貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2015年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2016年
 1月   2月   3月


新日記

2016年 2月

 
 1日 [手帳、紛失。そして回収]

 出勤寸前のことだった。
 手帳が、無い事に気が付いたのは。

 まずい。
 あの手帳には見られてはマズイ情報も多少書かれているが、それ以上に、映画の記録・・・はまだ一ヶ月だから大したことないか。
 問題は、映画館の各種ポイントカードと前売り券だ。

 紙の前売り券は別だが、ムビチケが入っている。

 猛烈にまずい。

 とはいえ、大体のめぼしはついている。
 昨日は手帳を持ち歩いていないから、一昨日だな。

 昼休みに電話。発見に成功する。
 ふぅ。
 会社帰りに回収成功。

 よかった。



 
 3日 [モタスポ黙示録]

 しもた、買いに行くの忘れてた。
 ということで本屋へ。
 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入

 オフシーズンのドライバーを追った特集。
 ・・・ネタがないのか?
 正直、オートサロンでのモタスポ系ネタがもっと前に出てくるかと思ったが、そんなことも無いんだな。
 ちょっと意外っちゃぁ意外。

 それにしても、まだ F1 2016 の国内 TV 放送について、何も発表がないな。
 フジが FOX TV から買って放送するのか、それとも FOX TV が CS で全部やるのか。
 さて?



 
11日 [明日から完全復活]

 激務。
 映画館。
 新年会。
 そして、爆裂、インフルエンザっ!!!

 これが、更新停止していた一週間にあったすべてである。
 医者の制限によると、明日からは日常復帰である。

 ちょっと命の危険を感じた瞬間もあったが、いやぁ、よかったよかった。

 つーことで、本日より更新再開。
 ・・・って、まだ部屋から出られないから、これで終わりだがなっ!!!



 
12日 [AUTO SPORTS 購入]

 会社帰りに本屋へ。
 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入

 “Mr GT”脇坂寿一の、事実上のプロドライバー引退特集。

 正直、去年はインタビューを読んでいても、聞いていても、前ほど“ガツガツ”した所を感じなかった。
 なので、正直「来年は厳しいのかな?」という思いはあった。
 当然、単なる予感以上のものではなかったわけだが。

 それでも。
 トヨタの今年のモタスポ体制発表会で、引退を聞くと、何かが「終わった」感じがした。
 さして応援していたドライバーではなかったのだが、不思議なものだ。



 
13日 [FormulaE]

 先週のインフルエンザで見られていなかった、FormulaE Rd4 の録画を見る

 熱いなっ!!!
 この展開は、灼熱だなっ!!!

 予選でミスして最後尾になったシリーズ争い中のセバスチャン・ブエミ。
 最後尾からの、すさまじい追い上げっ!!!

 車の完成度は高かったものの、それを活かせない予選結果。
 しかし、れであるが故に、観客に最高のオーバーテイクショーを披露することとなった。
 面白いレースであった。

 一週間遅れだけどなっ!!



 
14日 [東宝シネマズデイは、割引日という“地雷”]

 映画館に行こう。
 と、思ったのだが、今日は14日。
 東宝シネマズデイか。

 一番近所の映画館が東宝シネマズで、ポイントの関係上そこを集中使用している現状において、つまり今日は、今日こそは。


 映画館に近づいてはならぬ日。


 ・・・引きこもるか。
 先週ぶっ倒れていたので、TV 番組やら DVD やら、たまっているからな。

 う〜む、ナショナルジオグラフィックチャンネルで放送の始まったメーデー!航空機事故の真実と真相の新シリーズSeason13 は相変わらず安定の出来だな



 
15日 [アップデート]

 愛用のスマートフォン、京セラ「TORQUE G02」のアップデートがかかる
 データ量が多いから、wifi で行え、となっているが、1Gbyte とか 2Gbyte 有ればともかく、200Mbyte 程度なら特に気にすることはあるまい。

 帯域制限まで使うことは、ほとんどないからねぇ。

 ということで、勤務開始前にアップデート実行。
 昼休みに確認すると、無事に終わっていた。

 ところで、何がアップデートされたんだ?


 ワイヤレス充電できなくなることがある対策。


 ワイヤレス充電を使用しているが、該当の現象に遭遇したことがないな。
 “その他の改善”とくくられている内容が気になる所だが、今のところ、何かが変わった印象もない。

 うむ。アップデートの恩恵を体感することはなさそうだ。



 
16日 [「紫色のクオリア」読始]

 Kindle の中に眠る未読本、行くか。

 うえお久光「紫色のクオリア」(電撃文庫/小説)読始

 最初、いったいこの本は何なんだ?と思っていると、スプラッタサスペンスを経由して SF と化す。
 いや、もしかしたら SF じゃないのかもしれないが、SF としか表現できない“何か”になって驚く。


 なんじゃこりゃ!?


 連作、なのかな?
 一篇目が終わった。いやぁ、いったいどこに向かって転がって行くんだ、この小説。



 
17日 [Picasa 終了]

 Google が Picasa のサービスを停止するという。

 ウェブサービスは Google Photos へ統合されるというが、Picasa の変わりになるアプリケーションは提供されないのか。


 膨大な量の写真を NAS に上げ、その NAS の写真を Picasa で管理するという方法を使っているため、便利なアプリケーションとしてローカル環境でガンガン使っていたのだがなぁ。


 ノンサポートになるものの使えることは使えるようだ。
 問題は、今後、だな。

 変わりのアプリケーションを探さねば・・・



 
18日 [BD 購入黙示録]

 水島努「ガールズ&パンツァー 劇場版」の BD は5月末発売

 11月21日公開なので、公開後、約半年でのソフト化というのは至極“普通”なわけだが。
 GW 前に出してこないというのは、やや意外だったな。
 家族向け作品ではないとはいえ、ね。

 等という事を会社の昼休みにニュースを見て考える。
 さぁてどうするか。

 スマートフォンの小さい画面で、商品を次々に表示。
 ん〜。
 どこで買おうかなぁ。

 通常なら yodobashi.com だが、特典が・・・特典が・・・特典が・・・
 ということで、久しぶりに電子書籍以外で Amazon を使用。

 とりあえず住処に送ろう。
 以前、Amazon の受け取りで使っていたコンビニは、近く閉店になるようだからな・・・



 
22日 [「ジャジャ」購入]

 会社帰りに本屋へ。
 えのあきら「ジャジャ」20巻(小学館/漫画)購入

 全巻から続く、旧車とは直接的には関係のない話が進む。
 もっとも、“車両レストアとはどうあるべきか?”という問いが続くので、それはそれで非常に面白い。
 意外なのは、まだ話が収束に向かわないことか。

 FSW での走行会が次巻で一区切りかと思ったが、レナ側の家族の話やるんだよね、この流れのまま・・・



 
23日 [字幕翻訳家は大変だぁねぇ]

 太田直子「字幕屋は銀幕の片隅で日本語が変だと叫ぶ」(映画/光文社新書)読始

 先月亡くなった字幕翻訳家の太田直子による著書。
 亡くなった時に知った本だ。
 実本は探し当てられなかったが、電子書籍には品切れがない。これは多いなる優位点と言えよう。

 変な日本語に関する本、というよりは字幕翻訳に関する裏話。
 現在、1/3ほど読み終わった所。主張や指摘内容に、所々「それはどうだろう?」という部分がないわけではないが、軽妙な文体で、読みやすく、楽しめる。
 密度の濃い内容を期待して読むと、肩透かしかもしれんがな。



 
24日 [「百姓貴族」4巻購入]

 ・・・あれ?
 発売日、明日じゃなかったっけ?
 手帳にも、己の汚い字でそう書かれている。
 その場でぐぐっても、そう書かれている。

 とはいえ、売っているんだから、良いんだろう。

 荒川弘「百姓貴族」4巻(漫画/新書館)購入

 同じ作者の「銀の匙」が、家族体調不良のために連載が不定期になった、という話をどこかで読んだが、この本でその謎が明らかになる。


 ハリウッドな親父様であったか・・・



 
25日 [岩井監督の新作ももうすぐだよね]

 録画していた、NHK で放送している「岩井俊二の MOVIE ラボシーズン 2」を見ている

 岩井俊二監督が進行を務める映画の解説番組。

 第三回、恋をする。
 ゲストの是枝裕和監督が、恋愛映画の組み立てを題材に“人の動き方”をどう“魅せるか”の解説をしている下りが素晴らしい。

 なるほど。
 なるほど。
 なるほど。

 “観客は気が付かないだろうが、細部まで作る必要がある”ってのは、ミロス・フォアマンも言ってたなぁ。

 そういや、ロマコメの女王と呼ばれたメグ・ライアンは、去年初監督作品を撮るって話を聞いた記憶がかすかにあるが、あれってどうなったんだろう。



 
27日 [「SHERLOCK」「ドラゴン・ブレイド」「ザ・ブリザード」劇場にて鑑賞]

 今月は、インフルエンザやらなんやらで映画館にまるで行けていない。
 ここにきて、わずか一本・・・(インフルぶっ倒れ騒動で記事化してない)。

 ということで、もちろん今日は映画館へ。

 ダグラス・マッキノン「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」☆☆
 元々 TV スペシャルで製作された番組なので、TV スペシャルなんだよね。
 というのはもちろんだが、現代と原作通りの時代を舞台にした物語が交錯する構成が、それほどうまく動作しているように思えない。
 過去の事件が、結局綺麗に片付かないのもなんだかなぁ。

 ダニエル・リー「ドラゴン・ブレイド」☆☆
 古代ローマ帝国のシルクロード覇権をかけた戦いと内紛の物語。
 もっと言うとジョン・キューザック&ジャッキー・チェンvs.エイドリアン・ブロディ。
 この三人以外の心理描写がとびとびで説明がないので、「お前さっきと全然違う人物になってるぞ!?」という唐突な展開が続く。
 これは作品の出来と無関係だが、ジョン・キューザック演じるローマ人が“ルシウス”なので、いつ風呂を求め出すのか心配になるなっ!!!

 クレイグ・ギレスピー「ザ・ブリザード」☆☆☆
 嵐の中で遭難したタンカーと、その救助に向かう一隻のコーストガードの小型艇。
 “過去にあった事故”が大きく影を落としているのに、その事故の説明が少ないのは良い。だけど、コーストガードの長 (新任っぽい) がなんか周りと浮いていたりするのはなんで?等、もうちょっと説明入れるべき場所があったんじゃなかろうか?
 それにしても、「行くのは大変、帰りはそれほど大変じゃない」ってのは変わらぬなぁ。

 今日はちょっと消化不良だな。
 撤退っ!!



 
28日 [え?BRIDGE Season3?マジで?]

 映画批評を何本か書き上げたけど、HTML に変換する気力がなかった。
 黄色い悪魔が・・・攻めてきた・・・

 鼻をすすりながら来月の CS 放送ってなにやんのかなーと眺めていると・・・え?
 「THE BRIDGE」Season3 が SUPER DRAMA TV で放送開始!?
 つか、Season2 のあのラストで、どうやって Season3 に?
 マーティンは出せないだろうから、サーガのみ?バディ物じゃなくなるってこと?新バディ登場?けどサーガの相手するのは大変では!?(Season1の最初にくらべると、だいぶん丸くはなっているが)

 え?
 え?
 え?

 という幾多の (意図的に答えを調べていない) 疑問に直面しつつ、放送を熱烈待機中っ!!



 
29日 [来月期待の映画]

 毎度おなじみ、来月期待の映画だ。
 面白いかどうかは知らん。
 見てから、判断しろっ!!!

 ジョン・マッデン「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章」
 一瞬、続編映画かと思うような邦題だな。
 キャスト陣が割と好きなのと、リチャード・ギア、もしかしてようやく自分の年齢を認識した!?という役柄なのが注目。

 アダム・マッケイ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
 リーマンショックを予想した金融マンの物語らしい。
 “世界金融市場の負け”に賭けて“勝った”人々を、さてどういう映像にしたのか。


 トム・フーパー「リリーのすべて」
 性別適合手術を受けた画家と、その (性別適合手術前に結婚していた) 妻を描いた実話ベースの映画らしい。
 難しいテーマだが、トム・フーバーなら・・・
 いや、「レ・ミゼラブル」は正直イマイチだったが、しかし・・・

 ザック・スナイダー「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
 マーベルだけにやらせるものかっ!DC もやってやるぜっ!!
 というノリにしか見えない、DC ヒーローズ作品。

 平山秀幸「エヴェレスト 神々の山嶺」
 夢枕獏の原作は面白かったなぁ。あれの映画化は、ちょっと難しいのでは?
 と思いつつ、それでも行くんだよ、見なけりゃ分からねぇからなっ!!!

 小泉徳宏「ちはやふる -上の句-」
 原作もアニメ版も見ていないし、正直、あまり興味は無かった。
 のだが、予告編を見ると、ふむ、面白そうだぞ?
 ま、たいていの映画の予告編は面白そうなんだけどね・・・

 岩井俊二「リップヴァンウィンクルの花嫁」
 岩井俊二の新作、か。
 とりあえずチェック。

 金田治「仮面ライダー1号」
 必要か?
 必要なのか!?
 なんか理由や説明が、必要なのかぁ!?

 山田洋次「家族はつらいよ」
 最近、人情ものを多く撮っていた山田洋次が久しぶりのコメディ映画を撮ったらしい。
 一時期ほど、山田洋次にキレを感じないのも確かなんだよな・・・

 他にも、ビル・コンドン「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」ガベ・イバニェス「オートマタ」前田弘二「セーラー服と機関銃 -卒業-」と、まぁ、気になる映画があるね。
 さぁて。
 何本行ける!?



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月