貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

最低映画への有罪判決
第弐拾壱回「ピンチランナー」を斬る


 迷走する物語崩壊した演出学芸会のような芝居!!この三つが最低映画を構成する重要な要素だ。

 この法則に完全一致する映画を、なんの躊躇いもなく製作してくれるかくもすばらしきアイドル映画よ!!

 本編に入る前にあらかじめ宣言しておく。私は、この映画のキャラクタのどれが“モーニング娘。”とやらのメンバーなのか分からねぇ興味もねぇ

 物語を分かりやすく説明します。
 部員一名の陸上部 (なんで背部にならないのか不明) の部室が火事になって、火事になったらよく分からんけど陸上部に部員が増えるという話。
 きっと頭に電波を受信した感じなんでしょ。
 勢いついちゃって「せっかくだからこの駅伝大会にでるぜ」って話です。そうじゃなけりゃ説明がつかねぇ。物語的にほとんど練習してねぇヤツいるし

 斬りどころが多すぎる...仕方ないので、法則の順番にのっとって斬る!!


其ノ壱 迷走する脚本!!
 物語の中で、唐突に始まる説教!!
 その唐突さは NHK 教育テレビの小学生向け道徳ドラマをはるかに超えている!!そして NHK の方は露骨に狙ってる。
 混乱状況にある物語の中に、さらなる混乱を呼び覚ますべく主要キャラクタのエピソードを次々につっこむんだこれが。
 これが見事大成功!!なにが起きているんだかさえ定かではない、まさに怒濤の勢いで物語が進行する。
 残念ながら(!?)、完全電波受信系「20世紀ノスタルジア」のぶっこわれっぷりには及ばなかったがな。


其ノ弐 崩壊した演出!!
 この映画の場合、演出よりキャメラアングルの方がよほど大崩壊!!
 キャラクタ顔の寄り画基本むしろほぼ全編それしかねぇ
 バストショット?甘いです。顔オンリー。ほとんどずっと首から上のみ。フィルムがもったいねぇよ。写真撮ってスライドショーで良いじゃねぇか!!と思わざるをえん
 昨今の、特に日本映画はなんでも寄せて撮ってるけどさ。ここまでヒデェのは初めてだよ。マジで。


其ノ参 学芸会のような芝居!!
 松田聖子も裸足で逃げ出すような泣きシーンは、まぁお約束として見逃すとしても、この棒読み台詞は見のがせねぇ!!
 人数が多い分だけいつもよりも多く読んでますぅぅぅ!!

 拍車をかけるのが、其ノ壱に端を発する崩壊した脚本と、其ノ弐に端を発するぶち壊れたキャメラアングル。
 この二つから導き出されるのは、説明的すぎるくらい説明的な台詞!!

 ファンの連中ってさ対象の連中が出てればそれで OK なのか?そうじゃなけりゃ耐えられる内容じゃねぇよこの映画。

 あ〜ところで最後の駅伝大会、なんか本当の大会らしいけど、そこまでフィルムで画を撮ってたのよ。クランク回してたのよ。けどね、どうやら本当の大会にフィルムキャメラなんつーデカイものを持ち込めなかったらしく、いきなりビデオになるのよ。
 表現力がまるっきり違うものを、同じレベルの映像としてつなぐのはやめましょう。編集さん!!

戻る