貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2012年
10月  11月  12月
2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月


新日記

2013年10月

 
 6日 [「飛べ!ダコタ」劇場にて鑑賞]

 更新再開っ!!
 昨日も映画館に行ったが(近日中にそちらもネタにする)、今日も映画館だっ!!

 油谷誠至「飛べ!ダコタ」☆☆☆
 1946年に、佐渡島の漁村に不時着した英国軍機の、村民と乗組員を描いた実話ベースの物語。
 なのだが、なんか。普通。
 可もなく不可もなく無難にまとめた映画に思えた。
 悪い映画ではないと思うけどね。



 
 7日 [そして本屋へ]

 止まっていた各種作業をボチボチ再開中。
 なのだが、おそらく水曜日の更新は出来ない。
 うん。
 事情は色々とある。

 近いうちに、その辺の穴を受けるべく、いろいろと“やるつもり”ではいる。

 今度とそのうちきたことねぇにならぬよう、なんとかせねばなぁ。
 てなことを思いつつ、本屋へ。

 ということで、松田奈緒子「重版出来!」2巻(小学館/漫画)、吾妻ひでお「失踪日記2 アル中病棟」(イースト・プレス/漫画)共に発見できず

 くそう。
 またか。

 その場で Honya Club.com 経由で注文する。
 さぁていつくるかな。



 
 8日 [ハゲタカ]

 明日は、予定通り更新不能。
 明後日も更新不能・・・ってことはないはず。
 来週も、どこかで一日くらいは更新不能になることだろう。

 てなことはさておき。

 Hulu大友啓史「ハゲタカ」観賞

 Hulu め。
 なぜ劇場版のみで、TV ドラマシリーズの配信をせん。
 これでは、各登場人物の初期配置が分からんぞっ!!

 てなことを思いつつも、まぁ、なんだ。
 ところどころ「???」と突っ込むところがあるが、それなりに楽しめるよな〜。
 NHK は、この路線のドラマはもうやらんのだろうか。
 「外事警察」も続編を匂わせていたが、さて?



 
11日 [ハルヒ再読]

 更新する気が無いわけでも、この Web を維持する気力が無くなったわけでもない。
 やりたいのだが、どうにも時間が無いだけである。

 大丈夫。
 いろいろと考えてはいるから。
 来週・・・は、間に合わないかもしれんが、再来週には以降は元に戻せる。


 はずだっ!!


 てなことはさておき。
 谷川流「涼宮ハルヒシリーズ」(角川スニーカー文庫/小説)電子版が角川合併で半額販売されていたのでまとめて購入したのは数日前
 だらだらと読み直す。

 実本は、うん、どこかに埋まっているはずだっ!!!

 最新刊が出たのが、もう二年前。
 ということで、いい感じで忘れているなぁ。

 ・・・あれ?

 孤島で殺人事件起きる (劇中劇だけど) やつって、紙の本と内容違わないか?
 孤島に「謎の第三者」を匂わせて物語が終わった記憶があったのだが?



 
12日 [久しぶりのオフ会]

 もろもろの用事を済ませ、夕方から映画レビューサイト「coco」主催のオフ会へ。
 「パシフィックリム」の「エイリアン2」ネタは、映画ファンでも気が付かない人が多いことに驚く。

 そうか。
 そうなのか。

 ジェームズ・キャメロンファン (「アバター」は面白いとは思わなかったが) だからなのかなぁ、あれに気が付くのはなぁ。

 てなことを思いつつ、「2001年宇宙の旅」やジョニー・トーについて語れる大変楽しい時間であった。
 映画戦線へは、明後日には復活できる、かなぁ?



 
13日 [ヤマト2199最終巻]

 紆余曲折あったが、出渕裕「宇宙戦艦ヤマト2199」劇場限定版 BD 7巻が我が手元に到着

 実は TV 放送版最終回の録画に失敗、劇場公開版とどこが変わっているのか (最後一話前が TV 放送時にあまりにも大きく変わっていて驚いたが) を楽しみに見るとしよう。
 とはいえ、まぁ、あの最後は、ちょっと、弱いなぁとはいう印象が変わるとは、正直、思えないわけだがな。

 ・・・いいんだ、それでも。
 久しぶり (とかいいつつ「ピングドラム」も全部 BD 購入したが) のアニメ全巻購入だ。
 楽しめるだけ楽しんでやるぜっ!!



 
14日 [YS-11 の血統]

 YS-11 の父とも呼ばれる、木村秀政。
 その門下生、四戸哲が、M-02J の設計、製造を行った。
 自転車 YS-11 は、YS-11 の設計、製造に携わった方の手による自転車。

 そう。
 M-02J と、自転車 YS-11 は、いうなれば「航空機 YS-11 の血統を引き継ぐ乗り物」なのだ。

 ということで。
 M-02J の開発にボランティアとして、お手伝いさせてもらっている現在。
 自転車 YS-11 を入手してしまった現在。

 どうしても。
 私は、この一枚が撮りたかったのである。

20131014 撮影:W90「YS-11 の血統」
20131014 撮影:W90「YS-11 の血統」

 一通り終了後、速やかに移動。
 「ロケットまつり60」に参加する。
 はやぶさの川口 PM によるおそるべきぶっちゃけトーク第参弾。

 小惑星イトカワへの着陸が語られた前回に続き、今回は帰還運用について。

 いやぁ。
 面白かった。

 遠日点を通過し、さぁ、いよいよ最終行程!!
 ということで、時間終了。
 次回に続くっ!!



 
15日 [ヤマト2199完]

 出渕裕「宇宙戦艦ヤマト2199」劇場限定版 BD 7巻開封っ!
 そのまま鑑賞開始っ!!


 やはり、最後は弱いなぁ。


 もうちょっと、風呂敷を上手くたためていればなぁ。
 それと、瀕死の重傷であるはずの守兄さん、手ェ早すぎです。
 新見情報長も泣くよっ!!(彼女が泣くのは別の原因だが)



 
16日 [水損被害発生っ!]

 昨日から本日にかけての台風の最中、その悲劇は起きた。
 運用中の Apple「iPod touch」水損っ!!

 ・・・iOS5 までにしか対応していない時代物だ。
 確かに、最近のアプリでは使えないものも少なくない。
 それでも。
 しかし。

 これまで使用してきたアプリや、アプリ扱いで入手した電子書籍が壊滅するのは痛いっ!!

 音楽祭性機能に限定すれば、iPod を保持したままなので (もう何年使ってんだか分からんが) 特に問題は無いが、アプリはなぁ。
 くっそう。
 来週の Apple の新製品発表会で、iPad だけでなく、iPod touch の新型が出ればついかっとなって買ってしまいそうな自分がいるっ!!!

 ・・・その前に、今週末まで乾かしてみて、本当に駄目になったのかどうか判断するのが先な訳だが



 
17日 [touch の変りに無印を]

 水損により使用不能になった Apple「iPod touch」の変わりにと、旧式も旧式のApple「iPod」を発掘


 ぬおぉ!?
 液晶に、ひびがっ!?


 まぁ良いか。
 いまさらこいつで動画を見るとは思えないし (携帯電話や Nexus7 の方が、液晶が大きい)、再生している曲の情報はいちおう見えるからな。
 操作も、問題なさそうだ。
 よぉし。
 では iTunes で同期とっていろいろと転送しようか。

 明日からは、iPod 現役復帰っ!!



 
18日 [HDMI を切り替えろっ!]

 HDD レコーダーと PS3 と PC と、いちいち HDMI ケーブルさしなおすのがいい加減めんどくさいっ!!

 ということで、HDMI 切替え機BUFFALO「BSAK302」購入
 3in 1out の切替え機。
 特徴は、リモコンが付いていること。

 チェンジャーをどこにおくか考えたときに、無くても、まぁどうにかなるだろうがあったらきっと便利だろう、という程度の認識で購入。
 さっそく配線を変更し、実用に持ち込む。
 結論。


 リモコン超便利っ!!!


 ・・・こうして人間は、どんどん動かなくなってゆくのだろうなぁ。
 なにはともあれ、快適性は向上した。
 うむ。

 なお、明日、明後日は WEC-Japan のため富士スピードウェイへ行く。
 そのため、明日の更新は無い。
 モバイル環境用更新システムの構築がまだ終了していないのよ。(数年前に一度作ったやつは、HTML で更新していたときの物なので、現行の PHP では使用できぬのである)



 
20日 [WEC-Japan]

 WEC-Japan 観戦のため富士スピードウェイへ
 本日の決勝は、大雨のためセーフティーカー先導で周回し、そのままレース終了。

 レースじゃないよね、これ。

 満足感を、まったく得る事が出来なかった。
 あぁ、予選日から行っておいてよかった・・・

 状況がどうあれ、決勝日は二周すればレース成立ということで、TOYOTA TS-030 7号車が今期の初優勝のあつかいとなった。
 これを優勝と言って良いのか悪いのか。
 そこからツッコミを入れたい。

20131019 撮影:D7000「TOYOTA TS030 HYBRID」
20131019 撮影:D7000「TOYOTA TS030 HYBRID」

 写真は、一応優勝となった TOYOTA TS030 HYBRID の予選中の一枚。
 昨日の予選中は、まさかこんな結果になるとは思っていなかった・・・



 
21日 [起動はしたが、さて?]

 先日の台風で水損した Apple「iPod touch」であるが室内で乾燥させた結果無事に起動するようになった


 のだが。


 タッチセンサはまったく反応しない。
 液晶表面のガラス、その内側に水滴の後が見える・・・
 こいつに反応して、指を拾っていないのか?
 理由はともあれ、現状では「使い物にならない」という意味で、何も変わってはおらん。

 ん〜。
 どうしようか。

 手元で乾燥している場所は、カメラのドライボックスか冷蔵庫だな。
 うん。
 冷蔵庫にぶち込もう。
 さらに2〜3日で、さて、どうなることやら。



 
22日 [そして本屋へ]

 先週末に発売になっていた隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)、荒川弘「銀の匙 Silver Spoon」9巻(小学館/漫画)購入

 隔週「AUTO SPORTS」
 まさにこの雑誌の発売日から始まった WEC-Japan の特集記事が悲しい。
 まさか決勝が、大雨で「SC ラン」「赤旗」を繰り返した挙句、そのまま終了という消化不良を起こすとは思わなかっただらおうからねぇ。

 荒川弘「銀の匙」
 同じく北海道を舞台にした、ゆうきまさみ「じゃじゃ馬グルーミンUP!」(小学館/漫画) は、お父さんが主人公 (息子ですな) を認めて行く過程が好きだった。
 特に、主人公の結婚話の時、信じて母親を挑発し、さらにその後息子に釘をさす下りは“大人”を感じたものである。
 こちらの父親は、どうなるのかなぁ。
 などと思っていると、お兄ちゃんが!!!お兄ちゃんがぁっ!!!
 意外すぎるぜ、お兄ちゃんっ!!!



 
23日 [iPod touch 復旧断念]

 ・・・うん。
 駄目っぽい。


 水損により動作しなくなった Apple「iPod touch」を冷蔵庫に入れ二日。
 再び充電し、動作を確認。

 電源を投入し、液晶内側の水滴は排除されている事を確認した。
 が、変わらずタッチセンサは反応しない。


 復旧を断念しよう。
 一応、ドライボックスに移動してそのまま放置はするが、直れば良いかな、程度。
 さぁて、次は iPod touch を買い換えるのを前提として、買い換えた場合に発生が予想される問題に対応可能かどうかを考えようか。

 コネクタが変わっているからな。
 カーナビとのリンクをどうするか等、考えるべき事は、有る。
 無理そうなら、そう、他の手を考えるのさっ!!



 
24日 [また本屋へ]

 本屋へ。
 注文していた小山宙哉「宇宙兄弟」22巻(講談社/漫画)、大人の科学マガジン編集部「大人の科学マガジン USB特撮カメラ」(学研教育出版/科学)購入。

 小山宙哉「宇宙兄弟」22巻
 バトラー室長が机に突っ伏する笑撃シーンであるが、その直前の台詞が、脳内で完全に立木文彦(アニメ版 CV) の声で再生されて、なおさら笑えたのはただの事実である。
 それよりも、そうですか、ここで野田指令のふじ計画もどきっすか。
 松浦晋也「われらの有人宇宙船」(裳華房/科学)の影響かねぇ。
 ピッコロではなくふじなのは。

 「大人の科学マガジン USB特撮カメラ」
 本文ももちろんだが、さて、このふろくを楽しめるのはいつかな。
 面白そうではあるが、時間を確保してからでないと、危険な気がする・・・



 
25日 [台風]

 台風の接近にともなり、速やかに帰宅。
 しかして、この時間の天候を見るに、映画館に行っても問題無かったなぁ。
 判断ミスであった。


 映画戦線への復帰は、明後日かなぁ。


 てな状況。
 帰宅後、保険の勧誘電話と戦いを繰り広げたりしたが、あまり面白い戦いにはならなかったからなぁ・・・



 
26日 [「グランド・イリュージョン」「ダイアナ」「R100」劇場にて鑑賞]

 さぁて。
 戦線に復帰するか。
 いざ行かん、映画館へっ!!

 ルイ・レテリエ「グランド・イリュージョン」☆☆
 マジシャンが現金強奪を目論む話。
 川底の金庫が見つからなかった理由は?脱出トリックの顛末は分かった。けど、なんで消えたの?
 という程度 (物語的には非常に重要な問題なんだが) の整合性も取れていない。
 何だかなぁ。
 あと、ステージマジックで CG 使うのはやめたほうが良い。

 オリバー・ヒルシュビーゲル「ダイアナ」☆☆
 ダイアナ元英皇太子妃の半生を描いた作品。
 これ、どういう視点で作品を解釈するかで大きく評価が異なると思うのだが、恐怖ストーカー女襲来という解釈を成立させない、何らかの仕掛けが必要だったのではなかろうか。
 意中の男の気を引くためならパパラッチも使うって、死亡事故が自業自得に見えちゃうぞ。(そう見えないように工夫はしてあるのだが)

 松本人志「R100」☆
 うん。
 面白くなかったってことだけは良く分かった。
 デヴィッド・フィンチャー「ゲーム」のように(わたしゃあの映画も好きじゃないけど)、突き詰められるだけ突き詰めるのかと思いきや、そこまで行けるわけでもなく、途中で言い訳にしか取れない自虐を見せられるにいたる。
 言い訳のおかげで、このつまらなさが確信犯だと判明したけどね。
 なので、「大日本人」「さや侍」とは違う評価を、この映画に捧ぐ。
 この映画は、つまらないんじゃない、面白くなかった。

 ・・・あまり評判がよくない参本なのは分かっていたのだ。
 問題ないっ!!
 それでも、久しぶりの映画館で、妙に気分は良かったよ。
 撤収っ!!



 
27日 [散歩ついでに本屋へ]

 カロリン・エックハルト「奥さまGuten Tag!」1巻(集英社/漫画)購入
 ・・・しもた、月刊「ラジオライフ」(三才ブックス/無線) 購入忘れた。

 そのうち買に行かねばなるまい。

 カロリン・エックハルト「奥さま Guten Tag!」
 Web コミック「となりのヤングジャンプ」で連載中の漫画をまとめたもの。
 独人の女性作者が書いた、独人女性と結婚した“日本人男性の物語”。
 作者は独身の独人だが、視点は日本人男性というのが面白い。

 原案:海野凪子/漫画・構成:蛇蔵「日本人の知らない日本語」や井上純弌「中国嫁日記」も異文化交流を描いた作品だが、それらとの大きな違いは、これが「お話」だという点だろう。
 Web には、もうちょっと先まで掲載されているが、それらを含めて楽しみに待とう。



 
28日 [iPod touch 配備っ!]

 苦悩の末であった。
 Apple「iPod touch」購入。

20131028 撮影:D7000「iPod touch(1)」
20131028 撮影:D7000「iPod touch(1)」

 前回と同じく64Gbyte モデル。

20131028 撮影:D7000「iPod touch(2)」
20131028 撮影:D7000「iPod touch(2)」

 ・・・あ、比較写真撮り忘れた。
 まぁ良かろう。

 従来の iPod Touch は背面が鏡面加工されていたが、今回はそうなっていない。
 見た目や手触りは、正直チープになったと思う。
 iOS7 のせいなのか新型故なのか、iTunes と接続してもバッテリー充電率が出てこないとか、悪くなった部分が良く見えるなぁ。
 明日から使い始めるので、そこでどう評価が変わるのか。

 乞うご期待っ!!!



 
29日 [iPod touch 運用開始]

 Apple「iPod touch」であるが、やはり見た目や手触りは安っぽくなっていると思う。
 金属部品て、重要だねぇ。

 重量を考えると、金属部品減らしたいのは分かるけどね。

 さて、よくなっている点だ。
 外部スピーカーの性能は明らかに向上している。
 音量上げても、音割れしないし、聞きやすくなっている。


 音楽を聴くのにとても良い。
 とは言わん。


 が、少なくとも録音したラジオ番組を聞くには十分な音質で、台所仕事しながら聞くには十分な音量が出る。
 これは良いね。

 カメラやりアプリの動作といった「音楽を聴く」以外の使い勝手はまた後日。



 
30日 [ゾンビ殲滅(ちなみにクリアは無い)]

 Apple「iPod touch」の購入済みアプリ、Limbic Software「Zombie Gunship」がアップデートされていた

 このアップデートにより、ステージが追加されたようだ。
 これは実に面白そうっ!!!
 早速新 Stage をっ!!
 と、思っていると、私の前に悲劇が降ってきた。


 旧 touch から save データは引き継がれないのかっ!!!


 ゲーム内のポイントをためて新 Stage やらゲーム内武器のアップデートやらを行うシステム (ゲーム内のポイントは、ゾンビ虐殺で貯まる) なので、最初からやり直しだ。
 新 Stage にたどり着くのは、だいぶん先になりそうだ。

 どうせなら新武器とか、武器のさらなる強化とかも出てこんものか。



 
31日 [来月期待の映画]

 先月は出来なかったが、行くぜ、来月期待の映画っ!!!

 ブライアン・ヘルゲランド「42〜世界を変えた男〜」
 黒人初のメジャーリーガーの伝記ドラマらしい。
 いまだに差別が残ると聞く米国だが、今よりもさらに過酷な差別のあった時代を描いた映画のようだ。結末の分かった話を、さてどう料理した?

 ジョシュア・マイケル・スターン「スティーブ・ジョブズ」
 すでに悪評がチラホラ聞こえているが、見てから判断すればよい。
 Apple の創業者にして、同社を追い出され、復活し、会社を立て直したジョブズの伝記物。
 ウォズニャックだました話 (知っても気にしないウォズが素敵なんだ) とか、ローマ法王にイタ電かけたとかいう話は無いんだろうねぇ。

 ポール・グリーングラス「キャプテン・フィリップス」
 ソマリア海賊人質事件で拘束され、4日後に Navy SEALs によって救出された船長の実話物。
 今月は実話ベース多いな。
 トム・ハンクス主演なんでな。

 バルタザール・コルマウクル「2ガンズ」
 DEA と軍とマフィアの現金争奪戦を描くアクションドラマのようだ。
 聞いたことがある要素のつまった映画だが、それだけに面白い場合とつまらん場合の落差が激しいぞ。この映画はどっちだ!?

 リドリー・スコット「悪の法則」
 駄作と傑作が交錯するリドリー・スコットの新作。
 今度はどっちだ!!!!

 ディーン・パリソット「REDリターンズ」
 馬鹿映画「RED」再びっ!
 ヘレン・ミレンがドレス姿で銃撃戦をするシーンが最高だった前作ほどの衝撃は無いだろう。
 とはいえ、新面子にアンソニー・ホプキンスがいるとか、なかなか楽しめそうだ。内容なんてイラネェ。単純に楽しませてくれよっ!

 リュック・ベッソン「マラヴィータ」
 ・・・で、ベッソンの引退宣言ってどうなんったんだ?
 それだけ。
 いやだって、ベッソンの映画に期待するのは無理だよ。今まで幾度だまされたか・・・

 三谷幸喜「清須会議」
 史実どおりなら、黒田官兵衛の謀略劇になるはずだが、三谷喜劇ということなので、そんな作りにはなっていないだろう。
 三谷映画は「大傑作」では無いが「そこそこ楽しい」映画を作ってきているので、それなりに安心して行けるよね。

 ディーン・フジオカ「I am ICHIHASHI 逮捕されるまで」
 ・・・タイトルが分からない。なんで英語交じり?
 というのはさておき。英国人女性殺害班として逃亡を続けた市橋達也の実録ドラマらしい。
 どういう切り口の映画なのか、よく分からないのが不安だ。

 古波津陽「JUDGE/ジャッジ」
 拘束された七人の犯罪者が、多数決による「処刑者」を決めてゆく話のようだ。コミック原作らしい。
 聞いたことの有る要素が山盛りだが、上でも書いたとおり、その手の話は面白い場合とつまらん場合の落差が激しい。この映画はどっちだ!?

 「中島みゆき「夜会 Vol.17 2/2」劇場版」キンバリー・ピアース「キャリー」(クロエ・モレッツ主演だが、正直期待するのは厳しい)等、他にもまだまだ映画はある。
 時間は極めて限られている。
 戦闘状況は、またしても劣勢。
 どこまで戦えるのか!?



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月