貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2012年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2013年
 1月   2月   3月


新日記

2013年 2月

 
 1日 [「DOCUMENTARY OF AKB48」劇場にて鑑賞]

 映画館に進路を取る。
 記憶どおりなら間に合うはず。

 げふっ・・・

 金曜公開映画のおかげで、上映開始時刻が変わっておるっ!!
 これでは、見たが最後終電が過ぎ去り、帰ることかなわぬではないかっ!!


 イジメか!?
 イジメなのか!?


 ・・・くっくっくっく。
 しかし、この程度のイジメにくじける私ではないっ!!
 よかろう。
 受けてたとうじゃないか。
 こうなりゃ、見られればなんでも良い。
 時間的に最適なのは、お前だぁっ!!!!

 高橋栄樹「DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN 少女たちは涙の後に何を見る?」☆☆☆

 なんぞメンバーの一人がパパラッチされて坊主頭にしたのが話題になっているが、興味ないのでどうでも良い。
 シガニー・ウィーバーの坊主頭は、似合っていたなぁ。映画の出来はナニだったが。
 ・・・ではない。

 前作と異なり、あくまでも内部で繰り広げられる「センター」を巡る物語。
 それ故に、ファンでもない人間には「???」な部分があまりにも多い。
 さらに、インタビューで紡がれる言葉が“綺麗”。本音が聞きたい。
 ここでなぜインタビューを取らない?という部分も多い。
 どうせなら徹底的に非情になれや。
 不完全燃焼だが、時間切れだ。

 終電は近い。
 全力撤収っ!!



 
 2日 [「ライフ・オブ・パイ」「アウトロー」劇場にて鑑賞]

 朝起きると、あれ、もう、出撃時間じゃねぇかっ!!
 昨日のうちに座席を確保していたので、遅れるわけには行かんのだ。
 出撃ィっ!!

 アン・リー「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」☆☆☆
 「船が沈み、ベンガルトラと共に漂流することになった」主人公が語る漂流生活。
 語られる半生は物語、内容が事実かどうかは、さてみんなで考えてね、という最後だが、宗教色の強さが評価の分かれ目になるかも。
 それと、髪と髭と服装が時間に応じてどんどん乱れて行くくらいはやって欲しかった。いかど「物語」だとはいえ。

 続いてもう壱本。

 クリストファー・マッカリー「アウトロー」☆☆☆
 元凄腕憲兵のアウトローが無差別狙撃事件の解決に動く。
 という内容なのだが、正直、物足りねぇ。
 やりたい事は分かるんだが・・・

 本当はもう壱本行きたいところだが、上手く繋がる映画が無い。
 やむをえん。ものすごく物足りない気分で一杯だが、撤収っ!



 
 3日 [「間違った社員教育」Easyクリア]

 先週購入するだけして放置していたProject iCKX「間違った社員教育 〜まったく君の会社ではいったいどんな社員教育を(略)〜(資材部の懲りない面々)」(Win/STG)プレイ再開

 キーボードでの操作が、あまりにもナニだったのでコントローラ発掘作業を行っていた。
 Project iCKX は、前に購入した「EFFY」が、キーボード操作でえらい苦労したので懲りているのである。
 無事に発掘された、USB 経由で PS2 のコントローラを使うアダプタ (PS3 コントローラを有線で使うためのフリードライバーもあるが、環境依存の話が少なからずあるようなので回避した) を使用してのプレイ。


 PS2 コントローラって、よく考えられているんだなぁ。


 ではなく。
 Easy ではサクっとクリア。

 “スラップスティック”は偽りなし。
 引っ越しのゴミ処分がミサイルで破壊だったり、200円の社員食堂デザートのために空母に立てこもったりと、爆笑の内容。

 面白かった面白かった。
 難易度上げると、使える武器・・・ではなくお掃除道具が増えるらしいので、どんどん行こうか。



 
 4日 [Kindle Paperwhite 失踪]

 Amazon で検索した所、おぉ、“覇者の戦塵”の短編が出ているじゃないか。
 ということで、早速購入。


 そして悲劇は起きた。


 Amazon「Kindle Paperwhite」が、無い。
 本は、PC で検索し、購入。クラウド上におかれ、それを端末から落とす、という運用をしていたが、端末が無いっ!!

 考えると、先週くらいから使った記憶がない。
 最後に使った記憶があるのも出先だ。
 まずい。
 紛失したか!?

 慌てるな。まずは部屋の中を大捜索だ。
 掃除で大量にダンボールとか雑誌をまとめたのだが、まさかそこに紛れ込んでいるのか!?

 いやいや冷静になれ。
 最後に見たのは何時、どこでだ!?
 先週の映画館だ!
 まさか映画館に忘れた!?
 いやいや、まずは室内の捜索からだ。

 という思い出しと探索行動の末、山田洋次「東京家族」とセス・マクファーレン「テッド」のパンフレットにはさまれた本体を発見した。

 ふぅ。
 冷や汗が出たぜ。
 余計なことに時間を食った。

 さて谷甲州「高射噴進砲隊」(小説/中央公論新社)を読むか



 
 5日 [今もって、PS3 のゲームは「GRAN TURISMO5」しか持っておらんが PS4 がもう出るだと!?]

 KONAMI「METAL GEAR RISING REVENGEANCE」(ACT/PS3)体験版 DL
 「METAL GEAR SOLID2」でだいぶん絶望的な気分になり、それ以来プレイしていなかったのだが、ま、無料だしということでやってみた。

 感想。


 バグって止ったっ!!


 小型の二足歩行ロボット (小型 METAL GEAR?) との戦闘中に停止し、なにをやっても動きゃしねぇ。
 仕方ないので、物理的に電源遮断。
 ・・・体験版って描いてあるよな、β版ってぇわけじゃねぇよな?
 体験版なんてなぁ、ファイナルβ版だったりするからこの程度は覚悟の上だが、save していないので (save 機能が搭載されているかどうかも知らん) もう一度あそこまでやる気にはなれんなぁ。

 放置っ!



 
 6日 [高橋ヨシオ襲来]

 THE CRO-MAGNONS「YETI vs CROMAGNON」購入

 毎度おなじみ、THE CRO-MAGNONS のアルバム。
 驚いたことに、もう7枚目か。
 そうか。
 そんなになるのか。

 アナログレコード盤が「本物」で、CD は「レコードのリッピング版」というだけに、もちろん今回もモノラル録音。
 しばらくは、こいつを聞きまくることになるだろう。

 明日か明後日には、我が愛車のカーナビにも取り込まねば。



 
 7日 [アストリッドが普通に仕事してるっ!]

 CS 放送は Super! drama TV で放送中のTV ドラマ「FRINGE」Season3であるが、放送開始を見落とし、途中から録画となっていた。
 最後まで行く前に、集中放送があるはずだと睨みながら。

 予想通り、先週、放送済み分の一挙放送があり、無事に揃った。
 よぉし。
 見始めるぞ。


 主人公、ダナム捜査官がエライことになって終了した Season2。


 ダナム捜査官の受難はまだまだ続くっ!
 それにしても、正気のウォルター・ビショップは怖い・・・



 
 8日 [植村直己物語]

 映画館に行きたかったんだがなぁ。
 ま、そういう事だ。

 時間が中途半端だなぁ。

 ということで、素直に帰宅。
 CS 放送は日本映画専門チャンネルで放送していた、佐藤純弥「植村直己物語」を見る


 西田敏行が、今ほど太っていない・・・


 ではなく。


 あぁ、この映画、佐藤純弥監督なのか。


 でもなく。
 格別に良い出来の映画だとは思わんが、無難にまとまった映画だなぁ。
 セットとか CG じゃない、広い画が良いなぁ。



 
 9日 [「ルーパー」劇場にて鑑賞]

 起床すると、主力 PC が起動しなかった。


 なわんだとぉっ!!!!!


 という大混乱の末、どうも電源スイッチ周りがおかしいだけという結論に達する。
 起動はするようになったが、ちょっと怖いことは怖いなぁ。
 しばらく買い換える予定はなかったが、買換えを含め、検討する必要がありそうだ。

 PC が起動しなかった時は頭を抱えたが、なんとかなりそうなので気にするのは止めた。
 さて、映画館に行くか。
 明日以降を考えると、近所の映画館で壱本だな。

 ライアン・ジョンソン「LOOPER/ルーパー」☆☆

 30年後から来た自分を射殺する任務に遭遇する男の物語。
 全体的に「物語の展開に都合良く設定を作ってある」世界。
 それだけなら「ご都合主義近未来世界物ってなぁあるけどさ」で終わるのだが、「都合良く作った世界の設定」を堂々と無視して、しかもそれを主人公の行動動機にしてしまうのには脱力せざるを得ない。
 せめて、その行動を説明するような設定にすればよかったのに。

 時間切れだ。
 撤収。



 
10日 [「黒部の太陽」再び]

 復活したかに思えた、我が主力 PC「天山」は、今日再び起動しなくなった。
 ・・・駄目だな。
 これは。

 ということで、お出かけ。
 本日の目標は、昨年すでに劇場で見、来月には待望のソフト化もされる映画、二度目の観賞。
 熊井啓「黒部の太陽」

 いろいろ書いているうちにやたらと長くなったので全削除。
 理由なんてなぁ脇に置いて、十代の頃から、延々と歳のいった映画ファンに「ありゃぁすげぇ映画だった」と繰り返された映画をヒルム上映のスクリーンで見るラストチャンス!(になりうる)
 ということでもう一回というわけだ。

 堪能堪能。
 森谷司郎「海峡」と並ぶ邦画隧道掘削映画といえよう。

 そもそも隧道掘削を全面に取り扱った映画なんざ、そう本数のあるもんじゃないが。
 橋本信一「掘るまいか 手掘り中山隧道の記録」(山古志村の、手彫り隧道掘削工事ドキュメンタリ) は見ておらんしなぁ。

 もう壱本行く時間はあるが、転進。
 PC ショップでアウトレット PC を覗く。
 追加パーツと合わせて発注。
 手では持ち帰れぬので配送も依頼。

 全作戦完了だ。
 壱本見られる映画があって色めき立ったが、上映終了と同時に終電が過ぎ去る事が判明。

 帰れぬっ!!

 映画館を断念。撤収っ!



 
11日 [「きいろいゾウ」「鈴木先生」劇場にて鑑賞]

 日産グローバル本社ギャラリーへ。
 昨年の、ル・マン24時間レースでレースファンの度肝を抜いた、日産デルタウィング実機展示を見に行く。

20130211 撮影:W90「NISSAN DELTAWING」
20130211 撮影:W90「NISSAN DELTAWING」

 ・・・これが、LMP2 のスピードで走るんだもんなぁ。
 のけぞりである。
 他にも日産「LEAF NISMO RC」のコックピット体験 (レース専用車とは思えぬコックピットの広さであった。あと視界の良さは素晴らしい) やら、市販仕様のニッサン「LEAF」試乗 (ディーラーよりも長い上、専門スタッフの解説付) やらで存分に楽しむ。

 ふぅ。

 普段ならこれで終わるところだが、今日は遊びの一日。
 進路変更、映画館へっ!!

 廣木隆一「きいろいゾウ」☆
 出会って突然プロポーズして結婚した二人の物語。
 その初期設定に相応しく、映画の方もなにがなにやらさっぱり分からない。
 ほぼ満員の劇場 (規模が小さかったとはいえ) では、すすり泣きまで聞こえてきたので、人によっては、何か思うところがあったのだろうが、私には分からない。
 個人的には「大人ってなんで好きで結婚するのに分かれるの?」という子供の台詞に、間髪を容れず前の席のオッサンが鼻で笑った瞬間が一番面白かった。

 オッサン、過去になにがあった。

 続いてもう壱本。
 河合勇人「映画 鈴木先生」☆☆☆☆
 評判は良かったが、視聴率は振わなかった TV ドラマの映画版。
 TV ドラマ直結の“完結編”なので、TV ドラマを見ていないと分からないのはある程度仕方ないが、それがまさにこの映画の最大の欠点と言えよう。
 次点は「TV スペシャルでも、特に問題ないよね」という内容だろうか。
 十分以上に楽しめる出来ではあったがな。

 存分に遊び倒した。
 疲れた。
 もう一段行けなかないが、残念ながら明日は平日だ。
 やむをえん。
 撤収っ!!



 
12日 [流派東方不敗は王者の風よ 全新系列 天破侠乱 見よ東方は赤く燃えている]

 日時指定便の日付を間違えたらしい。
 明後日14日ではなく、明日13日に新 PC は到着するようだ。

 ま、特に問題は無いだろう。

 島本和彦「超級!機動武闘伝 G ガンダム 新宿・東方不敗!」6巻(角川/漫画)購入

 先月末に発売されていたが、近所の本屋でことごとく売っていないという事態に遭遇した。
 出遅れたのは確かだが、はたして売り切れだったのか入荷していなかったのか・・・

 まぁ良い。
 とにかく購入。
 ギアナ修行編もいよいよ終わりが近いなぁ。
 本戦まであと三日で、各国のガンダムがネオホンコンに向かうシーンが出てくるが、その中に、あのネーデルガンダム (通称・風車ガンダム) は出てくるのは期待を煽るぜ。
 アニメ版のこのシーンを覚えていないのだが、マンダラガンダムやノーベルガンダムが出てこないのは、アニメ準拠なのか、本編でも登場させないのか・・・
 ノーベルガンダムは出てくるだろうが、マンダラガンダムは出てこなくても本筋に影響が無いからなぁ。

 微妙だ。

 本筋では、ギアナでも東方不敗 vs ドモンの戦いが始まる所で「次に続く」。
 コミック独自展開から、アニメ版にどんどん戻ってきているぞ。
 次の巻では、ついにゴッドガンダムだなっ!!



 
13日 [新 PC、我が部屋に立つっ!!]

 死亡から奇蹟の復活を遂げたものの、その後、やっぱり死亡した我が主力 PC「天山」。
 その変りとなる、新主力 PC が到着した。

 しばらく悩んだ末。
 本 PC を「飛燕」と命名する。

 「天山」は、復活を目論んでいるので (来月になってしまうが、もうちょっと悪あがきをする予定)、その名は保留だ。

 導入された PC の CPU Intel「Core i7-3770K」は、最新鋭最高峰ではないが、十分な性能を発揮することだろう。
 また、モバイル PC「陣風」(SONY VaioP) において絶大な威力を発揮している SSD をシステムドライブに使用することで、さらなる体感速度向上を目指した。

 さぁて。
 まずはシステム構築だ。
 Windows Update だ。
 各種 Software の Install だ。
 「天山」から、HDD の中身を大移動だっ!!

 使えるようになるのに、何日かかるんだ!?



 
14日 [今日は平日ですから]

 新主力 PC「飛燕」は、若干の問題を起こしつつも (主に Windows7 の問題) 順調に正常稼働状態に遷移しつつある。

 動画処理系は、かなり復活した。
 ためしに最圧縮を試したら、なんつーか、すげぇな、Core i7・・・

 と、感嘆符が出てこないくらい驚く羽目になった。
 ムーアの法則にかげりが見え、その速度は落ちたとはいえ、ジリジリと CPU の速度は上がり続けとるんだなぁ。

 PC パワーを全力で使うゲームは、日曜日辺りから入れ始める予定。
 作業はまだまだ続く・・・



 
15日 [HONDA 小暮だけじゃなく、NISMO 本山も移動だと!?]

 会社帰りに本屋へ。
 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入
 本当は予約してある吉田大八「桐島、部活やめるってよ」の BD も買いに行きたかったのだが、まぁ、なんだ、いろいろと事情はある。

 今回の「AUTO SPORTS」は、マシンお披露目の始まった F1 各チームの情報。
 そして、来年からは大きく規定の変わる SUPERGT 2013年シーズン情報。

 すでに、大規模変更が発表された HONDA に続き、発表を控えた NISMO (日産のモータースポーツ部門) の予想がかっとんでいて驚く。
 マジデスカコレハ。

 さらに GT300 の予想にもどんどんどんどん驚き続ける。

 すげぇなぁをい。
 すべては正式発表をまつとしても、それにしても。
 今年も凄い事になりそうだぜ。

 技術的な解説記事は、かなり読み応えがありそうなので、時間を掛けてゆっくり読もう。



 
16日 [「スタードライバー」「脳男」劇場にて鑑賞]

 今日は夜呑み会なので、時間的に、まぁ、弐本かなぁ。
 ということで出撃。
 ちょっとお買い物をしてから映画館へ。

 五十嵐卓哉「スタードライバー THE MOVIE」☆
 基本は TV シリーズの再構築。
 エピソードの取捨選択を間違うと、こんなにも大惨事になるのかという代表例として記憶すると良い。
 名台詞って、組み立てがあってこそ活きるんだなぁ。

 瀧本智行「脳男」☆☆☆
 感情や感覚の無い男の物語。
 善悪を問いつつ、アクションで押し切るのかなぁと思っていると、最後、再び善悪を問う展開になる。
 中盤でもっと徹底的に善悪の倫理を問うておかないと、最後の台詞が活きないだろう。
 アクションシーンは、かなり工夫しているし、努力しているのも分かるが、「その一歩先」に達さないと、この手の映画の面白さは“炸裂”しないんだよなぁ。
 残念。

 そのまま、毎度おなじみの狂気の呑み会へ。
 いやはや。
 実に楽しい呑み会であった。
 撤収っ!



 
17日 [「桐島、部活やめるってよ」BD 購入]

 映画館に行こうかなぁと思っていたのだが、体力的にキツそうだったので断念。
 狙っていた映画が、重たい内容の作品だったのでな。
 時間が出来たので、予約していた BD を買いに行こう。

 吉田大八「桐島、部活やめるってよ」BD 購入

 パッケージデザインは、映画公開時のポスターと同じ、神木隆之介の8mmカメラを構えている構図なのだが、そのカメラのレンズに合わせて宣伝シールが貼られているという、なかなか凝った事をしている。
 ビニールパッケージだから、これはがしちゃうとおもしろみ無くなるのになぁ。
 BOX 仕様なら、外側のビニールを残したまま中の DISC を取り出すことも可能な作りに出来るが (私は、その方法で外側の宣伝シールを残すのはやっている) 本作は通常のパッケージなので、開けたら本当におしまいだ。
 使い捨てのためにここまでやるとは。

 やるな、VAP Videoっ!!

 本編を見るのは、また後日。
 録画済 TV 番組みてたら時間が足りなくなってしまった・・・



 
18日 [これで PC ネタはしばし打ち止め・・・かな?あ、ベンチマーク結果がまだだ]

 主力 PC「飛燕」のディスプレイ接続やら何やらを整える。
 先代主力 PC「天山」障害きりわけ環境からそのまま移行したので、たいへん混乱した状況だったのである。


 本体を足元に横倒しで使っていたほどだ。


 物理結線いじくって、これまで接続していたけど今回の整理ではずそう!と思った機器をとっぱらったりしたので、部屋全体としては、えらい混乱しているのだが、まぁ、なんだ。
 よくあることなので問題ない。

 いい加減、PC 周りの使っていないパーツを大整理するかなぁ。

 余剰化したパーツを、箱につめて封印。
 一応、今年の年末まで。
 場合によってはそのまま廃棄。
 てな流れかな。



 
19日 [見てない人にはさっぱりであろう]

 会社帰りに寄り道しよう!
 と、思っていたが、積雪により断念する。

 降雪は止んでいたが、この気温だと、時間とともに凍結してより悲惨なことになるのは明白であったからな。

 帰宅後、録画済 TV 番組を見る。
 本日は、CS 放送は Super! drama TV で放送中「FRINGE」Season3

 放送開始に気がつかず、CS 放送の再放送特集で助けられたこともあって、たまっとるのよね。
 現在、13話まで放送終了。
 そして、ようやっと12話まで見終わった。


 向こうの世界でも、ブロイルズはかっこいい。


 主人公の色恋沙汰の部分が、やや鬱陶しいな。
 自分自身と、向こうの世界の自分とを比較し苦悩する、という内面的な描写をやるのに便利なのは分かるのだが、それでも鬱陶しく感じてしまう。
 いやまぁ十分に楽しんでいるけどね。



 
20日 [エンゲキブの奇襲攻撃かっ!]

 昨日は行けなかったが、今日は行ける。
 所々凍っているが、気をつければ無問題だっ!!

 ということで、本屋へ。
 藤田和日郎「月光条例」21巻(小学館/漫画)、月刊「サンデー GX」(小学館/漫画)購入

 まずは「月光条例」。
 アラビアンナイト篇が終わり、取調べの流れで、かぐや姫の伏線回収していよいよ終局に向かうのだろうという、これまでの流れはそのまま。
 大風呂敷広げてたたみきるのは藤田作品のすごいところ。
 きっと今回も、想像の斜め上を行く仕掛けがあるに違いない。


 と思っていたにもかかわらず、かぐや姫の招待にのけぞる。


 トショイインは騙しかっ!
 解説用に登場させたってぇ話だったのに、こんな重要な役をやらせるか!とセンセイのところで思ったが、いやはや、いやはや。
 気になるのは、うちでの小槌が今もって「自分を助けられるように」という願いを完了しているようにも見えんことだろうか。
 使われるだろうが、どういう流れになるのかいまいちわからん。
 続きを楽しみに待つとしよう。

 GX はこれから読む。
 今月は広江礼威「BLACK LAGOON」が載っていないので回避しようかとも思ったのだが、まぁ、な。



 
21日 [「ぼくの体はツーアウト」「うみべの女の子」購入]

 本屋へ。
 よしたに「ぼくの体はツーアウト」3巻(集英社/漫画)、浅野いにお「うみべの女の子」2巻(太田出版/漫画)購入

 井上純一「月とにほんご」(アスキー・メディアワークス/漫画)も欲しかったのだが、売っておらなんだ。
 売り切れなのか、入荷していないのか・・・
 明日、もう一見の本屋で探すとしよう。

 まずは、よしたに「ぼくの体はツーアウト」
 作者が健康になるべく奮闘する実録漫画第三巻。
 他人事じゃない部分も多数あって、なんつーか、胸が痛い。

 けど面白い。

 ・・・うん。がんばろう。いろいろと。

 浅野いにお「うみべの女の子」は、これから読む。
 余談だが、昨日購入した GX はまだまったく読んでおらん。
 積読、万歳っ!!



 
23日 [半年点検]

 障害が発生し、昨日の日記更新は急遽凍結された。
 いやはや。
 まさかアレがあぁしてソレがあぁなるとは・・・

 てなことはさておき。
 本日は、我が愛車ダイハツ「Copen」の半年点検


 もう、5年半か。


 などと思いながら、ディーラーへ。
 時々、開口ボタンを操作しても給油口が開かない (給油口を軽く叩くと開く) という現象が発生していたので、その調整を頼んだ他は、通常通り。
 オイルやらウィンドウォッシャー液の補充、バッテリー等のチェック等々。

 特に、問題は発見されなかった。
 まだまだ乗るぜ、我が愛車よっ!!



 
24日 [最後の CG が、ちょっと惜しいのよ]

 先週からの疲れが一気に噴出したか!?
 疲労臨界で動く気しねー。

 ということで引きこもり。
 ちょうど、部屋の一角にたまった紙ごみまとめるとか、やらねばならんことはあるしな。

 引きこもり中に、突如としてピート・トラヴィス「バンテージ・ポイント」が見たくなったので、BD にて再見
 うむ。
 映画の出来がよく、しかもカーチェイスが見せ場にあるのは良い。
 とても良い。

 なお、吉田大八「桐島、部活やめるってよ」の BD は、相変わらず積んである。
 体力回復中に見る映画じゃないだろ。
 どう考えても、豪快に体力削られる映画だよ、あれ。



 
25日 [「月とにほんご」「宇宙兄弟」購入]

 会社帰りに本屋へ。
 井上純一「月とにほんご 中国嫁日本語学校日記」(アスキー/漫画)、小山宙哉「宇宙兄弟」20巻(講談社/漫画購入

 前巻に続き、よしたに「ぼく、オタリーマン。」6巻 (中経出版/漫画) は置いていなかったが、e-hon で発注してあるので問題はない。

 井上純一「月とにほんご」は、文字が多く読み応えがありそうだったので後回し。
 ちなみに、先週購入の月刊「サンデー GX」はまだ読まずに放置状態である。
 ・・・大丈夫か!?いろいろと!?

 小山宙哉「宇宙兄弟」
 三人組の話をここまで大きく引っ張るかとやや驚きつつ、おっとここからどう転がすんだろうかという部分で物語が終わった。
 うむ。
 上手い引き際だ。



 
26日 [積漫画崩し]

 井上純一「月とにほんご」(アスキー/漫画)読始

 蛇蔵/海野凪子「日本人の知らない日本語」(メディアファクトリー/漫画)もそうだったなぁ。


 ニホンゴムズカシイ!!!


 ということをいやになるくらい実感させてくれる内容。
 確かに、意識していないなぁという日本語の細かい部分は多い。
 「なんとなく」使っている細かい表現は、なるほど、慣れていない人にとっては意味不明なのだなぁ。

 細かい日本語解説文は、数回読み直して頭に落とし込むとしよう。
 実に面白い。



 
27日 [惨事発生]

 今日も本屋へ。
 よしたに「ぼく、オタリーマン。」6巻(中経出版/漫画)購入

 そのまま映画館へ。
 ・・・ぬおぉ!!
 当日券への引き換えのために列に並んだところで気がついた。
 今日、前売り券を挟んでいる、通称グリーンノート (予断だが、職場で使っているのでレッドノートである) 忘れているぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!

 後悔しながら、撤収。
 ふん。
 帰宅後、読書開始。


 ・・・えぇ!!
 よしたにさん、マジですか!!!


 と、ひどく驚く。
 すげぇなぁ。
 その決断に賞賛を。



 
28日 [来月期待する映画]

 毎月恒例、来月期待する映画。

 クエンティン・タランティーノ「ジャンゴ 繋がれざる者」
 予告編から漂う、すさまじいタランティーノ映画の迫力。
 いやぁ、今から楽しみで仕方ない。

 ポール・トーマス・アンダーソン「ザ・マスター」
 優等生の方のポール・アンダーソンの新作。(もう一人は、「バイオハザード」とか撮ってる、愛すべき B 級監督)
 サイエントロジー教の創始者、L・ロン・ハバードをモデルにした映画らしい。
 どういう切り口なのかいまいちよくわからんが、エグイ出来だと良いなぁ。

 ドリュー・ゴダード「キャビン」
 試写会で見た人からは、可能な限り情報を遮断して行けっ!といわれているので、想像の斜め上を行くホラー映画らしいってことしか知らん。
 さて、どういう仕上がりなのやら。

 ロバート・ゼメキス「フライト」
 ロバート・ゼメキス久しぶりの実写映画。航空機事故を発端にして明らかになるパイロットの闇の話らしいが、さて、どうなっていることやら。
 何年も撮ってなくて、本当に大丈夫なのかなぁ。

 ジャスティン・ディックス「エリア52」
 エリア51はもう古いですか!?時代はもはや52なんですか!?
 と、思わざるをえない題名の破壊力勝ちだろう。
 米軍の秘密研究の話らしいので、まぁ、うん。ね?

 リチャード・デ・アラグエス「CLOSER TO THE EDGE マン島 TT ライダー」
 英国マン島で繰り広げられる、二輪車公道レースの最高峰。
 それがマン島 TT レース。そのドキュメンタリってぇなら見に行くしかねぇ。

 廣木隆一「だいじょうぶ3組」
 予告編を見る限り、だいぶん“だいじょうぶじゃない”感があふれているのだが、本当に大丈夫か!?
 乙武洋匡は役者じゃないけど、私にそんな事実は意味がないぞ!?

 大友啓史「プラチナデータ」
 「るろうに剣心」「ハゲタカ」で、それなりに魅せてくれた監督ではあるが、相変わらず予告編からはひたすらに匂うんだよなぁ。
 大丈夫なのか!?

 見落としが大分ありそうだが、さて、どれほど時間があることやら・・・
 何はともあれ、来月も遊びまくるぜっ!!



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月