貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2019年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2020年
 1月   2月   3月


新日記

2020年 2月

 
 1日 [「ラストレター」「AI崩壊」「ナイブズ・アウト」劇場にて鑑賞]

 今日は朝から映画館へ。
 映画の日だし、連戦するぞ。

 岩井俊二「ラストレター」☆☆☆
 主人公が福山雅治だから成立している物語。
 高校時代の初恋に囚われた男の物語。過去への憧憬の念に満ち溢れているという意味では、昨日の「ロマンスドール」の対極にあるといえるかも。性にまったく触れていないのも対照的か?
 それにしても、篠田昇を失ったのは大きいなぁ。階段のシーンとか、ソフトフォーカスの露出オーバー気味で、もっと幻想的な画になっただろうなぁ・・・

 入江悠「AI崩壊」☆
 インフラ化した医療用AIが暴走して日本全国大騒ぎ、みたいな映画。
 「シン・ゴジラ」の中途半端なパクリはもちろんだが、どっから突っ込めば良いんだ!?という仕上がりの脚本が全ての元凶だろう。
 IT業界に生きる人間なら、むしろ腹筋への挑戦じゃないかとさえ思える。
 いやぁ、酷い映画だった。

 ライアン・ジョンソン「ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密」☆☆☆☆☆
 副題が邪魔。
 ってのはさておき、世界的ミステリー作家が誕生日に死亡した。他殺か!?自殺か!?
 という所から始まる物語は、巧みな脚本で物語のフォーカスをぼかし続け、観客を翻弄する見事な展開。
 いやぁ、面白かった!!
 それにしても、ジェイミー・リー・カーティスかっこいい。(ちょっと変わった)スーツ姿でタバコふかしている姿が、あんなにかっこいいってのはスゲェ・・・

 締めの壱本が良い出来だと気分が良い。
 これだから映画館通いは止められない。
 気分よく、撤収っ!!



 
 3日 [「ドン・キホーテ」(劇場)「影裏」(試写会)にて鑑賞]

 たまり溜まった代休を使えっ!!
 ということで、本日はお休み。
 さて。
 映画館に行こうか。

 テリー・ギリアム「テリー・ギリアムのドン・キホーテ」☆☆☆☆☆
 映画は狂気だ。
 狂気は狂気を呼び、狂気のの渦を拡大させる。
 30年ごしに完成された映画は、その制作背景を含めて、内容そのままに狂気の渦に観客を巻き込む。
 凶器のど真ん中でうひゃうひゃ笑っている私のような人間に、この映画をどう評価せいというのか。ある意味、とんでもない恐怖映画なのか?
 賛否両論になるわけだ・・・

 ちょっと魂が抜けてしまった。
 夜は試写会なので、それまでにもう壱本なにか見ようと思っていたのだが、それどころじゃない。
 脳内を整理して、魂を戻さねば。
 なんとかなった所で、試写会へ。

 大友啓史「影裏」☆☆☆
 地方勤務になった主人公が、そこで出会った一人の男。
 心許せるともとなった彼だが、東日本大震災をきっかけに、知らなかった一面を知らざるを得なくなる。
 という物語なのだが、出来は悪くない。私の評価が悪いのは、好みの問題。
 主演二人の演技や、どこか不穏当な雰囲気を漂わせ、緊張の切れない作りはすごい好みなのだが、物語を、最後にもうちょっと「すっきり」させてほしい。この“もやもや”がテーマ上必要なのは分かるが、私の好みではない。

 なかなかつかれる弐本だった。
 明日は仕事だ。
 撤収。



 
 5日 [新アクションカメラ購入]

 長らく使っているアクションカメラ、SONY「HDR-AS15」のmicroSDの読込がおかしい。
 既にメインは後継のSONY「HDR-AS100V」に切替わっているのだが、バックアップが、バックアップとして使えないのは大きいなぁ。

 というのもあって、SONY「FDR-X3000」購入
 4Kアクションカム。

 AS100Vを今でも販売していれば、それでよかったのだが、もうないからねぇ。
 販売開始からちょっと時間も経っていて、価格も落ち着いてきたので4K版を。

 手振れ補正能力が上がっているとか、バッテリーの持ちがよくなっているとか、色々あるらしい。
 同じバッテリーパックが使えるらしいので、その面では良いな。
 近いうちに、どこかで実験しよう。



 
■■日 [■■題名■■]

 健康診断を終え、そのまま半休をぶつけてお出かけ。
 川崎にあるSIGMA本社へ。

 常用しているレンズ参本、SIGMA「AF17-50mm/F2.8 EX DC OS HSM」「AF30/F1.4 EX DC」「AF150-500/F5-6.3 APO OS HSM」と、使用するNikon「D7000」本体を預けてピント調整を依頼する。

20200219 撮影:iPhone7「SIGMAレンズのピント調整」

 ピント合わせは無料とのこと。

 その変わりに三週間くらいかかるらしいが。
 ちなみに、前の土曜日にNikonに本体側のセンサー掃除とピンと調整を依頼している。
 これは2時間で終了する代わり、3,300円(税込)であった。
 レンズもやろうとすると、その分だけ掛け算。

 どっちも一長一短だな。

 個人的には、時間を金で買え、というのはプロ向けだとは思う。
 私程度の人間には、無料はすごく魅力的・・・
 三週間くらいなら、使わないタイミング狙えばどうにかなるし。

 さて。
 明日は仕事だ。
 速やかに帰ろう。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月