで走らせて、その性能をチェックするために登場する彼は“スティグ”と呼ばれている。
 Season13 第一話で、(複数人いるといわれているが) スティグが覆面 (ヘルメットだが) を取る。

 出てくるのは、一度目の F1 を引退した後のミハエル・シューマッハ。

 ・・・彼の、元気な姿を、再び見ることが可能日が来ると良いなぁ。
 決して好きなドライバーではなかったが、それでもね。



 
 7日 [「ミニスカ宇宙海賊」読了]

 Kindle で予約すると、さて、どういう事になるのだろうか?
 x日発売の、x日、何時になれば読めるのだろうか?

 てなことを思いながら、笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」11巻(小説/朝日ノベルズ)Kindle 版を数日前に予約

 そして発売日の、2月7日 0010。
 Kindle 端末に DL されている事を確認。


 電子書籍だと、発売日に、確実に手に入っちゃうもんな。
 そりゃフライング販売には勝てないが、確実に手に入るもんな。


 紙の方が好きだが、それでも、ねぇ。
 通勤時間と昼休みを駆使して読み終わる。

 4割り方終わったところで、まだ港で出港準備していたので予想はしていた。
 が、まぁ、そうだよね。
 「続く」でおしまい。
 えっと、だいたい半年間隔だから、夏には続きが読める、かな?



 
 8日 [今日は一日 GT6 三昧]

 大雪じゃぁっ!!!!
 こりゃ明日も路面凍結で危険じゃぁっ!!!!

 ということで、速やかに出撃を断念する。
 今日は、ゲーム三昧だな。

 ということで、朝からひたすら SCE「Gran Turismo 6」(PS3/レース)プレイ

 ふぅ・・・
 疲れる一日であった。

 いや、他にやったことと言えば雪かきくらいでな。
 特に書くようなことは無かったのよ。



 
 9日 [ダラダラダラダラ]

 GT6 には、連日ログインすると勝利時にもらえるポイントが増えるという仕様になっている。
 ということで、雪かき後、一回ログイン。
 アーケードモードでレースやって、抜ける。
 これでポイント増量200%を確保し続けられるぜ。


 昨晩からの雪かきで、もう疲れたよ。


 ということで、あとは脱力してひたすら映画を見たり録画した TV 番組を見てすごす。
 初見の映画だと体力使うから (集中力を発揮するには体力が必要なのだ)、二度目とか三度目の映画を、ダラダラダラダラ。
 TV 番組も、頭使わないヤツをダラダラダラダラ。

 さぁ、明日は、仕事だ・・・



 
10日 [致命的忘れ物]

 帰りがけに映画館に行こうっ!
 と、思っていたのに、現実は厳しい。


 まさか、映画の前売り券が詰まった封筒を忘れるとは・・・


 定時に上がっても、これじゃ映画館には向かえんな。
 速やかに撤収。

 お〜、朝より、明らかに雪が溶けている
 一日曇りで、気温も低かったが、それでも雪が溶ける温度ではあったんだねぇ。

 さて、明日は映画館に行く時間があるかな?



 
11日 [CS 放送は人間を駄目にする]

 晴れたり曇ったり、雨が降ったり。

 と、歌ったのは THE BLUE HEARTS なわけだが (「ブルースをけとばせ」より。ちなみに人生の暗喩であって、天候の唄ではない)、今日は曇ったり雪が降ったりである。
 どのみち、先日の雪かきで体がだるく、出かける気にはなれんわけだが。

 ということで、引きこもってつらつらと TV を見る堕落した生活。

 TV は受動的なので、能動的に見るんじゃない映画が見られるのが良いねぇ。

 フィリップ・ノイス「今そこにある危機」
 DVD を持っていないし、録画したのも無い。
 見直したのは、いったいいつ以来だろう・・・

 ロバート・ゼメキス「フォレスト・ガンプ」
 これは DVD を持っているので10年以内に見直しているが、それでも記憶は、十分に風化しているなぁ。

 どちらの映画も、皆さんお若い・・・

 「今そこにある危機」のハリソン・フォードは、11月日本公開のパトリック・ヒューズ「エクスペンダブルズ3」にも出るんだよね、確か。
 11月か。
 それまで、首を長くして待とう。



 
12日 [「中国嫁日記」購入]

 会社帰りに本屋へ。

 井上純一「中国嫁日記」3巻(KADOKAWA/エンターブレイン/漫画)購入 & 読了。


 前作ほど、心揺さぶられる感動話は無いが、モゲロとしか表現不能なバカップルっぷりが堪能できる。
 結婚だけでも大変そうなのに、国際結婚だとそれとは比較にならんくらい大変なのね。

 それにしても、取引相手が日本で、引きこもりだと、高速インターネット回線さえあされば、日本でも中国でもあまり生活が変わらない、というのは興味深いな。
 いや、国外に住む予定は無いが。



 
13日 [「LIFE!」劇場にて鑑賞]

 今年は、正直、怖いくらい、映画の試写会にあたっている。
 ということで、仕事を終えてから映画館へ。

 ベン・スティラー「LIFE!」☆☆☆☆
 コメディ俳優ベン・スティラーの監督兼主演作品。

 ジェームズ・サーバー「虹を掴む男」の二度目の映画化ということらしいが、原作を読んだことがないので比較不能。
 雑誌「ライフ」の最終号を題材にした本作は、一回目の映画とは、印象が異なるね。

 物語を引っ張る「ヒルムNo25」の被写体が、残念ながら観客には途中で分かってしまうのが残念。
 この作りだと、やはり「主人公が分かるのと同時」が良いと思う。
 そこは、ちょっと残念であった。

 ジム・キャリー主演の「イエスマン」もそうだけど、Life is beautiful. というテーマは、決して嫌いじゃない。

 明日も仕事だ。
 なに?大雪!?まじで!?
 明日も映画の試写会の予定なんだが・・・大丈夫か!?

 いやまて、まずは今日の次の行動だ。
 撤収っ!!



 
14日 [「GCCX THE MOVIE」試写会にて鑑賞]

 大雪だ。
 ま、この程度なら大丈夫だろう。
 ・・・って、先週の大雪が無ければこれは断念だっただろうなぁ。
 なれって怖い。

 てなことで就業後、試写会に向かう。

 蔵方政俊「ゲームセンターCX THE MOVIE 1986 マイティボンジャック」☆☆☆☆

 誰にでも薦められる映画ではないけれども、ツボに入る人にはたまらない映画だと思う。私?たまらなかったともっ!!
 中学生時代の、甘酸っぱい記憶とか。
 ゲームの攻略情報のやりとりとか。

 いろいろとたまんねーっ!!!

 それにしても、最後を知っていても「マイティボンジャック」攻略 (これは、過去の挑戦そのまんま) に興奮できるってのは凄いな。

 最後に、管プロデューサーの挨拶まであって、大変充実した試写会であった。

 ん〜。
 外に出ると、凄い雪だ。
 気合を入れて、撤収っ!!!



 
15日 [燃え尽き・・・]

 先週に続く大雪。
 家から出るのもイヤになるレベルだな。
 先週の雪が残っているところにこれか。

 しかも、水曜日も雪の予想だとぉ!?


 もう、やだ・・・


 とはいえ、やらねば困るの自分だ。
 ということで、今日も除雪で燃え尽きる。

 お願いだ。
 いい加減。
 もう。
 雪は。
 勘弁してくれ。
 装備貧弱な関東平野部で、これは厳しすぎる・・・



 
16日 [勘弁してくれ]

 家の前に坂があるわけだが、朝からその坂が、滑り台になっている・・・
 出かける気が、ゼロになった・・・

 ということで、昨日に引き続き引きこもり。
 初期除雪作業は終了しているので、ダラダラと、録音したラジオ番組を聴いたり、録画した TV 番組を見たり、積んであった本を読んだり。

 なんだかなぁ。
 なお、明日はお仕事。
 上手く行けば、帰り際に映画館に寄れるかな?

 ・・・何!?
 明後日〜明々後日また雪予報!?
 本当に!?

 いい加減にしてくれ・・・



 
17日 [フラグをへし折れ!?]

 朝、通勤中のことだった。

 薄く張った氷を見落とした。
 階段を下りている最中だった。
 念のため、手すりを握っていたのは幸いだった。
 体は支えきった。
 それでも、滑った足は一段下の段に滑り落ちた。
 階段の角に、右足、ふくらはぎの下の部分を強打。


 痛さのあまり涙が出るっ!!!!


 キッツイわぁ・・・
 爪先立ちのように足を動かすのは問題ない。
 体重かけてまっすぐ立つのも問題ないので、骨は無事だろう。
 が、つま先を上に上げるような動きには、かなりの痛みが走る。
 これは、筋かぁ?
 どのみち、歩くのが、かなり、辛い。
 定時で上がれたが、映画館に行くのはやめておこう。

 むぅ。
 徒歩移動に、通常の1.5倍の時間がかかる・・・
 痛い・・・



 
18日 [久米田康治復活!]

 相変わらず、足が痛い。
 映画館に行きたいが、あまり、余計に、歩きたくない・・・

 ということで、素直に帰る。
 帰り道に、これだけは。これだけは。
 と、本屋へ。

 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)、久米田康治「せっかち伯爵と時間どろぼう」1巻(講談社/漫画)まとめて購入

 岐部昌幸「ボクはファミコンが欲しかったのに」(廣済堂出版/小説)も到着しているという連絡があったが、そっちの本屋はちと遠いんだよねぇ・・・

 歩くのはともかく、座っている分には問題ない。
 さぁて。
 痛くて歩きたくない今、本を読む時間はたっぷりあるぜっ!!



 
19日 [「エージェント:ライアン」劇場にて鑑賞]

 足が痛いっ!!(動かなければ大丈夫)
 歩くのつらいっ!!(動かなければ大丈夫)

 しかしもう耐えられないっ!!!

 ということで、映画館に向かう。
 本屋に寄り道するどころじゃない距離の寄り道だが、細かい事は気にするな。
 間に合う映画は、これだぁっ!!!

 ケネス・ブラナー「エージェント:ライアン」☆☆☆

 トム・クランシーのジャック・ライアンシリーズ再起動。
 ということになっているが、実際には、ジャック・ライアンの設定にこそ原作が残っているが、物語そのものはテクノスリラーというよりは、スパイ大作戦的なアクションドラマ。
 スパイ大作戦的なアクションドラマとしてみれば、まぁ、そこそこであった。

 さぁて、明日も仕事だ。
 そこそこ満足感と共に、撤収っ!!



 
20日 [「永遠の0」劇場にて鑑賞]

 ん〜。
 右足をかばい続けた左足が臨界に達しつつある。
 疲労が溜まっている。
 このままでは筋肉痛になるかもなぁ。

 ま、どうにかなるだろう。
 ということで映画館へ。

 山崎貴「永遠の0」☆☆☆

 自分と同い年で特攻により戦死した祖父の足跡を追う主人公の物語。
 特攻で無くなった祖父を、戦友会を通して複数の人の証言で浮き上がらせるという物語なんだが、「なんでそんな事を知っている?」という証言 (そこにいない事象の話や、心理描写等) が多数出てくる。
 それが悪いとは言わんけど、証言がそれぞれ矛盾していても良いんじゃね?
 せめて、解釈の違う証言 (悪評はやたら短時間で終わる) を重ねるとか、いくらでも手段あると思うんだよね。
 正直、中途半端だと思った。

 消化不良だ。
 もう一本行けなくはないが、終了時刻はすなわち終電より後だな。
 うむ。
 仕方ない。
 撤収。



 
21日 [「アンタッチャブル」鑑賞]

ケビン・コスナー


 CS 放送はザ・シネマで放送していたブライアン・デ・パルマ「アンタッチャブル」を見る
 えらい久しぶりだ。
 前に見た頃は、VHS だった気がする・・・

 まぁいいそんな事は。

 子供を爆殺する冒頭から、意味も無く暴力的なデ・パルマ節が炸裂。
 有名な階段の銃撃戦でも、乳母車が階段落ちしながら銃撃戦。
 やたらめったら派手で、暴力的な映画だという感想は、久しぶりに見ても変わることは無かった。

 ん〜。
 それにしても、ケビン・コスナー若いぜ。
 一昨日、スクリーンで見た時とは、まるで違う・・・(30年近く前の映画である)



 
22日 [「モーレツ宇宙海賊」劇場にて鑑賞]

 寝坊したっ!!
 ・・・前に一本みる予定だったんだがねぇ。
 ということで、遅れたなりに映画館へ。

 佐藤竜雄「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE -亜空の深淵-」☆☆☆
 初日、舞台挨拶付きで突入。

 面白いんだけど、なんだろうなぁ。
 なんか物足りないんだよね。
 面白いんだけど、なにか足りない気がするんだよなぁ。
 なんだろう?

 消化不良気味だが、今日は撤収。
 ・・・たぶん。
 撤退中、重力に魂が囚われると、何かが起きる。

 かもしれない。



 
23日 [「キック・アス2」劇場にて鑑賞]

 免許の更新と車の半年点検。
 残りの時間は?
 もちろん映画館だ。

 ジェフ・ワドロウ「キック・アス/ジャスティス・フォーエバー」☆☆☆

 低予算 + B 級感 (=絶妙なダサさ) あふれた前作と異なり、普通の映画になったと思う。
 ヒーローがヒーローたるに必要なものは?
 というテーマや基本的な展開が、サム・ライミ「スパイダーマン」と酷似しているのは、狙っているんだろうが、この予算規模でやられてもねぇ。
 続編やる気なのかな?というラストだが、正直、これで終わりにした方が良い気がする。

 昨日今日と、なんか微妙な映画が続いているなぁ。
 まぁ良い。
 撤収っ!!



 
24日 [新ノート PC 着任。名前、どうしよう]

 使用している IBM のノート PC 二台は、どちらも WindowsXP で動作している。
 WindowsXP は、4月頭にサポートが切れる。
 Google「Nexus7」導入後、ノート PC の使用率は下がっているし、主軸のノート PC、SONY「VAIO TypeP」(Windows7) はまだまだ使用可能 だが、さすがに二台消滅はマズイなぁ。

 ということで代行を探すこと数ヶ月。
 いろいろと偶然が重なって、本日TOSHIBA「DynaBook TX/65J2PKBI」の新古品を、実質無料で入手した

 ・・・ピンク、ですか。

 持ち運ぶにはかなり抵抗のある色だが、16inch ディスプレイを持ったノート PC を持ち運ぶことは無かろう。
 ということで、気にしないことにした。

 さぁて。
 まずは Windows Update からかな。
 おぉ。
 なんと。
 Office2007 も入っているのか。
 いろいろと便利そうだ。

 さて、Windows Update にどんだけ時間がかかるんだろう・・・



 
25日 [お前はいったい何年 PC と戯れているのかと言う自分への怒り]

 昨日入手した TOSHIBA「DynaBook TX/65J2PKBI」の新古品。
 Windows Update の前に、色々合って面倒になったので PC の出荷状態に戻すことにする。

 要するに Windows の再インストールである。

 再インストールしたところで時間切れ。
 ここまでが昨日、Web 日記を上げた後に起きたこと。

 本日はその続きだ。
 ということで、Windows のネットワーク設定をして、さぁいよいよ Windows Update。


 ・・・エラーが出て、Windows Update が実行されない。
 ・・・なぜ?


 MS の Web サイトには繋がるから、ネットワークの問題ではない。
 いったい何が?

 と、しばらく悩む。
 具体的には1時間くらい。

 で、結局 PC の時計があっていなかったのでセッションが確保されていなかっただけと言うオチが付いた。

 IP とか、DNS とか、ファイヤーウォールとか。

 馬鹿だとしか言いようが無い。
 「下の Layer から疑え」が基本だと、幾度痛い目を見れば分かるのだ。

 この馬鹿者がぁっ!!!!



 
26日 [命名「飛龍」]

 先日よりセットアップを始めた新ノート PC、TOSHIBA「DynaBook TX/65J2PKBI」を「飛龍」と命名した

 幻の重爆撃機「富嶽」の名は、かつて Slot1 Dual という異形の PC にその名を冠したことがある。
 二代目富嶽にしようかとも思ったが、そこまで狂ってないよなぁ、この PC。
 とはいえ、過去保有した、最大のノート PC ということで、四式重爆撃機の名を冠した。

 Windows の再インストールに、Windows Update を昨日で終了。
 本日は、不要なメーカー性アプリを次々に削除したり、ネットワークの設定をして、NAS へのアクセスを設定したり・・・

 実戦配備にはもうちょっとかかるが、目処はたったな。
 4月の XP サポート終了には余裕で間に合うことだろう。



 
27日 [BLACKLIST]

 映画館に行こうかとも思ったが、ちと体調に難ありという事になったので速やかに撤退。
 ま、この程度なら明日には復活するだろう。

 帰宅後、CS 放送は SUPER DRAMA TV で放送中の「BLACKLIST」を見る
 指名手配された凶悪犯罪犯が突如 FBI に出頭。
 自らが持つ、凶悪犯罪者の名前が記された“BLACKLIST”の犯罪を、自らが指名した新米捜査官と共に解決に導く。

 という一話完結型の物語。
 凶悪犯が、何を考えて FBI に協力しているのか分からないという部分が、シリーズを通した物語になっている。

 ん〜。
 思ったほどハマってはいないなぁ。
 面白いけど、「うぉぉぉぉぉぉぉ!!!!これはっ!!!!」にはなっとらんな。



 
28日 [「マイティ・ソー」劇場にて鑑賞]

 仕事帰りに映画館へ。

 アラン・テイラー「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」☆☆☆

 ケネス・ブラナーからアラン・テイラーに監督が切り替わっての、シリーズ第弐段。
 安心のアベンジャーズシリーズというべきか。
 前作ほどの厚みは無いが、それでも、肩の力抜いて、気楽に見られる一本になっていると思う。
 それにしても、ムジョルニアは健気だ・・・

 予想通りの満足感を得ることが出来た。
 やはりハリウッド大作アクションはこれでこそだ。
 撤収。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月