貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2013年
 8月   9月  10月  11月  12月
2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月


新日記

2014年 8月

 
 1日 [モタスポ]

 午前中は会社の健康診断。
 午後は普通に仕事。

 ということで、仕事に向かう最中に本屋へ。
 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入

 先々週の SUPER GT の特集か。
 私は SF 大会で生では見ていないが、録画でもとんでもない混乱のレースだったもんなぁ。
 ただでさえ難易度の高い仙台 SUGO サーキットでの不安定な天候。


 何が正解なのかを語るなんてなぁ、後出しじゃんけんだよなぁ。


 FormulaE の情報もあるようなので、ゆっくり読むとしよう。



 
 2日 [でくのぼう]

 引きこもって一日色々とやらねばならないことをやる。
 近いうちに映画批評も上げたい。
 実は書いてあるのはあるのだ。
 あるのだが、上げていない。

 どうにかしたい。

 てなこととは無関係に、NHK BS で放送していた犬童一心/樋口真嗣「のぼうの城」を見る
 個人的には、落城後の交渉シーンがちと迫力不足だとか、色々と言いたいことはあるんだが、それなりに楽しんだ一本では有る。

 出演シーンは少ないながら、夏八木勲の演技が良い。
 やはり、脇役にこういう大物を配置すると、締りが違う。

 ところで、映画の放送が全て終わった後、NHK は (なぜか、本編のエンディングクレジットも全部流すのに) 別途独自のクレジットを付け足す。
 そこで、なんで冒頭が榮倉奈々?二番目に野村萬斎?

 理解に苦しむな。



 
 4日 [大惨事発生!?]

 ・・・大惨事っ!!!
 ということで、え〜、更新システム(自作)のトラブルにより昨日の日記が消滅した模様
 つか、表紙から消えうせとる。
 Backup は一昨日が最後なので、昨日の文章は、電子の藻屑と消えうせたことになるな。

 FTP の挙動がおかしいとは思ったんだが・・・

 むむ。
 FTP は既存だな。
 ここが原因だとすると、私の責任ではないことになるが・・・

 てなこたぁどうでも良い。
 昨日はロン・ハワード「ッシュ/プライドと友情」の BD を購入。
 標準設定が、英語音声 + 日本語字幕で、私は未見なので伝聞だが、話題になった KinKi Kids の日本語吹き替えじゃなくてってぇ話を書き上げていた。

 書き上げていたんだがなぁ・・・



 
 5日 [IRL Rd15]

 日本時間月曜早朝に行われた、IndyCar Series Rd15 の録画を見る。
 生放送を見られればよかったのだが、まぁ、色々と、な。(夜更かししていて起きられなかっただけである)


 ・・・今年、佐藤琢磨の運の無さは本当に、一体、なんなんだろうな。





 
 6日 [売れてないという CD を、買っている一ヶ月]

 ザ・クロマニヨンズの新 SDC の発売日であるが、まだ受領できていない。
 yodobashi.com の欠点は、コンビニ受け取りが出来ないことだな。
 その点は、Amazon の方が優れていると言えよう。(コンビに受け取りは、家にいる必要がないので受け取り時間の柔軟性が高い)

 まぁ良い。明日には受け取れるだろう。

 曲そのものも、FM Nagasaki で放送中している「ジャンゴ・バンゴ・デラックス」で聞けてるしな。
 radiko プレミアム万歳っ!!

 それにしても、この一ヶ月で購入した CD が三枚か。
 買ってるな・・・



 
 7日 [キスまでいける]

 ザ・クロマニヨンズ「キスまでいける」購入。
 題の通り“キスまでいける”と歌い、カップリングの「突風野郎-愛のテーマ-」は“愛の意味なんざよくわかりません”と繋げるあたり、相変わらずの「クロマニヨンズ」であると言えよう。

 突然バーンして、恋に落ちて、エロこそすべてとつなげるのに比べれば、大分穏やかだしなっ!!

https://www.youtube.com/channel/UCUO6BhjEfP1zWoNX1Vt5qxA
youtube キスまでいける PV



 
  8日 [特別体制]

 本日、2100をもって、夏休み特別体制に移行したっ!!
 昨年、一昨年の大惨事を乗り越え、今こそ、今こそ、今こそ、夏休みのときっ!!

 ということで、一週間ばかりお仕事はお休みである。

 色々と、予定は有る。
 いくつこなせるのかは、知らんっ!!



 
 9日 [車検と試乗と]

 本日は、我が愛車ダイハツ「コペン」の車検のためにディーラーへ
 もう、7年か。

 まだまだ乗るつもりである。

 んが、しかし。
 ディーラーに行くと、新型「コペン」がっ!!!

 ということで、試乗させてもらう。


 さすがに、十年以上の時を経て作られた新型。
 4st 4発から 4st 3発に切り替わっている事を意識させないエンジンの反応速度。
 ハンドルをきったときの楽しさも、見事に引き継がれている。
 もちろん、全体の運転しやすさも上がっている。

 丁寧に改良された新型だ。

 とはいえ、見た目がなぁ、可愛くないんだよなぁ。
 やっぱり、可愛い見た目と凶暴な乗り心地の差分も面白さの一つだと思う私には、ちと残念だ。

 買う気無いのもろ分かりなのに (買う気なら、車検に出さん) 試乗させてくれてありがとうございました。



 
10日 [SGT Rd5]

 本日は、SUPER GT 2014 Rd5 の現地観戦のために富士スピードウェイへ

 迫る台風。
 止んだり、土砂降りになったりの不安定な天候。
 強まる風。

 めまぐるしく変わるコースは、しかし見るものに混乱と興奮を届ける最高の「舞台装置」となったっ!!

 ・・・色々と面白い写真も撮れているのだが、いまはちと体力に余裕が無い。
 明日以降を、お楽しみにっ!!



 
12日 [「るろうに剣心」劇場にて鑑賞]

 昨日は、あげる前に燃え尽きた・・・
 明日からは、さらに更新が不安定になるやもしれぬがご容赦を。

 ということで、今日は明日からの忙しさに備え、映画館へ。

 大友啓史「るろうに剣心 京都大火編」☆☆☆☆
 前作のヒットで予算が増えたか!?
 前作以上に「アクションでつなぐ」構成になり、もはやアクションシーンで物語を作り、説明する状態に。

 まさに力任せっ!!

 好き嫌いはあるだろうけど、私はこういう映画好きだ。
 実に良い覚悟の映画だ。
 秋公開の続編が楽しみな完成度であったことを、今はただ喜ぼう。

 ところで、この武侠映画のような時代劇の形式は、絶滅危惧種と化した日本の時代劇 (厳密にはチャンバラ映画) の、生き残る一つの可能性かもね。
 もっとも「こんなのチャンバラ映画じゃない」という批判を多数受けることになるだろうけど。

 本日は、明日に備え、壱本で撤収っ!!



 
18日 [更新再開]

 北海道での OpenSky Project テストフライト合宿より帰還したのは昨日のことである。
 まさか、更新に必要な PC を忘れて行くとは思わなんだ・・・

 ということで、モロモロ乗り越え (昨日は帰還後、もちろん燃え尽きて倒れた) 本日より更新を再開する。

 本日は、先週出した我が愛車ダイハツ「コペン」の車検が終了したので、それを取りに行く。
 ファンベルトやエアコンフィルタ等の交換は実施されたものの、大きな異常は無し。

 7年か。

 まだまだ頑張れ、我が愛車っ!!



 
19日 [吉野の悲劇!?]

 本屋へ。
 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」12巻(小学館/漫画)購入

 主人公が2年へ進級し、「酪農とは?」という説明的物語から、「酪農の将来的可能性」という、未来描写の物語に変化しつつある印象。
 何を見せてくれるのか、楽しみにしよう。

 家族病気のため、不定期連載になったという事なので、気長に、のんびりとな。

 明日は、笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」12巻(朝日ノベルズ/小説)発売日だが、これは kindke 購入なので、本屋には行かずだ。



 
20日 [ミニスカ宇宙海賊12巻]

 笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」12巻(朝日ノベルズ/小説)午前零時に kindle に降ってきた

 と、書く予定であったが、実際には kindle paperwhite がバグって無線 LAN に繋がらず、いろいろとやった末、再起動するという作業が必要であった。


 なにはともあれ。


 無事に入手。
 前巻から続くタイムスリップの続き。
 現在、3割ほどが読み終わった。
 さぁて、どういう決着になるのやら。



 
21日 [ハローキティ]

 生活圏で、比較的使いやすい場所にあるコンビニなんだよね。
 ということで、ローソンのポイントを集め、特典のお皿を入手する。

20140821 撮影:iPodTouch「LAWSON 特典皿」
20140821 撮影:iPodTouch「LAWSON 特典皿」

 ん〜。
 ヤマザキ春のパン祭の特典皿にくらべると、実用性は低そうだなぁ。
 いかにも割れそうだし。



 
22日 [先週はいったい何をしていたのかと言うと・・・]

 先週は、つまりはコレでいなかったのである。


 写真は現在なお整理中。
 ・・・いや、あまり撮ってはいないんだけどね。
 いかんせん、お手伝いだったので。



 
23日 [「イントゥ・ザ・ストーム」「トランスフォーマー」劇場にて鑑賞]

 色々乗り越えて、夕方から映画館へ。

 スティーヴン・クエイル「イントゥ・ザ・ストーム」☆☆☆
 竜巻の映画。
 ・・・いや、他に説明の使用が無い。
 それ以外に、中身が、何も、無い。
 ☆☆でも良いと思う出来だけど、あたしゃ好きだよこういう映画。

 マイケル・ベイ「トランスフォーマー/ロストエイジ」☆☆☆
 爆発の映画。
 ・・・いや、他に説明の使用が無い。
 それ以外に、中身が、何も、無い。
 ☆☆でも良いと思う出来だけど、あたしゃ好きだよこういう映画。

 と、弐本とも (見せ方は異なるが) VFX でド派手な映像を見せ、それ以外になーんも中身がない映画であった。
 うん。
 ちょっと、嫌な気分になっていたんだが、すごく元気になった。

 撤収。



 
24日 [「宇宙兄弟」劇場にて鑑賞]

 今日は昼から映画館へ。

 渡辺歩「宇宙兄弟#0」☆☆☆☆

 後半がグダグダだった実写映画とは無関係に、TV アニメシリーズの新作として作られた前日譚。
 新規ファン獲得と言う意味ではちょっと弱いと思うが、ファン向け映画としては十分な出来だと思う。
 もうちょっと、作画がどうにかならんかったんだろうか。
 月上空からの HDD 映像を、すでに「かぐや」で HDD で見てしまっているので、あの描写だと、なんとも・・・

 本日、映画は壱本のみ。
 別作戦のため戦線離脱。転進っ!!



 
25日 [IRL 2014 Rd17]

 早起きするのである。
 今日一日、仕事の忙しさからして、過酷なことになると分かっていても。
 昨晩、ちょっと作業していたら寝る時間が予想以上に遅くなっていたとしても。

 早起きするのであるっ!!

 そして CS 放送は GAORA で INDY CAR 2014 Rd17 Sonoma GP を見る。


 大興奮っ!!


 呪われたかのような佐藤琢磨の負の連鎖は、ようやくその鳴りを潜め (まったく無くなったわけではないが、今回のアレは、INDY CAR ではよくあることではある) た。
 4位!!
 もうちょっと、あそこでアレなら、あるいはトップの・・・

 いや、タラレバは無い。
 今は素直に、4位フィニッシュを祝福しよう。




 
26日 [NSX もだけど、結局ダンロップってどうなんだ?]

 本屋は、もう、やってないなぁ・・・
 たしかあのコンビニには入っているはず。

 ということで、コンビニへ。
 買い忘れていた隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入

 私も現地で観戦していた、SUPERGT Rd5 富士スピードウェイ。
 大混乱の、そのレースの分析のようだ。


 NSX の速さは本物か?


 という表紙のアオリを、楽しみに読もう。
 てか、トヨタの WRC 参戦計画って、結局 86 でやるの?
 ヤリスのテストってなんだったの?

 ん〜。
 難しい。



 
27日 [ミニスカ宇宙海賊]

 笹本祐一「ミニスカ宇宙海賊」12巻(朝日新聞出版/小説)読了。

 前作に続く“独立戦争歴史秘話”。
 今回で無事に完結。
 全開のタイムトラベルでは、自分に当てた通信が一つの鍵になっていたが、今回は別に鍵になるものがあるのね (作中で隠しちゃいないが)。
 その割りに、通信も最初にやっている (最後に、その通信を発信した“時”は出てこないのだが) のが、ちょっと丁寧さに欠ける印象。
 ちょいちょい、そういう部分を感じた一冊であった。

 十分に楽しんだけどね。



 
28日 [「サーバント×サービス」完]

 高津カリノ「サーバント×サービス」4巻(スクウェア・エニックス/漫画)購入 & 読了

 注文していた本をコンビニで止めておき、取りに行く作戦。
 本当は本屋で買いたいんだが・・・


 愚痴は言うまいこぼすまいっ!!!


 「サーバント×サービス」は本巻で終了。
 予想通りと言うかなんというか、全て丸く収まって最後を迎えた。

 同じ作者の「WORKING」も、次で最後なんだよね。
 次はどうなるのやら。
 とりあえずアニメで最後まで見たいのだが、もう、やらんかね?



 
29日 [時間が・・・]

 月刊「ラジオライフ」(三才ブックス/無線)を購入したいのだが、本屋に行く時間を確保できない。
 年末の東京ペディの申込書が着いている号なので、買い逃がすと悲劇的展開になりうるのだが、さて?

 さらに、月刊「SF マガジン」(早川書房/文芸)も購入したい。

 ついに。
 谷甲州の。
 航空宇宙軍史シリーズの。
 新作が。
 掲載されていのだというからなっ!!!

 ようやっとシリーズ再開か。
 長かった・・・

 と、妄想するだけの本日である。
 明日は休みなので、忘れずに行くぞっ!!



 
30日 [芸術、難しい・・・]

 本当は壱本見てから行くつもりだったのだが、寝坊して直行となった。


 ま、そういう事もある。
 ということで、東京都現代美術館へ狙うは「ミッション[宇宙×芸術]」

 宇宙をモチーフにした企画展示。
 宇宙の写真や、ロケット等の技術的なことは分かるのだが、宇宙をモチーフにした芸術になると、とたんに「???」だ。


「リンゴの表面は宇宙に見える」
 ・・・え?

「宇宙とは回転である。マニ車をモチーフに」
 ・・・え?


 昔から、「芸術ってなんだろう?」という疑問は持っているが、今回もまた、その疑問は寄り深くなった。
 多美の展示にあった

 「芸術とは何かを問うのが芸術」

 という文言は、あまりにも哲学的であったといえよう。



 
31日 [来月期待の映画]

 もちろん。
 来月期待の映画だ。

 ジャウマ・コレット=セラ「フライト・ゲーム」
 予告編を見る限りでは密室ミステリー映画のように見えるが、リーアム・ニーソン主演なので、アクション映画の可能性もたぶんに有る。
 ・・・素直に予告編を信じると、痛い目にあうからなっ!!(とかいいながら、予告編で、次に見る映画を決めているわけだが)

 レニー・ハーリン「ザ・ヘラクレス」
 ギリシャ神話をモチーフにしたアクション映画で・・・って、監督レニー・ハーリン!?え??
 ギリシャ神話でも爆発すんの!?

 ジェームズ・ガン「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
 メーベル原作のヒーロー映画らしい。
 ハリウッドはアメコミ、シリーズ、リブートしかないのか?
 いや、それでも面白けりゃ良いんだけど、なにかこう、むにゃむにゃするなぁ・・・

 マット・リーヴス「猿の惑星:新世紀」
 で、こちらはリブートにしてシリーズの第二作。
 元とは大きく異なる展開だが、さて、第二作ではどうなるのかな?

 武正晴「イン・ザ・ヒーロー」
 スーツアクターを描いた映画らしい。
 唐沢寿明とスーツアクトというろ、どうしてもダイワハウスの TV-CM ダイワマンを思い出して、ついついコメディかと思うのだが、そういう話ではないようだ。
 試写会で見た人の評価は高かったが、さて?

 大友啓史「るろうに剣心 伝説の最期編」
 「ハゲタカ」は面白かった。「プラチナーデータ」は酷かった。ということでどうなることやらと思っていたシリーズだが、いやはや予想以上に楽しんでいる。
 上手いこと着地してくれよ。
 期待してるぞっ!!

 周防正行「舞妓はレディ」
 舞妓で「マイフェアレディ」をやるようだ。訛りの無い言葉 (英語) ではなく、京言葉 (京都訛り) というのも、ある意味面白そうだ。
 周防正行は、コミカルタッチに戻ったな。ふむ。

 若松節朗「柘榴坂の仇討」
 桜田門外の変で、主君を守れなかった男のあだ討ちと、あだ討ちを禁じる明治政府の法の間で、武士の誇りを描いた作品らしい。
 予告編は割と好きな雰囲気だが、さて、実際はどういう仕上がりになっているのかな?

 安里麻里「劇場版 零〜ゼロ〜」
 特報ではわりと好きな雰囲気かも?と思ったのだが、予告編を見ると「なんか違う?」という違和感が支配的になっている作品。
 時間があれば、だなぁ。

 工藤進「攻殻機動隊ARISE border:4 Ghost Stands Alone」
 見に行くとしても、もはや惰性以外の何者でもない・・・

 パブロ・イラブル/ミゲルチョ・モリナ「アンナプルナ南壁 7,400mの男たち」ワーウィック・ロス/デヴィッド・ローチ「世界一美しいボルドーの秘密」安藤尋「海を感じる時」藤井道人「幻肢」白石晃士「ある優しき殺人者の記録」等、まだまだ見たい映画は山ほど有る。
 が、さて、何本行けるかなぁ・・・

 夏は終わっても、映画館は暑いっ!!



 
17日 [戦えっ!!爆破しろっ!!打ち倒せっ!!]

 すさんだ心を癒すのは、やはり映画だな。
 ということで、心落ち着く映画を見ることにする。
 ん〜、どんな映画なら心が落ち着くだろうか。

 と、己の手元にある映画を眺める。
 結論は、すぐに出た。

 サイモン・ウェスト「エクスペンダブルズ2」

 「What's the plan?」
 「Track 'Em, Find 'Em, Kill 'Em」

 そりゃ計画なのかぁ!?

 という突っ込みを許さない筋肉集団がたまらない。

 主人公達の前に立ちふさがる = 敵。
 主人公達の前に立ちふさがる = 悪。

 理由は?
 主人公達の前に立ちふさがったからっ!!

 すっきりしたぁ。
 心おちついたぁ。



 
18日 [そーいや TNG も今日からか]

 おでかけ不能。
 ということで、引きこもる。
 そういう日も有る。

 そーいや、Hulu で機動警察パトレイバーの配信やってんだよね。
 ということで、押井守「機動警察パトレイバー THE MOVIE」押井守「機動警察パトレイバー THE MOVIE2」連続鑑賞

 ん〜。
 特に「THE MOVIE」は、押井守とは思えぬ娯楽性の高い仕上がり。
 最後のアクション押し切り展開は監督の意思ではなく、ゆうきまさみ (漫画版作者) の押し切によって作られたものらしいが、しかしそれ故にこの作品は良い娯楽作品に仕上がっていると思う。

 まとまりも良いしね。
 さて。
 明日こそは映画館に行けるかな?



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月