貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2014年
 6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月


新日記

2015年 6月

 
 1日 [とめはねっ!]

 6月期待の映画は、明日か明後日行う。
 明日が有力かなぁ。
 昨日は映画館行っちゃってそれどころじゃなかったからねぇ・・・

 河合克敏「とめはねっ!鈴里高校書道部」14巻(小学館/漫画)購入 & 読了

 終わったか・・・
 長かったなぁ。
 長く、二年間 (作中時間) を描いたなぁ。

 勅使河原に、もうちょっと、なにか欲しかったかなぁ。とか、いくつか不満はあるものの、全体としてはとても楽しんだ。
 ん〜、縁の成長が良かった。



 
 2日 [今月期待の映画]

 今月は、色々と厳しそうなんだが、大丈夫かぁ!?
 まぁ良い。
 時間の隙間を見つけて動くぜっ!!
 さぁ、今月期待の映画だっ!!

 ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」
 リブートーなの?シリーズ新作なの?というのはよく分からんが、どっちでも良いのか。
 “荒廃した近未来でのカーアクション映画”という骨格は守っているようだが、さて?

 ダニエル・アルフレッドソン「ハイネケン誘拐の代償」
 ハイネケン社長誘拐事件をモデルにした映画・・・というが、そもそもそんな事件、まるで知らんので内容がまぁったく想像できん。
 監督も記憶に無い。
 んが。出演者アンソニー・ホプキンスっ!!!以上。

 ブラッド・バード「トゥモローランド」
 “ウォルト・ディズニー最大の謎にして最高のプロジェクト”というアオリ文句の割りに予告編がまるで面白そうじゃないなぁと思っていたら、米国ではコケたようだ。
 ・・・別の意味できたい作品なのかぁ!?

 ニック・パウエル「ザ・レジェンド」
 十字軍の騎士が中国の皇帝後継者争いに巻き込まれる、って、色々と???だが、米国の親中国路線映画の一本なのかな?
 政治的要素は横に置き、面白ければそれで良しっ!!

 三池崇史「極道大戦争」
 ゾンビ映画?ヤクザ映画?ギャグ映画?え!?ナニ!?
 という、三池崇史映画でときどきある「こりゃいったいナンだ?」という映画のようだ。
 いいねっ!!期待だねっ!!

 落合正幸「呪怨 −ザ・ファイナル−」
 あのチープさ含めて、ビデオ版が一番怖かったことは怖かった。映画も十分怖かったけどねっ!(初期のは特に)
 というシリーズ最終作らしい。
 さて、どうケリつけるんだ、あの物語に。

 是枝裕和「海街diary」
 いわずと知れた是枝裕和監督最新作。
 異母姉妹が“家族”になる物語、ということらしい。

 中村義洋「予告犯」
 オンライン上で犯行予告する「正義の犯罪者」と、それを追う警察官の話・・・なのかな?
 中村義洋かぁ。ん〜。面白かったる微妙だったりする監督だなぁ・・・

 荒木哲郎「進撃の巨人 後編〜自由の翼〜」
 不安満載の実写版公開も控える「進撃の巨人」新作映像有の再編集映画二作目。
 後篇は壁の外でのアクションになるので、前編とは大分印象が違うんじゃないかと思うが、大スクリーンで見たいには違いないので無問題っ!!

 鍋島修「弱虫ペダル Re:ROAD」
 TV アニメの劇場版・・・って、あれ、新作じゃなくて新作映像有の再編集版なのか。
 ん〜。
 あの続きを見たかったなぁ。
 え?三期を待て!?

 他にもシャルル・ビナメ「エレファント・ソング」黄瀬和哉「攻殻機動隊 新劇場版」等もあるが、それでもなんか色々と見落としがありそうな予感がする。
 ん〜。
 大丈夫か!?
 色々と!?



 
 3日 [DUNE]

 フランク・パヴィッチ「ホドロフスキーのDUNE」BD 購入

 フランク・ハーバート「デューン/砂の惑星」を原作とする映画企画が、いかに始まり、中止になり、中止になったにもかかわらず、後年に与えた影響までもを描いた映画。
 らしい。

 劇場公開時、見に行く事が出来なかったのだが、公表だったので購入を決断した。
 近いうちに見るとしよう。



 
 4日 [最近、小松左京祭りだな]

 通勤中、iPad で録音したラジオを聴いていると、電池が尽きた。
 ふむ。
 充電電池はあるが、ケーブルが無い。
 携帯電話の充電しか考えていないからなぁ。

 Kindle paperwhite を取り出す。

 しまったっ!!
 未読本が DL された状態で入っておらん。
 ん〜、懐かしい本は入っているなぁ。それで行くか。

 小松左京「果しなき流れの果に」(小説/角川)。

 恐竜同士が生存競争を繰り広げる白亜紀。大地の“ひび”の奥で鳴り続ける電話機・・・

 という冒頭から、凄まじい広がりと展開を見せる。
 今読んでも、その迫力に圧倒されるぜ。



 
 7日 [ル・マンは来週っ!]

 隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)購入

 来週に控えたル・マン24時間レース。
 そのテストデーの特集だな。

 速くても勝てない。
 強くても勝てない。
 速くて、強くて、運が無いと勝てない。
 それが耐久レース。

 ん〜。
 濃いぜ。
 普段なら二週間で読みゃいいやと気軽に構えるところだが、今週中に読まないとル・マンに間に合わないんだよな。

 とっとと読もう。



 
 8日 [BUGS LAND]

 ようやく出た(先週だが)。
 ということで、予約してあった本が iPad の Kindle アプリに降ってきた。

 原作:七月鏡一/作画:藤原芳秀「BUGS LAND」5巻(小学館/漫画)読了

 「BUGS―捕食者たちの夏―」に続くシリーズ完結作。
 物語は一応完結しているが・・・うん、すっきり全てにケリが付くというわけではないな。
 その意味で、所々「???」な部分もあるが、全体を通しては存分に楽しんだ。
 せめて最後、「虫」との戦いで一山あれば、印象が違ったかも?
 途中で「虫を使ってやろうとする人間」との戦いに移行してしまったから、それが難しいのも分かるんだがな。



 
 9日 [バッグ崩壊]

 通勤で使っているバッグの縫い目にほつれが散見されたのは先週の事であった。

 ま〜、も〜ちょっと持つだろ。

 という私の願望は呆気なく砕かれる。
 なる程、こう、力がかかるのかっ!!
 という勢いで、ほつれを起点にバッグが崩壊。

 しゃーない。
 買うか。

 と、言うことで通勤バッグ新調。
 崩壊したのは5年くらい使ったが、えらい安かったんだよなぁ。
 それと比べるとだいぶん値段は張るが、さぁて、何年持つかな?



 
10日 [本屋へ]

 月刊「日経エンタテインメント」(日経/娯楽)ゆうきまさみ「白暮のクロニクル」(小学館/漫画)が取り上げられているというのでさっそく本屋へ


 普段買わぬ雑誌は、どこに置かれているのか分からんなっ!!


 ということで、ぶーらぶーら。
 雑誌は、特に決まった場所しか行かんからなー。

 見つからぬので、結局、店員さんに聞く。


 結果、売り切れ。


 ふむ。
 探しても無いわけだ。
 さて、どうしよう。

 絶対どうしても読みたいっ!
 と言うわけではないが、売り切れと聞くと、アオられた気分で入手したくなるぞ・・・



 
11日 [けが人とか出たわけじゃない、ってのも大きい]

 帰宅すると、高松空港が霧で視程が確保できず、着陸機が上空待機になっていた。

 即座に Flightradar24 に接続。
 良い時代になったもんだ。

 ACARS での受信も面白いが、あれだと電波を取れる範囲なので、どうしても限界がある。
 コイツなら、世界中の航空機を見られるからな。

 高松空港の離陸便が欠航になる様を。
 そして、高松空港へのホールディングポイントにいた JJ415、JAL485、CAL178 が関空と伊丹空港へダイバートするまでを追跡し続けた。

 乗っている人は (乗員も乗客も) たまったもんじゃないだろう。

 が、無関係で無責任に見ているだけの人間としては、猛烈に面白い時間であった。



 
 12日 [FormulaE]

 BS と CS のテレビ朝日で放送をしている FormulaE。
 シリーズ当初は「???」という部分があったが、理解が進むにつれ「これ面白いじゃねぇかっ!」になっている。

 テレビ朝日での放送は生放送。
 解説も (初戦はともかく)、どちらかと言うと真面目なものだ。

 んが。

 先日 CS 放送は FOX Sports で録画放送しているというのを知る。
 解説が違うらしい。

 ということで、録画したFormulaE Rd9 モスクワ大会 FOX Sports 放送版を見る


 実況ピエール北川、解説が高橋二朗に土屋武士!?


 J-Sports か!?
 解説は、話し方は軽いが中身は果てしなくマニアック。
 レースそのものの映像は (たぶんまったく) 同じだが、レース前後のインタビューやらなんやらにも差分があるな。
 うん。
 これは、FOX Sports 版の方が好き物には面白いな。
 けど生放送の面白さがなぁ・・・

 結局両方見る自分の姿が見える・・・



 
14日 [あの「圧倒的に強かった」ポルシェが帰ってきたな・・・]

 昨日から今日にかけて。
 世界参大レースの一つ、ル・マン24時間耐久レースが開催された。

 と、いうことで。

 ル・マン特別体制で多くの時間をレース観戦に投入する
 CS 放送で中継していなくても、Online の Streaming 中継やらなんやらで情報を追跡できる。


 Internet 時代だ・・・


 というのはさておき。
 昨年、もう少しで優勝、というところまで届いていた TOYOTA TS040 HYBRID は、予選から一度たりとも頂点に立つことはなく無様に敗北。
 斬新過ぎるので、きっと苦労するだろうと予想されていた NISSAN GT-R LM NISMO はツーリングカーより遅いプロトカーという、記憶に無い負け方をする。

 ・・・来年までに、この差を埋められるのか!?

 それにしても東海大はやっちまったなぁ。
 続けていれば、いろいろあっただろうに。



 
15日 [グーニーズ]

 フランク・パヴィッチ「ホドロフスキーのDUNE」の BD もまだ見てないなぁ。
 などと思いながら、Hulu に接続。

 台所仕事の最中だと BD 見る方法が無いのよ。
 Hulu だと、タブレットで見られるからね。

 ・・・こうして盤が積まれて行くわけか。

 リチャード・ドナー「グーニーズ」を見る

 たぶん、20年振りくらいに見る。
 イイ感じに忘れている、というよりは「ほとんど覚えていない」が正しいな。
 所々「おーおーおー、あったった」と思い出しながら、存分に楽しむ。

 いやぁ。
 面白い映画は年数経ってからでも面白いねぇ。



 
16日 [SAM I AM!!]

 色々と思い出すことがあって、ひたすら記憶を連鎖的に思い出して行く。
 次々に。
 次々に。

 最終的に思い出す。

 そーいや、Steam で Croteam「Serious Sam」(Windows/FPS) 出てなかったっけ?

 おぉ!!
 22日までセール中で、全部入りパッケージが、文字通り特価で売っているっ!!

 早速購入。
 現在絶賛 DL 中。

 First Encounter と Second Encounter はパッケージで買ったんだけど HD 版は買ってなかったし、ちょうど良い。

 明日からは久しぶりに、FPS だなっ!!!



 
17日 [わーわーうっせぇんだよっ!bySAM]

 やっべぇ。
 久しぶりに FPS やったら面白くて仕方ネェっ!!

 とうことで、

 Croteam「SERIOUS SAM 3 BFE」(FPS/Windows)プレイ開始

 FPS 黄金期。すなわち「アマチュアだけが防御を必要とし、トリガーを引けばすべてが吹っ飛んでいた時代」(PR 文より) に連れ戻してくれる。


 ・・・ゲームの爽快感、どこ行ったぁっ!!!!


 というリアル主義の FPS が跋扈する昨今において (あれはあれで嫌いじゃないが)、いやだからこそ、この手の撃ちまくり FPS は良い。

 それにしても、
 リアル主義の FPS が始まりそうな「荒廃した原題の町並み」で、こういう馬鹿なゲームが展開するのは、いろんな意味で面白いなっ!!



 
18日 [銀の匙]

 荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」13巻(小学館/漫画)購入

 12巻は去年8月か。
 久しぶりのような気もするが、いや、週刊誌では実際久しぶりだが、月刊誌だとときどきあるなぁとか、そもそも「よつばと!」なんて、前が出たの何年前だっけ?とか、小説だと (以下略)

 ・・・まぁ良い。

 今回は、馬術部の地方予選からインターハイがほとんどか。
 農業ネタはちょいちょいと。

 それにしても八軒(父) は、すっかりお笑い担当だなっ!!



 
21日 [新日記の消失]

 ・・・あれ?
 昨日の新日記が、上がってない?
 一昨日は確かに上げられなかったのだが、昨日は上げたはず。
 原文が消失しているので再更新も不可能。

 ・・・ふむ。
 ・・・残念だ。

 原因はなんとなく分かるので、対策を考えよう。

 本日は、半分倒れながらダラダラ過ごす。
 最近、土日こんなんばかりだな。

 夕方から SUPERGT Rd3 タイ GP を見て、大いに悲しむ。

 なんてことだ。
 え?
 F1 もやってた?
 あ、録画はできてるな。
 そのうち見よう。



 
22日 [ジャジャとうしとらと]

 会社の帰りに本屋へ。
 えのあきら「ジャジャ」19巻(小学館/漫画)、藤田和日郎「うしおととら 完全版」3巻(小学館/漫画)購入

 えのあきら「ジャジャ」19巻
 “神の手を持つと言われるレストアラ”の話が、予想以上に長いな。
 次の巻で終わるのか?本当に?
 この巻では、ヒロコ登場以降、押さえ役になることが多かった青田が、「人の良さ」と「人の悪さ」と「キレ者」っぷりが出ていて、いいね。

 藤田和日郎「うしおととら 完全版」3巻
 サンデーコミック版版で全巻そろえ、その後ワイド版を全巻揃え (すまぬ、サンデーコミックはそのとき処分してしまった)、完全版をそろえている真っ最中。
 まだ読み終わっていないが、最後まで知ってるし〜と最後を読むと、まだ北海道には入らないか。
 先は長いな。
 藤田和日郎は、デビュー先の「連絡船奇譚」から好きなんだよね。
 あれも、このサイズで出んものか。



 
23日 [そして初代に繋がる物語・・・]

 Croteam「SERIOUS SAM 3 BFE」(FPS/Windows)Normal にて壱周目終了

 一匹のボス級敵なんかよりも、無数に現れる雑魚敵の方が遥かに恐ろしい。
 飽和攻撃って、本当に怖いっ!!
 このゲームバランス。紛うこと無き「SERIOUS SAM」っ!!!

 システムで問題を感じたのは一つ。
 “動作する物”を動かすとき、遠すぎても近すぎても駄目で、わりと狭い範囲でしか動かせない。
 弾丸の無限補給箇所で敵と交戦中、弾補給をしようとすると、手間取って無駄に攻撃を受けるハメになる。
 ドア開けも、鍵を入手して開けようとすると上手く行かず、「あれ?別の鍵あんの?」となった事があった。
 もうちょっと発動範囲は緩くて良かったと思う。

 もう一つは、ほぼ私の問題だな。
 ちょっと広い空間で「次どっち行け良いの?」という引っかかりがあった。
 正確には、乱戦を終えたときに、自分がどっちから来て、どっちに向かうのが正しいのかよく分からなくなった。
 マップデザイン・・・といいたいところだが、実際には、私の空間把握能力の問題だろう。

 とはいえ、十分以上に楽しんだ。
 では、弐周目。難しい謎解きに挑むか。
 「隠し要素」発見。
 「SERIOUS SAM」の高難易度謎解きは、そこにある。



 
24日 [SAM の戦いは終わらない・・・]

 Croteam「SERIOUS SAM 3 BFE」(FPS/Windows) 終わったぁ。
 さぁ弐周目・・・って、あれ?
 もう一つ、キャンペーンシナリオあるの?

 ということで、弐周目の前にこいつだな。
 Croteam「SERIOUS SAM 3 ナイルの宝石」(FPS/Windows)開始

 BFE の最後で地球は壊滅してしまうので (地球壊滅を防ぐために、過去に戻ったところで終わる。過去に戻った先の戦いが初代「SERIOUS SAM」)、時間軸的にどこだろう?

 ・・・BFE の途中か。

 ということで、戦闘続行中っ!!
 エイリアン共よ、弾丸のお届けものだっ!!



 
25日 [自作ジェット機、飛ばすの手伝ってみた]

 今年の日本 SF 大会は、「第54回日本SF大会 米魂」。
 8月に米子で開催される。

 十代の頃からなので、まぁ、いい年数参加しているわけだが (一回だけ参加できなかったんだがな)、今年、初めて、企画をやることになっている。


 映画のマニアな話をっ!!!


 と、思いはしたが、あの場所でそんなことやってもプロがいる前で自爆すること必至。
 そもそも似たような企画はある。

 ならば競合相手がいない事をやろうっ!!

 ということで、例の「メーヴェのようなもの」の企画を立てた。
 本当は PM を引っ張り出して語っていただきたかったのだが、残念ながら予定が合わずに失敗。
 「PM 不在をいいことに、お手伝いが勝手に話、勝手に記録した動画、静止画をばしばし公開する」という企画に変貌を遂げた。
 今年の「東京とびもの学会」で行った内容の拡大版になるだろう。

 もっとも、SF 大会は90分で、とびもの学会は10分だったので、拡大と言いつつまったく別物になりそうな予感しかしないがなっ!!!

 現在、そのために各種準備を開始。
 あと二ヶ月。
 二ヶ月で全部終わらせねばならぬっ!!!(油断すると、二ヶ月ってすぐなんだよなぁ)



 
26日 [「大奥」「WORKING」]

 よしながふみ「大奥」12巻(白泉社/漫画)、高津カリノ「WORKING!! Re:オーダー」(スクウェア・エニックス/漫画)購入

 よしながふみ「大奥」
 1巻冒頭から張られた伏線により、赤面疱瘡の治療法が確立した。
 一区切りかな?
 ここから、男女逆転世界そのものの回復と、幕末に向けての物語になるのだろう。
 大塩平八郎の乱等の、地方反乱がまったく描かれない (後で描かれる可能性はあるが) ので、幕藩体制の緩みが描かれていないのが、さて、今後どうなるのか。
 まだまだ楽しみにゆこう。

 高津カリノ「WORKING!! Re:オーダー」
 アニメ3期にあわせて、おまけ漫画をまとめたものだな。あと、書下ろしも有。
 いくつかは読んだことあるが、大半は読んでいないので十分に楽しめた。
 ・・・ほう。
 Web 版も紙で出すのか。



 
27日 [他にも抱えている問題多数なんだけどね・・・]

 先月末からのドタバタの一つが一区切りかな?
 ということで、明日は映画館に行けそう。

 明日は。

 今日は?
 まぁ、色々とねー。

 と思っていたら、近所でなんぞ工事やってる。
 ジェネレーターが煩い。

 この気温でなければ部屋を閉め切ってしまうのだが、そういうわけにも行かんしなぁ。
 部屋でしか出来ないことだけ片付けて、図書館に逃亡。

 ・・・図書館は、自室とは種類の異なる誘惑が多すぎて困るなっ!!



 
28日 [大惨事]

 ・・・やはりここに書いてはいけないようだ。
 諸々の事情により、本日の予定が崩壊。

 今月、結局、映画館に、行けていない。


 まーじーかーっ!!!!


 まじだ。
 残念ながら。

 なんだかなぁ。



 
29日 [SF 大会の準備進行中]

 私事において、MS-Office は、「Excel」しか使っているアプリケーションがない。
 「Word」は使う必要ないし (私事なら text エディタで十分)、画像は「Paint Shop Pro」を使っている。
 DB 構築しないから「Access」は使わん。
 「Power Point」なんて使う機会ないだろ?

 などと思っていたのだが、SF 大会の資料作るのって、「Power Point」が楽だよなぁ。
 プレゼンソフトだし。


 けど、そのためにだけに買うのはあほらしい。


 ということで、「Open Office」を Install し、資料作成開始。

 ん〜。
 所々引っかかるなぁ。
 アニメーションの入れ方とか、動画の入れ方とか・・・

 まだ時間があるからもうちょい頑張るか。
 使っていない、PC 付属の Office2007 がワンライセンスあるにはあるので、駄目ならそっちに乗り換えよう。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月