貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2012年
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月


新日記

2013年 7月

 
 1日 [漫画を読めっ!]

 ・・・期待の映画は、まだもうちょっとお待ちあれ。

 むらかわみちお「宇宙戦艦ヤマト2199」3巻(角川/漫画)、小山宙哉「宇宙兄弟」21巻(講談社/漫画)読了

 むらかわみちお「宇宙戦艦ヤマト2199」
 今回は、メ二号作戦。
 アニメ版と違い、主な視点をガミラス側に持ってきており、ただでさえ増えている人間描写がさらに増加。
 「アニメ版の補完」と言った印象を受ける。
 とはいえ、物語に必要な描写は十分にあるので、アニメを見ていない人が、これを読んでどういう感想になるのか、興味あるね。

 小山宙哉「宇宙兄弟」
 ん〜。あ〜。
 分かりやすい悪役って必要かね。また事情持ちっぽいし。
 というひっかかりはあるものの、せりかがムッタの言葉を聞くシーンは、グっとくるんだがな。
 せりかが、ムッタをこういう形で意識するのって作中では初めてだよね。

 なお、限定版のパグのぬいぐるみは、後ろ足の完成度が、残念。



 
 2日 [サーキュレーター実戦投入]

 ・・・期待の映画は(略)

 日が沈んでだいぶん時を経て帰宅。
 が、部屋の中に日中の暑さが、微かに残っている。

 外は、涼しいんだがなぁ。

 日中の、分厚い暑さを感じるという物だ。
 先週購入し、そのままダンボールの中に放置されていたサーキュレーターを取り出す。
 室外の方が気温が低いなら、窓を開けて強制的に換気してやれば良いのだ。

 年中出しっぱなしの扇風機は自分に向け、サーキュレーターは室外に向ける。

 増大する電気代を軽減するためにも、節電の夏は近い。
 サーキュレーターは救世主になるのか!?



 
 3日 [BD 購入]

 ダーレン・アロノフスキー「レスラー」BD 購入

 どんなに忙しくても、通販だと勝手に届くのがいいよねっ!!
 とはいえ、決して明るくなれる作品ではないし、そもそも時間も無いのですぐに見ることはかなわないだろう。

 つか、開けるだけ開けて解説を読み始めた「MACROSS PLUS」の本編も見ねばならぬ。
 ハイマニューバミサイル回避シーンのセリフタイミングは OVA の方が好きだし、ガルドの特攻は劇場版の方が描写が細かいし、VF-11 のカッコイイ戦闘シーンは OVA にしかないし・・・がぁっ!!
 結局両方見るしかねぇっ!!

 「レスラー」、いつ再見できるかなぁ。



 
 4日 [残念ながら、チョウ捜査官の活躍は無い]

 SUPER DRAMA TV! で放送中の米ドラマ「THE MENTALIST」Season4 第3話を見る
 過去と対峙することなるジェーンと、ヴァンペルト捜査官の壊れっぷりと、ヴァンペルトが心配でならないリグスビー捜査官という人物描写に面白い面はあるが、物語そのものはいろいろと問題があるなぁ。

 ひとつの事件を軸に、実際には三つの“犯罪”が存在しているが、そのうち一つは解決されない。
 いや、解決されないのは仕方ない。
 けど、その捜査は警察がやっているとかなんとか、そういうフォローが欲しかったと感じる。



 
 5日 [AUTO SPORTS]

 本屋・・・は、間に合わないのでコンビニへ。
 行動圏で唯一、そのコンビニには売っているのである。

 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入

 巻頭特集はル・マン24時間レースの特集のようだ。
 本命は12日に出る別冊だろうが、それでもけっこう読み応えのありそうだな。

 速報記事は Web に写し、インタビューや解説、分析記事という、よりコアな記事を雑誌に載せており、非常に読み応えがあって良い。
 SUPER FORMULA や INDY といった、F1 以外のオープンホイールの記事が増えてくれるとより嬉しいのだが、国内の人気を考えると厳しいのかなぁ。



 
 6日 [暗号解読]

 いろいろあって、炎天下で待機任務。
 半日ほど。

 ということで、サイモン・シン「暗号解読」下巻(新潮社/科学)を読み進める

 暗号ではないが、その解読手法に共通点が見られる、失われた古代文字の解読について。
 さらに、最強と言われた (運用中に解読されなかった) 米軍ナバホ族暗号についてまでを読み終える。

 これで、1/3 くらいかな。

 コンピュータの登場による大規模暗号が登場するようだ。
 ついに「現在の暗号」だな。



 
 7日 [今月期待の映画]

 遅れに遅れたが、今月公開の期待の映画。

 ジョン・ラッセンホップ「飛びだす 悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」
 トビー・フーパー「悪魔のいけにえ」の続編と言うことでもちろん期待なのだが、だが、だが、だが・・・あ〜、え〜、う〜。
 このパチもんくさいというか、安っぽい邦題はなんなのかなぁ。不安だけが募る。

 ジャスティン・リン「ワイルド・スピード EURO MISSION」
 2,3 で大きく減速し、そこからやや復活傾向にあるが、さて今度はどうなるのかな。
 なんでも、またしても「終わらない」という話は聞こえているが、さて。

 マイケル・J・バセット「サイレントヒル:リベレーション3D」
 実はゲームをプレイしていない。
 前作の映画は「ゲーム物はなぁ」と思いながら見に行き、「面白いじゃないかっ!」となったので (それでもゲームプレイしなかったのだが)、よく覚えている。
 問題は、今作の予告編が面白そうではない、ということだろう。

 ピーター・ウェーバー「終戦のエンペラー」
 太平洋戦争における、戦争責任者捜査をめぐる物語らしい。
 原作が原作だが、問題はピーター・ウェーバーか。
 「真珠の耳飾りの少女」はともかく、「ハンニバル・ライジング」はなぁ。さて今回はどうだ!?

 リュ・スンワン「ベルリンファイル」
 ドイツはベルリンを舞台にした韓国と北朝鮮諜報部の物語らしい。
 概略だけ聞くと面白そうだし、メージャータイトルでは久しぶりに見た気がする (見落としているだけかもしれんが) ハン・ソッキュ主演というのも良いね。

 大橋明「牙狼外伝 桃幻の笛」
 牙狼は、本当に小西遼生は終了なんだなぁ。
 けど出てくる津田寛治。しかもメインと同じケンギで。現在放送中の TV シリーズでは、出てきたと思ったら別の役だったからねぇ。

 宮崎駿「風立ちぬ」
 ・・・映画館でしつこくかかる4分間の予告編は鬱陶しいのでやめてほしい。
 正直、この映画最大の問題は、あのしつこい4分間の予告編。

 ざっと調べるとこんな所か。
 確認も慌ただしかったので、漏れてる作品が絶対にあるだろうなという状況。
 それでも、今月は遊びが忙しいので、まぁ、本数が少なそうなのは救いかもなっ!と思えてしまうのが尋常ではない。
 燃える夏の第壱幕。
 戦闘開始っ!!



 
 8日 [ジェーンはいつでもたちが悪い]

 勝敗は、明後日判明予定。
 まぁ、そこで勝っても、本当に行けるのか分かったものではないのだが・・・

 ってなことはさておき。
 CS 放送は SUPER DRAMA TV! で放送中の米ドラマ「THE MENTALIST」Season4 第4話を見る

 前々回で「内部調査終わったし」と退場したラローシュ (Season3 終盤、ただの嫌なやつかと思いきや、人間性を見せてニヤリとさせられたが) に変わる新上司登場!
 って、それは良いんだけど、レッド・ジョンに狙われて身を隠したハイタワーってどうなったんだろう。
 どこかで蘇るのだろうか?
 初代局長のミネリ (彼はレッド・ジョンに狙われたからいなくなったわけではないが) のように。



 
 9日 [Opera]

 愛用の Web-Browser Opera を最新版(v15.0)にアップデートする


 結果、後悔する。


 エンジン切り替えによる速度向上はありがたいが、以下二つの機能消滅が大きい。
 ブックマーク機能消滅。
 これに伴い、Opera Link による複数デバイスのブックマーク同期の意味が無くなった。Web 版であれば使えるが、Web 版は使い勝手が悪い。(目的のページを開くために、まず Web ページにアクセスして、という使い方は手間がかかる)

 もう一つは、RSS リーダー機能消滅。
 機能的には貧弱なものだったが、最低限の使用には十分だったので、けっこう使っていたのだが・・・

 ということで、旧バージョン (v12.16) に戻す。
 とはいえ、新旧共存環境なので、今後のバージョンアップ次第では切り替えられることだろう。



 
10日 [当選だとぉ!?]

 一人の男を部屋に軟禁し、ひたすらにクリアを目指してゲームをプレイさせる。
 CS 放送はフジテレビ NEX で放送中の TV 番組「ゲームセンター CX」を要約すると、そういう番組である。


 軟禁される男は、お笑いコンビよゐこ有野晋哉。


 その TV 番組が、今年11月に開始から10年を迎える。
 そのイベントとして、11月5日に日本武道館で行われる公開生挑戦の抽選チケットに、なんと当選っ!!
 よしっ!!

 問題は、11月5日が平日だという事だな。
 はたして11月に私がどこにいるのか。
 どこにいたとしても、その日に休みが取れるのか!?

 まだまだ参加確実ではない。
 が。

 障害の一つ目はクリアしたぜっ!!!



 
11日 [そういや、電子書籍で新刊を予約して初日に購入したのは初めてだな]

 笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」10巻二隻の白鳥号(朝日ノベルズ/小説)購入
 Amazon Kindle で。

 予約しておいたので、発売日の昨日深夜、勝手にダウンロードされていた。
 電子書籍は便利だ。
 これで、サービス消滅と書籍消滅が同義だとか、人には貸せないとか、細かい部分で実本に追いつけばなぁ。

 てなことはさておき。
 気楽に読めるのが電子書籍端末の絶対的利点。

 実本で数冊平行読みしているが、まぁきっとさっさと読んでしまうことだろう。
 横になって読んで、寝落ちして、本の山の中で、カバーのかかった本の中から、読みかけでかつ望んだ一冊を見つけ出すのは難しいが、電子書籍だと楽に見つけ出せるからねぇ。


 こうして本の整理がおろそかになる。


 ということだろう。
 ふぅ。

 さぁて。
 気にせず読始っ!!



 
12日 [説明説明説明]

 笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」10巻二隻の白鳥号(朝日ノベルズ/小説)読中

 約半分まで読み終わった。
 が、ここまであまり大きな展開は無く (ある意味大きく動いてはいるが)、ほとんどが説明で進んでいる。

 ん〜。
 あ〜。
 お〜。

 と、思っていたらようやく物語が動き始めた。
 敵艦追跡か。
 ここからはテンポよくどんどん進むのかな?



 
13日 [遊び Day1]

 SONY「HDR-AS15」購入。

 アクションカメラなら、GoPro「HERO」だろ!?

 ということはイロイロ言われるが、周囲で持っている人も GoPro ばかりなので天邪鬼を発揮・・・しただけではなく。
 マン島 TT レースで使用された HDR-AS15 の画像を見て「これならば!」と決定した。


 やはりマン島 TT レースは狂っているなぁ・・・
 ではなく。
 バイクの振動を考えると、かなり優秀な手振れ補正機能だ。
 三脚等へのマウントに、防水ハウジングを必要とする構造なのは気に入らんが(バイクには、テープ等で強引に止めているようだが)、そこは GoPro も同じなので妥協した。
 とりあえず、明日の Super Formula Rd3 で定点カメラ的運用を試みる予定。
 そこから先は、そこから先だっ!!

 購入後、東京は外神田の 3331 Arts Chiyoda で本日より始まった「OpenSky3.0」へ行く。
 これまでも、この Web で数回出ているのでご記憶の挑戦者もいるだろう。

 風の谷のナウシカに登場する。メーヴェのようなものを実際に作ってみるプロジェクトの展示会だ。
 今後、ジェットエンジンを使用した飛行試験 (航空局の許可待ち) が行われる実機が展示されている。
 こちらは、来週中にも勝手に宣伝計画を打つ予定だが、9月まで開催なので皆々様、行くが良いっ!!



 
14日 [SUPER FORMULA]

 本日は、SUPER FORMULA Rd3 観戦のため、富士スピードウェイへ。
 一週目一コーナーでクラッシュが発生し、セーフティカーが入る波乱
の展開。
 以下で、ダイジェストをどうぞ。


 これまで試していなかった、カメラの機能や、昨日購入したカメラの試験投入など、レース観戦以外も盛りだくさんで、いろいろと楽しい一日であった。



 
15日 [こちらスネーク]

 購入後放置してあったKONAMI「METAL GEAR SOLID THE LEGACY COLLECTION」(PS3/ACT)開封

 何気に、「METAL GEAR SOLID 2」で「もういいや」という気分になってシリーズを見切っていた METAL GEAR SOLID シリーズだが、現在まで出ている作品の全部入りパッケージということだったので購入。
 目当ては、「METAL GEAR」(MSX 移植版)、「METAL GEAR 2」(MSX 移植版)、「METAL GEAR SOLID」(PS 移植版)。

 ・・・「METAL GEAR SOLID」は、PS Store の DL コンテンツで、PS のアーカイブスだ。
 今のエンジンでリメイクしてくれりゃ良いのに。
 って、費用的に厳しいか。

 まぁ良い。
 時間をかけてダラダラとプレイすることにしよう。

 ・・・む。
 TPS が久しぶりだからだと思うが、恐ろしく操作しにくいな。
 これは、体を慣らすのに時間がかかりそうだ。



 
16日 [ル・マン24時間]

 AS 別冊「ル・マン24時間 2013―激闘の舞台裏と最新テクノロジーのすべて」(三栄書房/モータースポーツ)購入

 ル・マン24時間レースはハイブリッドカー (優勝争いしているのは、方式の違うハイブリッドカー) や電気自動車 (参戦は来年から) も参戦する、まさに自動車技術開発の最前線。
 F1 では失われた「市販車につながる技術開発」(来年からは、F1 でも一部行われるようになるが) が行われているのが、ル・マンだ。
 その技術解説本。

 絶対王者 Audi はもちろん、挑戦者 TOYOTA の技術解説もあるようだ。
 昨年も、たいへん読み応えのある本として仕上がっていたので、今年もきっと読み応えのある仕上がりだろう。

 印刷物は、速報性でネットのニュースと戦うのは無謀だ。
 なのでこうした解説や分析といった、ネットとは異なる「時間をかけて内容」で勝負していただきたいっ!
 応援するぞっ!



 
17日 [消化不良]

 笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」10巻 二隻の白鳥号(朝日ノベルズ/小説)読了

 寄り道していたので、時間がかかったな。
 まぁ良い。
 よくある事だ。

 前に「白鳥号の維持費に不信なところがある」という話をきっかけに始めた巻があった。
 あの時も、「維持費の謎」は最終的に解決しないままで終わった。


 今回も同じ。


 「同じ時間の異なる場所の記録」の謎は、結局解決しないままで終わった。
 つまらなくは無いけど、なんか消化不良だなぁ。



 
18日 [BRIDGE]

 勝手に宣伝計画を実行中の「星の王子さまにあいにいきませんか ミリオンキャンペーン2」であるが、不人気だったのか (正直、広報はイマイチだと思う) 8月9日まで延長している。
 なので、まだ応募していない人は、応募すると良い。


 念のため、無料である。


 他にも勝手に宣伝計画を実行したいものはあるのだが、今日、別のことで時間を使ってしまったので、きっと来週になるだろう。
 ということで。

 本日は、PC のゲーム配信システム (と、表現してよかろう。PS3 版の計画があったが、あれどうなったんだろう) steam でセールしていたchronic logic「Bridge Project」プレイ開始


 簡単に言うと、橋をかけるゲームである。


 正直、クリアするだけならそんなに難しいゲームではない。
 が、「建造コストが安いほうが高い」という得点配分と、「見た目」の追求を両立させようとすると、とたんに難易度が高くなる。

 「見た目」など、得点になんの影響も無いのに、面白いったりゃありゃしねぇ。
 まだ最初の 3 stage ほどしかプレイしていないが、そうとうやりこみプレイ出来そうだ。
 これは良い。

 なお、日本語未対応である。
 現状、何も困ってはいないがな。



 
21日 [「アフター・アース」劇場にて鑑賞]

 今日は引きこもってやるぜっ!!
 とか思っていたが、買い物に出かける。
 すると抑圧された気持ちが解放されて、ついつい映画館に行く。

 ・・・前売り券持ってたし。
 ・・・なんかもうすぐ終わりそうだったし。

 M・ナイト・シャマラン「アフター・アース」☆

 さすがに、いいかげんシャマランで推すのは危険だと思ったのか、シャマランの名前をほとんど見なかった宣伝が、すでにきな臭かったが、有る意味予想通りの破壊力。
 出てきた設定は有効に活かされず、展開はメチャクチャ。

 なんじゃこりゃぁっ!!!

 けど ED ロールでいろんなところに出てくるウィル・スミスの名前を見て「シャマランごめん、これは君のせいじゃなくてウィル・スミスのせいかもしれん」と思ったのであった。

 暗く沈んだ気持ちになりながら、撤収。



 
22日 [「銀の匙」「アステロイドマイナーズ」購入]

 閉店間際に滑り込む事に成功。

 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」8巻(小学館/漫画)、あさりよしとお「アステロイド・マイナーズ」2巻(徳間書店/漫画)購入

 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」
 アキと八軒の関係変化が大きい巻。
 ひっぱってひっぱった駒場の話が、ここでひと段落。
 割と容赦ない展開にしたなぁ (けど、まぁ、月光条例の衝撃の回を雑誌で読んでために、この展開は知っていたわけだが)。

 あさりよしとお「アステロイド・マイナーズ」
 時間軸の順番に話が進まないので、読むときに注意が必要。
 いきなり過去の話に戻るから何事かと・・・

 え〜っと、明日はついに勝手に宣伝計画に手を入れられる。
 かな?
 どうかな?



 
23日 [トラス橋は美しい・・・]

 ちょっと早めに帰れた結果、ついつい chronic logic「Bridge Project」をプレイしてしまい、勝手に宣伝計画の文章など微塵も書けておらぬっ!!!

 ということで、まぁ、そういうこともあるよね?

 ということで、Lv6 まで進む。


 ここまで来ると、さすがに簡単には進まなくなってきているな。


 いいぞ。
 思いのほか、深くて面白いぞ。



 
24日 [GCCX サントラ]

 OST「ゲームセンター CX 10th アニバーサリーサウンドトラック」購入・・・到着。
 今回も yodobashi.com を使用。
 Kindle 以外では、Amazon を使用しない戦略は完成状態であるといえよう。

 まぁ良い。

 番組スタッフの歌うボーカル曲は、一通り全部入っているかな?
 「ラストコンテニュー」は、安売りしていた DVD-BOX を購入したので入手済みだったが、他は持っていないのも幸いだった。

 早速、MP3 に変換して iTunes にぶち込む。
 車のほうは、あ〜、週末かな。
 さて。
 MP3 化も終わったし、CD で聞くか。



 
25日 [「真夏の方程式」劇場にて鑑賞]

 さて、もろもろの事情により明日、明後日、明々後日の新日記には嘘が混じる。
 細かい事は気にしないように。

 つーことで、仕事帰りに映画館へ。

 西谷弘「真夏の方程式」☆☆☆☆

 歪んだ見方かもしれないが“愛は誰も救わない”という話だよね、これ。
 全員が秘密保持のために行動しているが、実は全員が (隠そうとしている相手にも) その秘密を知っていて、けどその「知られている」という事実を知らんばかりにひたすら不幸の連鎖を引き起こすって話になっている。

 それにしても、映画になるととたんに物理現象とは無関係に事件を解決するなぁ。
 今作では、それ故に主人公が事件解決に乗り出す動機が弱い。前作にあった、旧友のため、というような動機が、欲しかったところだ。(丁寧にごまかしてはいるけどね)

 それなりに楽しめたのは良かった。
 撤収。



 
26日 [「ワイルド・スピード」劇場にて鑑賞]

 今日も会社帰りに映画館へ。

 ジャスティン・リン「ワイルド・スピード EURO MISSION」☆☆☆☆
 シリーズ第六弾。
 実に馬鹿だ。
 他に、いかなる感想も必要の無いくらいの馬鹿。
 いいね。
 アクション映画に苦悩なんて必要ねぇ。

 ノリと勢いで行っちまえっ!!!

 なお、日本だと「最後」みたいな事がポスターに書かれているが、劇中で「続編やりますっ!」と出てくる「最後最後詐欺」であった。

 二度と見ないだろうけど (契約している CS 放送とか Hulu とかでやると分からんが)、一度見る分にはけっこう満足度高くて良かった。
 撤収。



 
27日 [「シャニダールの花」「風立ちぬ」劇場にて鑑賞]

 用事を片付けているうちに、もうどうやっても相模原の ISAS 本部一般公開に間に合わない状況になった。
 仕方ない。
 進路変更。
 映画館へっ!!

 石井岳龍「シャニダールの花」☆☆
 不気味に狂気を描く作品だが、その本質がラブストーリーであった事が仇になっていると思う。
 狂気の演出のために行った小細工に、「で?」という部分が多すぎる。
 直接描写しなけりゃ回避できるんじゃね?という部分に関しては特にそう。
 惜しい。

 宮崎駿「風立ちぬ」☆☆☆
 この内容なら、主人公を、敗北者として徹底的に追いつめたほうが、(それでも)「生きねば」(前の括弧は私が勝手に足した。カギ括弧は作品のキャッチコピー) という作品として力強くなったと思う。
 監督が自己投影しているであろう主人公に、そこまで情け容赦ない展開は出来なかったのだろうが。

 時間切れである。
 なんか中途半端な気持ちだが、撤収っ!!



 
28日 [「SHORT PEACE」「ベルリンファイル」劇場にて鑑賞]

 さぁて、今日も映画館へ。

 大友克洋/森田修平/安藤裕章/カトキハジメ/森本晃司「SHORT PEACE」☆☆☆
 「九十九」「火要鎮」「GAMBO」「武器よさらば」の全四編によって構成される短編アニメ集。
 「九十九」「火要鎮」「GAMBO」が、ファンタジーの度合いはあるにせよ、時代物。
 「武器よさらば」だけ未来 SF 物。
 なので、一本一本をつなぐ“何か”が欲しかったというのが正直な所か。あるいは、「MEMORIES」のように、まったく違う作りの作品を束ねてしまうとかね。
 一本一本はけっこう楽しめたが、軸の弱さがもったいなかったと思う。

 ・・・「オープニングアニメーション」(現代) もあったか。導入なのであまり気にならなかった。

 リュ・スンワン「ベルリンファイル」☆☆☆☆
 韓国と北朝鮮の諜報部がベルリンを舞台に諜報線を繰り広げ、そこに中東情勢やら米国やらが入り乱れる映画。
 面白いのだが、物語の視点は韓国諜報部員で、物語の中心にいるのは北朝鮮諜報部員になっているのだが、韓国諜報部員の比重が大きくて物語の中心がブレていると思う。
 ここを整理しておけば、もっと面白かっただろうに。
 惜しい。
 そして、このラストで「続編の予定なし」とか監督は言うのかい。投げっぱなしは、やめて欲しいなぁ・・・

 SUPERGT Rd4 観戦が入り込むなど、ものすごくあわただしい一日であったが、弐本見られて良かった。
 なにはともあれ、撤収っ!!



 
29日 [MGS2]

 KONAMI「METAL GEAR SOLID 2 SONS OF LIBERTY」HD 版(PS3/ACT)クリア

 1st Play の時にも思ったが、私はゲームがやりたいのであってムービー見たいわけじゃないんだよね。

 としか思えない内容。
 特に後半は酷い。


 戦闘を数分。
 ムービーを何十分。


 が繰り返される。
 しかも、進めば進むほど内容が説教くさくなって行くっ!!

 あぁもうっ!!
 とりあえずクリアしたからもういいや。
 改善されたという、KONAMI「METAL GEAR SOLID 3 SNAKE EATER」HD 版(PS3/ACT)を始めよう。
 結局、プレイしなかったソフトだ。



 
30日 [BLACK LAGOON]

 ・・・脱 Amazon 戦略だったのだがなぁ。
 ということで、米 Amazon.com から荷物到着。

 TV アニメ「BLACK LAGOON: Complete Set - Season 1 & 2」購入。
 日本の Amazon.com でも北米版として売っているが、直接購入したほうが安い。(時間はかかるが)
 8月には、OVA として販売された Season3 の BOX も発売される。

 国内版は、OVA となった Season3 とオマケアニメが入っているとはいえ、文字通りケタ違いの価格なので、こちらを購入するにいたった。
 さぁて、ゆっくりと見てゆこう。
 TV 放送時にも見たし、DVD も国内版を持っているから、暇なときにだな。
 本命は Season3(こちらは見ていない) だ。



 
31日 [来月期待する映画]

 今月は月末に無事実行っ!!
 恒例企画来月期待する映画っ!!

 ギレルモ・デル・トロ「パシフィック・リム」
 ヲタ全開のギレルモ・デル・トロが、日本のアニメと特撮に対する愛を爆発させた巨大怪獣 vs 巨大ロボの映画らしい。
 巨大ロボのオペレーターが、GLaDOS なのもイイネっ!!

 ローランド・エメリッヒ「ホワイトハウス・ダウン」
 アントワーン・フークア「エンド・オブ・ホワイトハウス」を見に行けなかったのが残念だが、今度こそ行くぜっ!というホワイトハウスが攻撃される映画第二段。
 ついさっきまで見落としていたが、これエメリッヒだったのね。
 つーことは、ホワイトハウスのついでに北米大陸が吹き飛ぶくらいの超展開を期待して良いんだよね!?

 J・J・エイブラムス「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
 J・Jは「スター・ウォーズ」に移動になったので、新スタートレックシリーズもこれで打ち止めなのかな?どうなのかな?
 IMAX カメラで撮影したというので、IMAX で見るのが正しいのだろう。
 くそう。フル IMAX シアターが関東に復活せんものか。

 ザック・スナイダー「マン・オブ・スティール」
 スーパーマン誕生の物語らしいが、ジョー=エル (本当の父親) がラッセル・クロウで、ジョナサン・ケント (育ての親) がケヴィン・コスナーだとぉ!?
 スーパーマンが戦う必要性が分からん強力な配役だな。

 マーク・フォースター「ワールド・ウォー Z」
 原作未読だが、多数視点の終末物らしい。(いや、もっと詳細も聞いてるけど、一応ネタバレ防止でな。予告編でも隠しているし)
 映画では、主役を一人に絞っているようだが、さて、どういうまとめ方になっているのやら。

 ゴア・ヴァービンスキー「ローン・レンジャー」
 ・・・うん。
 一応チェックしているんだけれども、予告編を見る限り、「時間があったら見に行く」と判断せざるを得ないんだけど、それをひっくり返す高評価を耳にすることはあるかな?

 キム・ジフン「ザ・タワー 超高層ビル大火災」
 韓国の火災映画らしい。
 韓国の火災映画と言えば、ヤン・ユノ「リベラ・メ」(ロン・ハワード「バックドラフト」のパクリだが、勢いだけで押し切った分だけ「バックドラフト」より好き) が思い出されるが、さて今度のはどうかな?タイトルだけ見ると、ジョン・ギラーミン/アーウィン・アレン「タワーリング・インフェルノ」が元ネタのように見えるが、さて。

 出渕裕「宇宙戦艦ヤマト2199/第七章 そして艦は行く」
 ついにこれにて完結っ!!!
 もう、他に言葉はいるまいっ!!

 中尾浩之「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」
 NHK で放送中 (Season5 の放送が終了したばかりだが) のタイムスクープハンター劇場版。
 あのチープでディープなドラマが、どう映画になるのか。楽しみだ。

 降旗康男「少年H」
 妹尾河童の自伝的小説を映像化したもの。水谷豊と伊藤蘭の夫婦が、劇中でも夫婦役ですか、そーですか。

 佐藤東弥「ガッチャマン」
 予告編から紀里谷和明「CASSHERN」と同じ系統の“破壊力”を感じるが、さて大丈夫なのか!?那須博之「デビルマン」程ではないから大丈夫なのか!?
 何はともあれ、見るまでは出来は分からんっ!!
 大丈夫だと、信じるのだっ!!

 ジャニック・フェイジエフ「オーガストウォーズ」吉野竜平「あかぼし」吉田康弘「江ノ島プリズム」楠山忠之「陸軍登戸研究所」「劇場版 NHKスペシャル 世界初撮影!深海の超巨大イカ」(!?)金子修介「ジェリー・フィッシュ」等、見たい映画はたくさんある。
 んが。
 どう考えても時間は無い。
 さぁて、どれだけ見られるのか。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月