貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

さらに過去の日記
2018年
12月
2019年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月
2020年
 1月


新日記

2019年12月

 
 7日 [「ダイ・ハード2」配信にて鑑賞]

 レニー・ハーリン「ダイ・ハード2」を久しぶりに見直す
 廉価版DVDを持っていた記憶があるが、見たのはau videopassの配信。

 劇場で初めて見た時も「派手なだけの映画」という感想だったが、今回見ても「物語が弱く、無駄に派手な映画」と、あまり変わらない感想を持った。
 まー、そんなもんか。
 リアリズムの無さはさておき(だってアクション映画だし)、物語の展開が行き当たりばったりに感じるんだよな。
 前半でS.W.A.T.を潰滅させられているのに、最後に「警察官の意地を見せてやるぜ!!」って言いながら警察官全員集合かけるシーンは、特攻精神の発露にしか思えんし・・・

 映画館で頭空っぽにして、能天気で気楽に見るのはこれで良いのかもしれんけどな。



 
12日 [「スーパーカブ」読了]

 Kindleにてトネコーケン「スーパーカブ」6巻(角川/小説)購入
 そして読了。

 Kindle端末は、先日のセールで購入しているので(まだ受け取れていないが)、この本が、もしかすると現在使用中の「Kindle PaperWhite」(第6世代Kindle端末)で読み終える最後の本かな?
 主人公たちの、高校卒業寸前から三月いっぱいまでが描かれる。
 これにて一区切りではあるが、どうなんだろうね?


 などと思っていると、巻末でアニメ化企画進行中とな!?


 ・・・ってことは続くな。



 
13日 [「6アンダーグラウンド」見了]

 マイケル・ベイ「6アンダーグラウンド」☆☆☆☆

 Netflixにて本日より配信開始の、マイケル・ベイの新作映画。
 史上最もマイケル・ベイらしい映画らしい。
 きっと、無駄に銃撃戦して、無駄にカースタントして、無駄に爆発するに違いない。


 素晴らしい。


 期待を胸に見始める。


 見事にマイケル・ベイだ。


 無駄に銃撃戦しているっ!!!
 無駄にカースタントしているっ!!!
 無駄に爆発しているっ!!!
 無駄に死体をいじっているっ!!!
 無駄にセックスしているっ!!!


 最高だっ!!!
 これぞマイケル・ベイっ!!!

 嫌いな人には堪えられない仕上がりともいえるがなっ!!



 
15日 [「ドクター・スリープ」劇場にて鑑賞]

 今日は昼過ぎから映画館へ。

 マイク・フラナガン「ドクター・スリープ」☆☆☆

 原作小説と映画のいいとこどりした設定で作られた続編。

 ホラー映画は、“人の生気を吸うことで命を長らえる人ならざる者”とのサイキックバトル映画になった。
 インディアン(劇中表現)のモチーフと輪廻を結び付け、“ホテル呪い”という輪を生み出したキューブリックの映画の設定を生かすことができなかったのはなぜか!?
 等の、ある種の中途半端さを感じさせるのがとても残念だ。

 肝心のサイキックバトルも、“人ならざる者”はあっけなく猟銃で射殺される。
 え?そんだけで死んじゃうの?老いないってだけで強度人間とかわらねぇじゃん。
 てな具合に、細かい齟齬がつぎから次へと登場する。
 シートベルトはツッコミ待ちじゃないのか!?

 こうかくとつまらなそうだが、そこそこ楽しめる出来ではある。
 決して、つまらないわけではない。
 だが、スタンリー・キューブリックの、かの名作と比べると、かなり残念な仕上がりであることも間違いない。
 この出来では、30年後の娯楽映画の劇中でネタにされることはなかろう。

 今日は壱本で時間切れ。
 撤収。



 
20日 [「テッド・バンディ」「スター・ウォーズ」劇場にて見了]

 「今日、スターウォーズの公開日なんですっ!定時で帰って良いですか!?」
 と、上司に向かって言い放つ私も私だが「フォースと共にあらんことをっ!!」とサムズアップで許可してくれた上司も大概だと思う。

 まさか定時ダッシュできるとは思っていなかったんだよなー。

 ということで、スターウォーズの前に壱本行きましょう。

 ジョー・バーリンジャー「テッド・バンディ」☆☆☆☆
 シリアルキラーとして知られるテッド・バンディを、そうとは知らず愛してしまった女性の視点で描かれた物語。
 脚本に細かく不満はあるが、それらを押しのける演技合戦がすさまじい。
 それにしても、こいつ誰だっけ?なんか見たことあんだよなー。
 と思った脇役がハーレイ・ジョエル・オスメント。
 年はともかく、えらい横に成長したね・・・

 さぁて本命だ。

 J.J.エイブラムス「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」☆☆☆
 見ながら、バンクヒルムでつないだキャリー・フィッシャーの出演シーンの圧倒的不自然さとか、エンドア出てくるのにイウォーク出演シーンこれだけ!?とか、相変らずスターデストロイヤ脆い!!とか、登場人物の大半がモブ状態じゃねぇかっ!!とか、他にもレン騎士団って何だったんだ?とか(以下略)、そういうのを含めて「スターウォーズっぽいっ!!」という謎の感情に襲われ続ける。
 そういや前からスター・ウォーズって脚本雑だったんだよ。そうなんだよ。
 ってなことを嫌になるくらい思い出させてくれる142分であったといえるだろう。

 弐本見了。もう時間はない撤収。



 
31日 [「カツベン!」「屍人荘の殺人」劇場にて鑑賞]

 年納の映画館へ。

 周防正行「カツベン!」☆☆
 映画黎明期に活躍した活動弁士を、周防正行が描く映画。
 映画としては、はっきり言って中途半端だと思う。
 活動弁士を描きたいという気持ちはわかるが、そのために必要な足回りが弱い。
 嫌がらせしてくるヤクザが、三下以外結局どうなったのかわからないし、盗まれた人に対しても「盗まれたまま」で終わりだよね?あれだと。
 そこに興味なかったんだろうなぁと思うけど、私は、興味ないことをないがしろにすることを肯定しない。
 部分部分では笑えるんだけどね。全体としては問題多すぎ。

 木村ひさし「屍人荘の殺人」☆☆☆
 予告編では想像しなかった展開の映画だった。
 コミカルサスペンスだと思っていたら(いや、コミカルサスペンスではあるのだが)、まさかの展開だった。
 が、驚けるのは正直そこまで。
 割と多くの伏線が放置されたまま物語は、唐突に終わる。
 原作小説があるということなので、シリーズものなのか?
 それにしても、これはちょっと雑じゃないかなぁ・・・
 部分部分では笑えるんだけどね。

 って、今日は弐本ともそんな出来だなぁ。
 残念至極。

 時間的には見られるが、ま、今日はこのへんでやめておこう。
 撤収。



−過去の日記−
1999年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2000年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2001年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2002年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月  裏7月   8月  裏8月   9月  10月
11月  12月

2003年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2004年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2005年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2006年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2007年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2008年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2009年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2010年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2011年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2012年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2013年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2014年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2015年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2016年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月

2017年
 1月   2月   3月   4月   5月   6月
 7月   8月   9月  10月  11月  12月