貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2017年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2018年
 1月   2月   3月


新日記

2018年 2月

 
11日 [更新再開?できるかな?]

 空前の忙しさと、それに伴う圧倒的な体力不足により、さすがに、更新不能に陥っていた。
 いや、やろうと思えばできたのだろうが、ちょっとね。
 優先順位の問題がね。

 ということで、えらい久しぶりに更新。

 とはいえ、昨日は壱日寝たきり状態で、本日も半日は寝ている。
 寝ながら、ダラダラと録画したTV番組や、録音したラジオ番組や、その辺にあるDVDを見る。

 なにせ、2018年開始のTV番組、ほぼ何も見られていない状態だからな。

 明日は、映画館に行けると良いなぁ。
 体力と体調が、どこまで回復するか次第だ。。。



 
12日 [「マンハント」「中二病でも恋がしたい! Take On Me」劇場にて鑑賞]

 さて。
 万全には程遠いが。
 やっちまうかっ!!!

 ということで、約弐ヶ月ぶりに映画館へ。

 ジョン・ウー「マンハント」☆☆☆
 緩い設定。緩い物語。超強引な展開っ!!!
 ジョン・ウーが低予算香港アクション映画の世界に帰ってきた!?
 ジョン・ウーなので、登場人物はベレッタ 92で武装し、弐丁拳銃が登場し、鳩が飛び、スローモーションで撃ち合う。
 そういうのが駄目な人には、ただの駄作だろうなぁ。

 石原立也「映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me」☆☆☆
 中二病(妄想)と、恋(現実)の対立という基本構図と、その答えがTVアニメ版と変わっていないのが大きな欠点。
 “ある人物に会いに行く”という物語後半の軸が、いまいち結論に大きな影響を与えていないのが、もったいない。
 いや、笑えたけどね。
 “それ以上”ではなかったな。

 時間的につながる、可能な限り軽いの弐本という目標を完遂した。
 映画の出来はともかく、久しぶりの映画館はそれだけでも満足度があったぜ。
 撤収っ!!



 
13日 [「ちはやふる」購入]

 この弐か月の映画力(エイガチカラ)補充をさぼっている間に、そういやそろそろ実写版完結編が公開じゃなかったっけか?
 という最新刊。
 末次由紀「ちはやふる」(講談社/漫画)37巻購入

 ひっぱってひっぱってひっぱった名人戦クイーン戦、東の予選準決勝がようやく完了。
 一巻冒頭って、ちはやがクイーン戦やっているんだよね。
 その意味で、ここでの運命戦は弱く感じるんだよね。(この場の演出としては正しいと思うけど)
 カットバックで始めてしまった物語の欠点といえよう。

 って、決勝早っ!!
 引っ張るだけ引っ張った準決勝に対して、決勝はこれだけかっ!!

 みごとな緩急だ。
 割り切り含めて、みごとな緩急だっ!!

 正直、内容よりも、構成の見事さが際立・・・いや、後半の大江(母)の暴走も楽しいな。
 うん。
 総じて面白い巻であった。



 
14日 [ちなみにhuluは退会済み]

 Netflixで配信していたので、久しぶりに(劇場で見ただけじゃなかろうか)西谷弘「真夏の方程式」を見る

 映画館で見ているときはさほど気にならなかったけど、最初の殺人の動機が弱いな。
 原作を読んでいるとその理由が補完されているけど、映画だと背景が出てこないからだろう。
 逆に、元刑事の殺害動機は、原作より映画の方が納得が行く。

 そして今回の見直しで気が付いたんだが、中盤まで物語の背景として重要だった海底資源採掘の話が捜査開始と同時に消えちゃうんだよね。

 ヒロインがの自然保護活動をしていますよ!で、その理由はね!という展開にはもう十分、ということなんだろうけど、それ故に「理由付けのための描写」に見えちゃうね。
 考えさせられる物語でもあるし、良くまとまっているとも思うんだけど、まとめてしまったが故に「物語のための手続」に見えちゃう部分があるのは、ちょっと残念かな。
 十分、楽しめる作品だという思いに、変わりはないんだけどね。

 「ガリレオ」シリーズは、TVドラマなり映画なり、もうやらんのかねぇ?



 
16日 [「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章」劇場にて鑑賞]

 今日はちと早めに仕事が終わった。
 今日の現場からの帰り道、途中下車すると映画館がある。
 映画館では、うむ、やっている。

 ならば、行くのみっ!!最終日、滑り込めっ!!!

 羽原信義「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第四章「天命篇」」☆☆

 出渕裕監督の偉大さを体感する97分であったといえよう。
 いろいろと雑。
 通常航海時にブリッジのローテーションを行って、登場人物の立ち位置や人員の幅を見せた演出も消滅。
 “ブリッジの会話回しこそ先頭の華”という戦闘シーンも貧弱極まる。
 こうした演出の弱さに拍車をかけるのが、なんといっても物語の雑さだろう。
 “説明のためのキャラクタを出して、説明の為に殺す”という“手続き展開”の連続。

 もう、乾いた笑いしか出てこねぇ・・・

 さすがに弐本目に突入すると終電無くなるなぁ。
 全力で脱力しながら、撤収。



 
17日 [東京湾要塞千代ヶ崎砲台跡見学]

 明治時代に作られた、東京湾要塞。
 その要塞を形成していた砲台の一つ、横須賀の千代ヶ崎砲台の見学に行く
 千代ヶ崎砲台は、ながらく自衛隊通信隊が使用していたため、設備設置の為に埋められていたのだが、その発掘調査がほぼ完了したので、公開となったそうな。

20180217 撮影:D7000「千代ヶ崎砲台 第三砲座跡」

 地上と地下で、それぞれの“濃い”解説ツアー(地上部分は前後に分かれているので、実質参本の解説ツアーといえる)が付き、地下部分を除けば解説終了後に自由に見て回れる。
 密度が濃すぎるっ!!
 面白いっ!!!

 一度頭を整理して、再度知識を補充。
 できれば猿島要塞も見学に行き(猿島要塞の11年後に作られているんだそうな)、準備を整えて、5月にまた行われる予定の次回に挑みたいっ!!



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月