貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2018年
 5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2019年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月


新日記

2019年 5月

 
 2日 [今度はHDDかっ!!]

 PCのトラブルって、起きるときは集中して起きる印象がある。
 先月のPC表示周りの不具合に続き。、本日はNASのHDDにエラー発生

 とはいえ、10年近く使っているし、これまでもHDD交換は起きているので、驚くことではない。
 三月くらいから、データの退避をしようと準備をしていたのが、先月のPCトラブルで作業停止していて「クソっ!!」となっているのは事実だがな。

 なにはともあれ、RAID5はHDDの2重故障には耐えられない。
 即時復旧の必要があるな。
 エラーによると、故障は4号機か。

 交換用HDDは準備してある。物理交換するだけで、あとは自動だ。
 あ、交換用HDD、最後の壱台か。近いうちに手配しておかねば危険だな。


 ま、今すぐでなくとも大丈夫だろう。(確率的には)


 NASの電源を落として、HDD4号機を物理交換。
 再構築は、明日には終わるだろう。何もなければ、だが。(再構築中はHDDアクセスが大量発生する。そのため、必然的に、連鎖で他のHDDがイカれ、全データが失われる事故の発生する確率は通常時より上がってしまう)



 
12日 [「甲鉄城のカバネリ」鑑賞]

 「甲鉄城のカバネリ」の劇場版やってるなぁ。
 二週間限定か。
 来週金曜から日曜までの三日間で、行けるかどうか、だなぁ。

 などと思っていたら、Netflixで配信しているのを確認。


 ・・・こうして人は映画館に行かなくなるのか。


 ま、Netflixで見てから劇場に行った、瀬下寛之「BLAME!」みたいな作品もあるけどなっ!!
 ということで。

 荒木哲郎「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」鑑賞

 一番大きな物語が完結していることもあって、TVシリーズに比べると物語は薄いな。

 甲鉄城側と連合軍側の対立をもっと描いておくべきでは?とか、台詞で「保線作業」とするのではなく、映像で見せてほしいとか、後半「作戦発動から崩壊するまで」を、もうちょっと丁寧に描いたほうが面白かっただろうなぁとか、時間がないためだろうという不満は、正直あるけどね。

 とはいえ、時間の短さを活かして、アクションシーンの迫力でゴリゴリ進めるのは見事。
 最後まで楽しんでみることができた。

 あ、最大の不満は菖蒲様の登場シーンの少なさだなっ!!
 引き上げようとする侍集を留めるシーンと、甲鉄城を“出す”シーンに見せ場はあるけど、登場シーンの少なさはいかんとも・・・って、最後の「はい」が、可愛いっ!!
 許すっ!!!

 あ、映画館に見に行くかどうかは、微妙。
 時間があれば、かな。
 絶対に行くっ!!ってほどじゃなかった。



 
16日 [Kindle端末発掘]

 大規模書籍流により埋もれていたAmazon「Kindle Paperwhite」端末が無事に発掘された
 二週間ほど端末がなかったので、正直、不便だった。

 スマホなりタブレットなりだと、バックライトが目に刺さるからなのか、文字追うと目が疲れるのよね。
 漫画は、タブレットで読んでもさほど疲れないが、あれは文章が少ないからだろうなぁ。

 バッテリーは尽きる寸前なので、充電開始。

 これで、明日の通勤時間で、止まっている三方行成「トランスヒューマンガンマ線バースト童話集」(早川/小説)の続きを読めるぞ。



 
18日 [「スノーピアサー」配信にて見了]

 そーいや、この映画見ていなかったな。
 配信でシリーズもやるんだっけか?
 Netflixでポン・ジュノ「スノーピアサー」を見る

 おぉ、今見るとキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)vs.エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)だな。
 MCUでは会うシーンないけど。

 ってのはさておき。

 地球温暖化を止めるために実施した計画により氷河期に突入。
 生き延びた人類は、走り続ける列車スノー・ピアサーの中で生活していた。
 後方車両に押し込められた奴隷階級が、革命を始めるっ!

 そもそもこの線路どうやって敷設したの!?保線作業はどうやってんの!?車両の劣化は!?奴隷階級(たぶん)が、何をしているのかもよくわからない。同時に、なぜ生かされているのかもわからない。

 と、基本設定からツッコミどころ満載。

 そこはまぁ、必要な「嘘だから」と飲み込んで本編を見ると、所々に見どころはある。

 ティルダ・スウィントンの演技や、学校のシーンの尋常ではない気味の悪さ等、特に支配階級側の悪人描写は凄まじい。

 けど、全体の印象をひっくり返すほどじゃないなぁ。
 あとこの最後、実は絶望的な最後じゃね?
 作品が聖書をモチーフにしていればまだわからんでもないんだが、そういうわけでもないし。
 ん〜。
 判断に困る。制作側はどこまで考えてあの最後にしたんだろう・・・



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月