貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2018年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2019年
 1月   2月   3月


新日記

2019年 2月

 
 2日 [「十二人の死にたい子どもたち」「クリード2」劇場にて鑑賞]

 さぁて、今日は映画館だ。

 堤幸彦「十二人の死にたい子どもたち」☆☆☆

 予告編の最中にベラベラしゃべり続ける女性二人組が前列にいて、とても嫌な予感しかしなかったが、本編始まると静かになったので、まぁ、妥協可能なギリギリのところか。
 次に見る映画を決定するために、予告編は集中して見たいのだがな。

 てなことはさておき。
 ブレーカー入れれば通電し、自動販売機で物が買える廃墟!?解体待ちなのにメンテしっかりしてんなぁとか、事務椅子やエレベーターが無音で動いていないと、そのトリック成立せんぞ!?
 等、幾多のツッコミどころは「創作だから」と無視したとしても、10代にしてもちょっと薄くないか!?というテーマ討論と、結論ありきの展開は、正直薄味。
 もうちょっと何とかならんかったかなぁ。


 スティーブン・ケイプル・Jr.「クリード 炎の宿敵」☆☆☆☆

 「ロッキー4 炎の友情」(炎の友情は日本で勝手につけた副題)に引っ掛けて一生懸命悩んで付けたであろう副題が、やっぱりかっこ悪い。素直に「クリード2」で良いじゃないか、と思う程度には、かっこ悪く感じてしまうのは私だけなのだろうか。
 まぁ良い。
 クリードとロッキーの疑似家族物、という前作の側面を進化させ、強化。
 クリードとロッキーとの疑似家族は二歩くらい下げ、新たに生まれる家族や昔からの家族の物語を複数並行して描く。
 個人的に、ドラゴ親子の最後に、もうちょっと、救いというか、希望が見たかったなぁ。

 時間切れー。
 撤収っ!!



 
 3日 [堕落の朝が致命的]

 布団干して軽く掃除して食料の買い出しに行って・・・
 と、日常を回しているうちに一日が終わる。

 残念至極。

 もうちょっと、録画したTV番組見るとか、たまった盤を見るとかしたかった・・・


 ま、朝ダラダラと寝て時間をつぶした己の責任だ。


 上手く行けば、次の三連休は三連休なので(休日出勤無)、そこで映画館と録画TVの消費ができると、良いなぁ・・・



 
 8日 [「マイル22」劇場にて鑑賞]

 会社帰りに映画館へ。
 ピーター・バーグ「マイル22」☆☆☆

 この監督は、「ハンコック」撮って、「バトルシップ」撮って、「ローン・サバイバー」撮って・・・って、よく分からんなぁ。
 今回はCIAの極秘特殊部隊を描いたアクション映画。
 対象を街中を22マイル先の飛行場まで運ぶことになる。
 もちろん、映画は次々に押し寄せる敵を相手に、通り飛び交う銃弾、クラッシュする車、吹き飛ぶ建物。


 秘密部隊とは何か!?


 という疑問を遥か彼方に飛ばしたアクション映画になる。
 幾多の疑問やツッコミどころはあれど、一回見る分には十分面白いかな。
 二回目見る気になるかは、また別の問題。

 時間切れ。
 撤収。



 
15日 [「ファースト・マン」劇場にて鑑賞]

 いろいろと限界だ。
 体力的にも精神的にも。
 うむ。
 映画館だなっ!!!

 デイミアン・チャゼル「ファースト・マン」☆☆☆☆

 “人類で初めて月を歩いた男”ニール・アームストロングの半生を描いた映画。
 欠点は無数にあるが、大きな欠点は二つ。
 一つは必要な説明が無いので、アポロ計画をある程度知っていないといけないこと。
 もう一つは、提示される様々な問題の答えが無いこと。
 この二つを乗り越えられるかどうかで評価が真っ二つだと思う。

 上映後、「なんかよくわかんね」「正直眠かった」という声が後方から聞こえてきたが、このあたりだろうなぁ。

 個人的には、“もう一息”欲しい部分はあったが、十分に楽しんだ。
 撤収っ!!



 
16日 [「シティーハンター」劇場にて鑑賞]

 時間の隙をついて映画館へ。

 こだま兼嗣「劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>」☆☆
 懐古主義映画、とでもいおうか。
 しかし今、同じように作られてもテンポの悪さが目立つ。
 時代性を失い、ギャグもひたすらに寒い。
 とどめを刺すんのは、残酷な20年という時の経過。声優陣、みなさん、声が、歳を取られてしまって・・・

 おう。
 もう時間切れだ。
 撤収っ!!!



 
17日 [点検]

 車の半年点検に行く
 昨年11月から1月くらいまで、ほぼ運転していない(腰痛で乗るのが大変だった。このあたり乗車空間が極端に狭い車は大変なのよ)こともあって、正直、走行距離が少ない。

 そのため、バッテリー大丈夫かなぁ?
 という不安があったが、問題なし。


 「次回の点検で、ブレーキは変えないと駄目だと思う」


 とのこと。
 まぁしゃぁないわな。
 必要経費の見積もりを出してもらって終了。
 点検後初のロングドライブは・・・3月末のSUPER GT富士テスト、かな?
 あとは往復百キロ以下だろう。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月