貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2016年
 2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2017年
 1月   2月   3月


新日記

2017年 2月

 
 1日 [「バイオハザード ザ・ファイナル」劇場にて鑑賞]

 会社帰りに映画館へ。
 久しぶりだな、この流れ。

 ポール・W・S・アンダーソン「バイオハザード ザ・ファイナル」☆☆☆

 銃撃!!
 爆発!!
 カーチェイス!!
 ゾンビっ!!
 他になんか必要か!?

 と言わんばかりの、頭の悪い。適当な。それ故に最高の映画。
 「それのどこが面白いんだ!?」とか聞いちゃう人からすると、ブチ切れるほどつまらんだろうな。
 オリジナルのゲームファンにとっても、色々と面白くないんじゃなかろうか。
 ホラー要素、どっかいっちゃってるし。

 あたしゃ、大笑いできて満足だよ。
 さて、明日仕事だ。
 もう壱本見られなかないが、見たら大変なことになるだろう。

 撤収。



 
 4日 [江戸城天守再現]

 本日は、東京は上野の国立博物館へ。
 狙うは、ミュージアムシアターで上映中の作品、江戸城の天守。

 最期の天守閣となった、寛永度天守のCG再現。
 木造建築物最高、とも言われる天守閣がどんなものだったのか。

 内部構造(柱や梁、屋根等)に始まり、どんな外見をしていたのか。残っている資料や、同時代の建物を例にして再現する課程をみることが出来る。

 40分ということで、ちょっと物足りないのは確かだが、面白い作品であった。
 内部装飾や部屋割りについても、知りたいところだ。
 あるいは、別の城についでも。

 鉄筋コンクリートの再現城だと、内部はまるっきり別物だから、“在りし日の姿”を再現するのはありだと思うんだよね。



 
 5日 [「機龍警察 暗黒市場」読始]

 映画館に行く予定だったのだが・・・ままならぬものよ。
 月村了衛「機龍警察 暗黒市場」(早川書房/小説)kindle版購入

 前巻「自爆条項」の実本を発見したのだが、そちらにサインがしてあった。
 サイン本が最後に買ったやつ、で、それが「暗黒市場」だと思っていたのだが、「自爆条項」の文庫版が最後に買った物だったようだ。

 安心して購入する。

 予想通り、ユーリ・オズノフ元警部の過去が描かれるようだ。
 これまでの流れを考えればそうだろう。

 特捜部が使用する機甲兵装、龍機兵と同程度の性能を有する機甲兵装がブラックマーケットで発見され・・・という物語らしい。
 まだ序盤しか読んでいないので、楽しみに読むとしよう。
 いや。
 まぁ。
 その前に。

 先週末に出た隔週「AUTO SPORTS」(三栄書房/モタースポーツ)を読むべきか!?(今日持って出なかったのよね)



 
 7日 [「双忘亭壊すべし」3巻購入]

 藤田和日郎「双忘亭壊すべし」3巻(小学館/漫画)購入&読了
 これまで藤田少年漫画で主人公は“腕っぷしの強い男”であったが(「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」全部そう)、本作ではそんなことないなぁ。
 と思っていたが、精神面での強さは歴代最強なのか!?
 という展開に。


 「(行動できなかった過去の)自分を許せ」


 は重たい台詞だが、少年漫画という事で、重さよりは「進むための力」みたいな面を前に出している印象を受けた。

 舞台は見えたように思えるので、ここから先は段階的に謎解きが始まるだろう。
 双亡亭を作った坂巻泥努とは何者なのか?
 青一は、行方不明中どこにいて、何をしていたのか?
 “通路”はどこに通じているのか?

 ばらまかれた強敵を潜り抜けながら、さぁ、全て明かされるのは何時だ!?



 
 8日 [「マグニフィセント・セブン」劇場にて鑑賞]

 「定時じゃないけど、間に合う映画の壱本くらいはありそうだぞ!」
 欲望がそうささやいた。

 「明日は通常より早いんだぞ?まともに考えれば素直に帰るべきだよ!」
理性がそう囁いた。

 欲望だけが人類を変える。

 理性ごとき、黙っておれっ!!!
 ということで映画館へ。

 アントワーン・フークア「マグニフィセント・セブン」☆☆☆
 「荒野の七人」のリメイク作にして、黒人差別もネイティブアメリカンへの差別も存在しない(それ故に、黒人やネイティブアメリカンが登場する必然性もない)ワンダフルウェスタンムービー。
 教会焼けてないじゃん!!とか、重要拠点のはずの金山防御力低っ!!とか、色々あるが、“物語が一本調子で起伏に欠ける”ということに集約される。
 だがそれ以上に、登場人物の掘り下げが足りないので感情移入出来ないのは致命的。
 せめて、なんで命を懸けて協力するのか、もうちょっと丁寧に描写しないと説得力が無いと思う。

 満足感は低いが、久しぶりの映画館は楽しかった。
 うむうむ。
 さてと。明日は早い。
 撤収っ!!



 
 9日 [映画館で観た映画のパンフレットは、基本買う。売り切れていたら、なんとかして探し出す。という生き様について]

 今日も会社帰りに映画館へ。
 さすがに映画を見られる時間ではないが、この映画館の売店時間には入っているはず。
 前回、別の映画館でポール・W・S・アンダーソン「バイオハザード:ザ・ファイナル」を見たとき、パンフレットが売り切れていて買えなかったのだが、さて?

 ・・・っと、発見。

 購入購入。
 問題はこの映画館、昨日見たアントワーン・フークア「マグニフィセント・セブン」は上映してないという事だ。
 そう、「マグニフィセント・セブン」もパンフレットが売り切れであったのである。
 今週末上映終了作品ではないようなので、週末にもう一度見た映画館に行ってみて、再入荷しているかどうかを確認するのが一歩目、かなぁ?

 それで駄目なら、通常移動範囲で、「マグニフィセント・セブン」の上映している映画館を調べねばなるまい。
 おそらく、来週末には上映終了の映画館が出てくるであろうからな。



 
12日 [祝優勝!!]

祝!
トヨタ!
WRC!!
優勝!!

 まさか復帰弐戦目にして優勝するとは。
 初戦弐位も驚いたが、弐戦目にして優勝・・・
 無論、展開に助けられた面はあるが、“上が潰れた時に前に出られる位置にいる”のもまた実力。

 いやぁ。
 興奮したぜっ!!



 
13日 [航空宇宙軍史]

 会社帰りに本屋へ。
 谷甲州「航空宇宙軍史・完全版」4巻(早川書房/小説)購入

 今回は予約注文していなかったが、早川の揃えの良い店に“あたり”を付けていたので、そこで購入した。
 今回は、「エリヌス 戒厳令」と「仮装巡洋艦バシリスク」の二冊を加筆の上、まとめたものだそうだ。

 無論、既に読んだことがあるが、これまで通り、その内容はほぼ忘却の彼方だ。

 新鮮な気持ちで読めることだろう。
 問題は、あれだ。
 つい先日まで読み進めていた月村了衛「機龍警察 暗黒市場」(早川書房/小説)も、現在止まっているということだ。


 いつ読めるかなぁ。


 完全版5巻は「終わりなき索敵」を一冊にまとめたもので4月に刊行、か。
 それまでには、読み終えられると良いなぁ・・・



 
15日 [Kindleには、未読コミックもあるんだよなぁ]

 通勤中にKindleを取り出し、さぁ、月村了衛「機龍警察 暗黒市場」(早川書房/小説)の続きを読むか
 と思っていると、なんか妙に反応が悪いなぁ・・・

 って、バッテリー切れかっ!!
 Kindle端末は、電池の持ちが良いだけに、ときどきこの手の事故が発生するなぁ。
 モバイルバッテリーは持っているが、ケーブル長の問題でKindle本体とバッテリー、両方を同時に持たねばならない。
 正直、バランス的にも重量的にもやりたくない。

 ということで、行きは読書を断念し、帰りのみ。

 現在、全体の25%を読了。
 ユーリ・オズノフ警部が冤罪でモスクワ警察を追われている、というのはこれまでも語られていたが、本作ではその過去の詳細が明かされるようだ。
 現在、警察官になった所まではたどり着いた。
 ここから何が起きるのか・・・



 
18日 [「相棒 -劇場版IV-」劇場にて鑑賞]

 ・・・あ、時間空いた。
 なんか壱本、見られるな。
 映画館へ。

 橋本一「相棒 -劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断」☆☆

 なんというか。
 適当過ぎる。
 東京都内での大規模テロを描いた作品なのだが、伏線が“観客に対する”ひっかけにしかなっていない。
 警察上層部と政治家、やってる保身策が浅すぎて薄っぺらいのは、もうあれか、このシリーズでは諦めるしかないのか。
 犯人も色々と思想を語っているけど、結局自分の信じる大義のために、少数の犠牲は当然、という考え方なので(現場警察官の無力化、警告の食中毒患者)、規模は違えど、批判している対象と同じことを自分もやっている。
 そのことに、製作者も気が付いていないのが致命的かな。

 なんだかなー。

 釈善としないが、時間切れだ。
 映画館から撤収っ!!



 
19日 [2017国内モータースポーツ始め]

 日産2017年モータースポーツ活動計画発表会を見に行く。

 先日、報道向けの発表会は別にあり、そちらは記事なっているので体制発表そのものに意外性は絶無。
 一般向けで、報道向けと違う内容が発表されたら、それはそれで問題だから当然だろう。

 発表会そのものはさておき、監督やドライバーのトークショーを満喫する。

 いやぁ。
 今年はどうなるのか、今から楽しみだっ!!

20170219 撮影:D7000「日産2017年モータースポーツ活動計画発表会」



 
20日 [「ザ・コンサルタント」劇場にて鑑賞]

 定時に上げると、電車が大混乱していた。
 うむ。
 回復するまでの間に壱本見るか。

 ということで、映画館へ。

 ギャビン・オコナー「ザ・コンサルタント」☆☆☆☆

 あまり期待せずに入ったが、なかなか面白い。
 表向きは田舎町の会計士。裏の顔は、犯罪組織の裏帳簿を取り持ちながら、ルール違反の客は冷静に始末する殺し屋の物語。
 最後が、ちょっとあっけないのが残念。
 依頼人(というか黒幕)がどうでもよくなっちゃうのは、ねぇ?

 それにしてもベン・アフレック。
 DC映画からの離脱が噂されているが、このキャラクタ、ちょっとバットマンを思い出す部分があるよね・・・

 残念ながら映画を見終わっても、駅の混乱は続いていた。
 もう壱本行くと、さすがに明日厳しそうだなぁ。
 仕方ない。
 覚悟を決めて、撤収っ!!



 
22日 [「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」「虐殺器官」劇場にて鑑賞]

 徹夜作業からの帰還。
 睡眠。

 からの映画館っ!!

 ティム・バートン「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」☆☆☆
 “こどもたち”の描写にかなりムラがあるし、怪物は、すごい恐れられている割に弱い。
 と、脚本にはけっこう問題を感じるが、“奇妙なこどもたち”の見せ方は、さすがティム・バートン。映像だけ見ている分にはそこそこ楽しめた。
 “それだけじゃ物足りない”映像でとどまっているのも、また確かなのだが・・・

 村瀬修功「虐殺器官」☆☆☆
 制作スタジオの経営破綻により、公開が1年以上伸びての公開。
 原作そのままは厳しかろう、と思っていたが、やはりかなり簡素化したな。
 あの台詞の応酬を、説明なしでやるのは難しいだろうというのは分かるが、作戦と作戦の間の描写が大幅に削られているので、分かりにくい部分が多数生まれている。
 Project Itohは三作とも、原作のダイジェスト版、って印象だなぁ。少なくともあの小説ほどの衝撃は、映画からは感じなかったな。

 もう壱本行けるが、明日は普通に仕事なので、この辺でやめておこう。
 撤収っ!!



 
25日 [「宇宙戦艦ヤマト2202 第一章」劇場にて鑑賞]

 もろもろ用事を済ませてから映画館へ。

 羽原信義「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第一章 嚆矢篇」☆☆☆

 今度は「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」「宇宙戦艦ヤマト2」のリメイク、ということで、敵は彗星帝国。
 なのだが、今回もちょこちょこ設定が変わっている。
 そもそも元を「2」にするのか「愛の戦士たち」にするのかで、かなり流れが変わりが、さて?

 という疑問はさておき。

 戦闘シーンにおける花は、艦橋での会話劇にある。
 テンポよく会話を進め、結果として何が起きるのかを“戦闘シーン”として見せる。
 これだ。

 前作では、これをかなりうまく見せていた。

 今回は、うん、これに失敗していると思う。
 古代がひとりで話で、古代が一人で支持を出して、環境要員は復唱しているだけ。
 これは盛り上がりに欠けるなぁ。

 決して出来が悪い作品ではなかったと思うのだが、前作2199を初めて見た時のような「うおぉぉぉぉぉ!!!」という興奮や、「2199の続ききたぁっ!!!」という盛り上がりは、正直、感じなかった。
 BDの購入は見送り。
 続きを見てから、全ては判断するとしよう。

 出渕監督の上手さを、こんなことで実感するとはなぁ。

 てなことを想いながら、本日は壱本で撤収っ!!



 
26日 [減光フィルタ]

 仕事帰りに、某家電量販店へ。
 ・・・店の名前に“カメラ”が入っているが、家電量販店だよなぁ。

 まぁ良い。
 生き残りのために、業種が変わるのは時々あることだ。


 食品販売会社と化した鉄道会社とか、化粧品メーカーになったヒルム会社とかなっ!!


 話を戻そう。
 いよいよ来月から、国内モタスポの現地観戦の流れが始まる。
 まだテストだが。

 ということで、撮影機材の拡充だ。
 現在の装備で、さらに流し撮りのためにシャッター速度を落とすのは不可能。

 ということで。

 Kenko「PRO ND4(W)」購入

 減光フィルタを使って、強制的に速度を落とす。
 腕の問題があるので、ND4で、2絞り減光でやめておくとしよう。

 サーキットで撮る前に、どこかで実験しようかな?



 
28日 [「大奥」14巻購入]

 よしながふみ「大奥」14巻(白泉社/漫画)購入&読了

 男女逆転江戸史物語も、いよいよ大詰め。
 男女逆転の原因となった病気に打ち勝ち、男女が、徐々に史実通りの人も登場。
 しつつも、この巻で主題となる、(NHK大河ドラマにもなった)篤姫は男。

 島津斉彬は男なので、色々と、最初の流れが面白い。
 この巻では、篤姫は江戸城の中で地盤を築き、徳川家茂との信頼関係を作り、名実ともに夫婦になるまでが描かれた。

 性別はともかく、大まかには史実通りの展開の漫画。
 ということは、徳川家茂は次巻で死亡かな?

 いよいよ、江戸時代の終わりが、近いな。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月