貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2015年
 3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2016年
 1月   2月   3月   4月


新日記

2016年 3月

 
 1日 [黄色い悪魔・・・]

 春だ。
 春なのだ。


 黄色い悪魔の季節なのだ。

 先週あたりから、その気配は感じていた。


 まだ、大丈夫。
 まだ、なんとか行ける。
 けど、もう一度気温が上がれば。
 もう、終わりだろう。


 春だ。
 黄色い悪魔の季節だ。

 爆裂、花粉症っ!!!
 今年も、薬を手放せない季節がやってくる・・・



 
 2日 [色々=棚整理したら出てきた]

 色々あって、久しぶりにUbisoft「Splinter Cell: Blacklist」(TPS/PS3)起動

 前作 Conviction に比べるとやり込みが少ないとはいえ、すっかり攻略マップを忘れている。
 おかげで、新鮮な気持ちでリプレイできるぜ。

 の、前に。

 一回目のプレイ時には購入しなかった武器パックを購入。
 DL の追加コンテンツは、昨今の流行ですな。
 もっとも、これ買ってもロック解除されるだけで装備するためには、ゲーム内で実績積まないといかんのだけどね。

 まぁ良い。
 ゆっくり進めよう。



 
 3日 [イラクの次は米国内でやりたい放題らしい]

 Ubisift「Splinter Cell: Blacklist」(TPS/PS3)プレイ続行中

 今日はイラク国内に不正規潜入 (大統領未承認。大統領独断) し、特殊部隊本部でやりたい放題。
 脱出した後は、市街地で航空機から機銃掃射して敵車輌を撃破っ!!
 イラクとの開戦を回避するためという物語ではあるのだが、すさまじい展開であると言えよう。


 それにしてもこのゲーム、吹き替え声優が豪華だよなぁ。


 玄田哲章、若本規夫、田中敦子、榊原良子...
 ん〜。
 たまらん。



 
 5日 [こっからが本番]

 Ubisift「Splinter Cell: Blacklist」(TPS/PS3)全スタージクリア
 シナリオモードだけだけどね。
 前も、このあとの特別シナリオ (物語的な流れの無い、単独の作戦) はすべてクリアはしなかったはず。

 ということで、むしろ、ここからが本番っ!!!

 とはいえ、なんだ。
 今日はもうよかろう。
 いや、特別ステージって途中セーブが無いので、集中力切らさずにやらなきゃいけないから疲れるんだよね・・・



 
 6日 [計画遅延]

 来週の「とびもの学会2016」に向けての準備。
 ・・・やらなんやらで一日潰れる。

 夕方には全て終わるかと思ったが、予想以上に時間がかかった。
 というか、色々の大半は終わったが、肝心の「とびもの学会」用のネタが終わっていない。

 むぅ。
 夕方から一本くらいは映画館に行けるかなぁ?と思っていたのだがなぁ。

 なんとか、今週の平日を駆使して終わらせるとしよう。



 
 7日 [戦争映画?いえ、戦闘映画]

 先日、CS 放送はムービープラスで放送していたので、リドリー・スコット「ブラックホーク・ダウン」スペシャル・エクステンデッド・カット(完全版)を久しぶりに見る

 ソマリアの首都モガデッシュで米軍特殊部隊が遭遇した空前の市街地戦を描いた作品。


 異様な緊張感が延々と続く、恐怖映画と言っても良い戦闘映画。
 戦争映画ではなく、戦闘映画。


 これ、見るのに体力いるんだよね。
 酷く、疲れた・・・



 
 8日 [皆殺し]

 Ubisift「Splinter Cell: Blacklist」(TPS/PS3)本編は終わったので追加ステージをプレイ開始

 見つかってもいいから敵を殲滅すれば終了、というコビンミッション(4本)は、わりとさくっとクリア。
 狙撃銃とトライロータ、各種爆発物を駆使して見つかろうがなんだろうが、敵を皆殺しにするというパワープレイ。

 とはいえ、銃撃戦になると間違いなく死ぬので、ゲームシステム上の、バグと言ってもいいような隙間をついてではあるのだが。
 クリアできりゃ良いんだっ!!!

 次は、えーっと、見つかったら終了というグリムミッションかな。



 
 9日 [とりあえず様子見]

 CS 放送は AXN で放送の始まった米ドラマ「スーパーガール」を見始める
 一般人として生きようとしているスーパーガール (スーパーマンのいとこ) が、姉妹 (ただし姉は地球人で血が繋がっていない) の危機を見て普通に生きられなくなる、ってのが第一話なのね。

 妹が普通ではないとバレたらマズイと判断し、説教する姉。
 人助けという正義を行うべきか、身バレを恐れて止まるべきか。


 ・・・という苦悩の話にはあまりならないのね。


 わりとあっけなく正義の味方街道を驀進し始める。
 って、ことは、やっぱり姉妹喧嘩の展開か。
 それにしても、眼鏡外すと顔が解らなくなるってのは、中々すごい世界だよな。



 
10日 [とびもの学会に備える]

 日曜日に開催される「東京とびもの学会」(学会と名は付いているが、遊びのイベントである)で、今年も OpenSKy Project の勝手に企画を実施予定。

 ということで、準備準備。

 とはいえ、去年はあまりお手伝いできていないんだよねー。
 お手伝いした時、“飛ぶ”姿もあまり見ていない・・・

 メンテ作業とかが多かったからなぁ。
 ということで、去年、一昨年のような動画はあきらめ、SF 大会で行ったようなプレゼン形式の準備をする。
 とはいえ、準備から撤退まで20分。
 正味15分くらいしかないので、あまりしっかりしたもの作っても仕方ない。

 軽い説明の後は、写真並べて、あとは話でつなぐ強行で行くとしよう。

 ま、あとは、なんとでもなるだろう。



 
12日 [「エヴェレスト 神々の山嶺」劇場にて鑑賞]

 最近、金曜日は燃え尽きる率が高い・・・
 復活した今日は映画館へ。

 平山秀幸「エヴェレスト 神々の山嶺」☆☆

 これは酷い。
 どうせやるなら、原作の説明を大きく削って登山シーンばかりで埋め尽くすような強烈な映画にするのも手だったろう。
 が、仕上がったのは、中途半端に説明を削り、中途半端に登山シーンを入れた、すごく中途映画だ。
 カットのつながりもひどいのだが、致命的なのは脚本。
 とびとびで説明が足りず、伏線の処理もいい加減。
 ぜんぜんすっきりしない。

 ん〜、もう壱本行きたいが、時間がないな。
 やむをえんか。
 撤収。



 
13日 [東京とびもの学会]

 本日は、毎年おなじみの「東京とびもの学会」へ。
 メーヴェのような飛行機を実際に作る計画、OpenSkyProject の勝手にプレゼン企画を行う。

 プレゼン企画そのものは、去年に続く二年目。
 それまでは、動画や写真を展示していただけだったのだが、まぁ、色々と理由があってな。

 去年はあまり大きな動きが無かったので、基本的には去年の「とびもの学会」「SF 大会」の焼き直し。
 説明の仕方を変えたり、切り口を変えたりはしているけどね。

 そこそこウケたようでよかった。
 来年も、やるか。



 
15日 [クウガ BD2]

 会社帰りに、ヨドバシカメラへ。
 予約新製品も、店頭で受け取れると良いんだけどねぇ。
 なぜかそれが出来ないんだよね。


 なぜなんだろう?
 よくわからない。


 とにかく、店頭受け取り設定の出来なかったテリー・ギリアム「バンデットQ」製作35周年・最高画質盤 Blu-ray BOX は今週中・・・の受け取りは難しいかもなー。
 てなことをおもいつつ、買い忘れていた BD を買うべくヨドバシカメラへ。

 TV ドラマ「仮面ライダークウガ 」Blu-ray BOX 2 購入

 ・・・1を見終わっていない気がするんだが、まぁ、なんだ。
 よくあることなので諦めよう。



 
16日 [Splinter Cell 完了?]

 Ubisift「Splinter Cell: Blacklist」(TPS/PS3)、Standalone でプレイできる全 Stage クリア
 ふぅ。

 当初の「ステルスアクション」というコンセプトはかなり揺らいでいるが (見つかってはならない。誰も殺してはならない。が初期の基本だった。今は見つからないように敵を排除するのが基本ど、見つかっても敵が増えて難易度上がる程度)、楽しめたので問題ない。


 新作の噂はあるが、あくまでも噂なんだよね〜


 とはいえ、私は Valve「Half Life」の新作を延々と待ち続ける変態。
 希望がある限りは、待ち続けようぞ。



 
17日 [モタスポ TV 放送冬の時代なのだろうか?]

 開幕戦を来月に控えた WEC 世界耐久選手権であるが、なんと今だに日本での TV 放送局が決まっていない。

 CS 放送は J-Sports がやってくれるだろうと思っていたが、現状放送予定なし。

 来月の番組表を確認すると、7時間の枠があり、具体的に何が入るのかは書かれていない。


 まさかとは思うが、Audi の予算縮小と日産の LMP1 撤退でスポンサー不足に陥っているのか?


 WRC の90分まとめ番組もなくなり、WTCC の放送も無し。
 今年は、厳しい戦いになるかもしれん・・・



 
18日 [映画のメイキング、始めに見るか?後から見るか?]

 CS 放送は日本映画専門チャンネルで放送していた「リップヴァンウィンクルの花嫁」のメイキングを見る

 ドローンによる撮影シーンが、強烈だ。

 実際には、静かなシーンなのだろう。
 だが、ドローンはうるさい。
 ものすごく、うるさい。
 なので、撮っている画と、撮られている画の温度差が、すごい。

 ん〜。
 やはり映画のメイキングは、本編見終わってから見るべきだったなぁ。
 “楽屋裏”は、本編の後で見たい。



 
19日 [ギリアム]

 ちょっと、疲れが、残っているな。
 ということで、体力回復のために引きこもる。

 荷物も受け取らにゃならんかったからね。

 テリー・ギリアム「バンデットQ」製作35周年 最高画質盤 Blu-ray BOX 受領

 とはいえ、ギリアム映画をみると体力持ってゆかれるからねぇ。
 今はやめておこう。


 ・・・こうして、未開封や、開封したものの未見 (大抵の場合、購入の前に本編を見ているが) の“盤”がたまって行くんだろうなぁ。



 
20日 [「ちはやふる」劇場にて鑑賞]

 用事を済ませ、時間が空いた。
 よし。
 映画館に行くか。

 ということで、映画館へ。

 小泉徳宏「ちはやふる 上の句」☆☆☆☆

 原作漫画未読、アニメ版も未見。
 競技かるたの青春物語。
 あまりにも露骨な「漫画描写」や、これモノローグ無くて良いだろうという場所があるのと、これは台詞じゃなくて画で見せておいた方が良かっただろうに。
 という部分が所々あるものの、全体としては十分に魅せてくれる。

 若手の脇に、演技派がいて画面を引き締めてくれると良いねぇ。

 とりあえず、下の句も行くとしよう。
 撤収。



 
21日 [映画館行き失敗]

 やらねばならないことを色々と片づけたり、片づけたり、片づけたり・・・
 午後からは映画館に行けるかなーと思っていたが、諸々の事情により、飛ぶ。

 まずい。
 来週末からの映画で、少なくとも二本は前売り券を購入したいのだが、行けなかったぞ。

 ふむ。

 今週の仕事帰り、どこかで行けるかなぁ・・・



 
22日 [ちはやふる]

 昨日鑑賞の映画、小泉徳宏「ちはやふる 上の句」がけっこう面白かったので、Kindleで原作を探す。
 角川は、本を売るための宣伝として映画を製作するようになった、という話をどこかで読んでことがある。
 うむ。
 出来が良ければ十分にアリだなっ!!!
 末次由紀「ちはやふる」(講談社/漫画)3巻まで購入

 1、2巻が無料で、3巻が割引中だったので、とりあえずはそこまで。

 映画は4巻(途中?)までなのかな?
 3巻末で継続中の試合で、映画は終わる。

 登場人物の性格が異なっていたり (肉まん君と机君は、かなり印象が違う。映画では、試合になるまで肉まん君の実力が伝わりにくい。これは映画の構成ミスだと思う。師匠原田の神主ってのは、映画オリジナルなのか?)、エピソードの順番が入れ替わっていたり、台詞回しを大きく変えていたり (予告編でも登場する「青春賭けたって、新より強くはなれない」「賭けてからいいなさい」の構成違いはすごく面白い)、なるほどね。
 2時間に入れるために、かなり色々なことをやっているなぁ。



 
23日 [まだ初春だが、真夏の準備開始っ!!]

 2016年日本 SF 大会「いせしまこん」への参加登録を実施する。

 7月か。
 たぶん大丈夫だとは思うが、先のことはまだ不明だ。
 だが、参加登録すればある程度、覚悟は決まる。

 なお、昨年に続き自主企画で OpenSkyProject の“勝手企画”を実施予定。
 もし参加される方がいれば、それっぽい企画名を探してみると良いかもしれぬ。



 
24日 [Tweetdeck の終焉]

 アプリ版の TweetDeck を使っていると、発表の通り「4月15日で使用不能になるぞ」という警告が出た。
 Web 版の twitter を使う気にはなれんしなぁ。

 しばし考えたのち、通常使っていない「Google Chrome」を、Web 版の TweetDeck 専用で使ってしまえば、ほぼ変わらぬ使い勝手を実現できるのでは?という結論に達する。
 早速運用開始。

 ・・・うん、行けそうだな。
 とりあえず、これで運用してみよう。
 駄目なら、まぁ、そんとき考えよう。



 
27日 [「仮面ライダー1号」「バットマン vs スーパーマン」劇場にて鑑賞]

 金曜は毎度のごとくだが、昨日もお出かけして帰ってきたところで燃え尽きた。
 体力の臨界に、挑んでいるからねぇ・・・

 しかしてそのおかげで、今日は十分すぎる睡眠を取った。
 体力は回復している。
 用事を済ませてから行くぜ、映画館へっ!!

 ということで映画館へ。

 金田治「仮面ライダー1号」☆☆
 全体的に強引すぎる。これなら、仮面ライダー1号とショッカーの戦いでよかっただろう。予算確保のためにゴーストの要素は必要だったのだろうが、それが透けて見える時点で駄目だろう。
 藤岡弘、(70歳)は、70にしてこれはスゲェなと思わせられるが、それは作品の面白さでは無いからね。

 ザック・スナイダー「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」☆☆☆
 「マン・オブ・スティール」の続編。今後作られる予定の「ジャスティス・リーグ」につながる物語。
 なんだけど、なんか中途半端。
 ラスボス敵な怪物が、最後にならないと登場しないとか、“悪の天才”レックス・ルーサーがあまり頭が良くない (そういや「I'm genius」って台詞あったか?) とか、そもそもバットマンとスーパーマンの正義の対立が見えにくい。
 なんだかなぁ。

 あんまりこういう苦情は言いたくないんだが、“DAWN OF JUSTICE”を、“ジャスティスの誕生”って、なんでそんな中途半端に訳すかなぁ。正義の夜明けじゃ駄目なの?

 時間切れだ。
 撤収。



 
28日 [コペンハーゲン]

 CS 放送はスーパー!ドラマ TVで放送の始まったTV ドラマ「コペンハーゲン」Season3 を見る
 ん〜。
 Season1,2 は、首相の行動描いたものだったが、今回は政治家に復帰 (選挙前なので、現状では議員ではない) し、古巣の政党の変わりように新党を立ち上げ、移民問題と食の安全を描いた。

 ここまでで4話。
 なんだこの展開の速さ。

 前 Series までの政治劇というより、社会批判や社会問題への解答、といった側面が強いかな?
 移民問題や食の安全といった問題は日本でも問題になっているが、これがデンマークの現状を反映しているものなのか、日本との差分なのか、あるいはただツッコミが甘いのかが解らんので、これまでほど楽しめないなぁ。
 北欧 TV ドラマは、4月に放送の始まる「THE BRIDGE」Season3 がどうなるかだな。
 Season2 のあのラストから、どうやって Season3 やるんだ!?



 
29日 [漫勉で書かれていた回も登場]

 浅野いにお「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」4巻(小学館/漫画)購入
 自動的に DL されていたが、DL 機器に iPad を指定していたんで気づくの遅れた。
 最近は、Windows Tablet で読んでいるもんで、iPad の Kindle を立ち上げていなかったのよね。メール通知は埋もれていたし。

 などという言い訳はさておき、読む。

 前巻最後の衝撃的展開 (としか言いようがない) を受けてのこの巻。
 “何か知っている”らしい人々と、“変わらぬ日常を送る”人々の落差が、そのまま続けられ、さらに“侵略者”側の物語も描かれる。

 原発事故を暗喩した物語が続くのかと思っていただけに、ちょっと意外な展開だな。
 さて、どこに着地するのやら。



 
31日 [ガルパンの猛威]

 来月機体の映画は延期する〜。
 調べる体力が、ちょっとない・・・

 会社帰りに本屋へ。
 ヨウモリナガ「私家版戦車入門1: 無限軌道の発明と英国タンク」(大日本絵画/イラスト集)購入

 先日、ユーリー・オーゼロフ「ヨーロッパの解放」の DVD がガルパンコラボの形で再版されるという奇跡を見た。この本もガルパン帯でコラボ攻撃を仕掛ける。
 もっとも、登場する戦車は第二次大戦よりも前のものなので、ガルパンに登場する戦車の知識は得られないわけだがな。

 コラム含めると、かなり「読み応え」もありそうだな。
 ゆっくり楽しむとしよう。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月