貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

最低映画への有罪判決
〜復活篇〜

第七回「ノストラダムス」を斬る


 さて「のすとらだむす・まんすり〜・すぺしゃる完結編」である。
 MMRなる漫画では、11日が予言の日だとしているが真相はいかに!?
 ちなみに「のすとらだむす」的な7の月は8月14日まで。さあ、今週末が終末ですよ、みなさん!!「終末の過ごし方」はおきまりですか?いろはさ〜ん!!!!!!

 さて、この映画ですが、今までの映画とはひと味違います。普通に見ていては、そのおもしろさを満喫できないのです。
 この映画を本当に楽しみたいのであれば、まともなノストラダムス本を手元に置いて、比較していかなければなりません。
 そうすれば出てくる大ウソに大爆笑は必死!!
 残念ながら入手困難な「ノストラダムスの大予言の秘密」は、なかなか良い資料となります。入手が容易で、かつ軽い本で有名なものはやはり「トンデモ」本シリーズでしょう。さて?資料は手元にございますね?では行くぞ!!

 さて、ノストラダムスは占星術で予言を行っていました。これはノストラダムスの予言集にもかかれている、ただの事実です。ところがどっこい、この映画のノストラダムスは、夢で見たことを予言と称しています。しかも、それが白昼夢だったりします。しかも演出がナカナカうまくて(マジ)、真実を知らなければ思わず真剣に見てしまうこと必死デス。

 さて、この映画でも見せ場の一つとなっている、アンリ二世の死を予言した詩ですが。


若き獅子は一騎打ちの戦いで
老いたる獅子に勝つであろう
黄金のカゴの中にあるその両目を刺し
キズは一つとなり老いたる獅子は残酷な死を迎える


 英語で読まれているので、おそらく元ネタはヘンリー・ロバーツの創作と思われます、そしてウソ発見!!
 アンリ二世は当時40歳”老いた”という歳とはおもえない。
 ”その両目を刺し”アンリ二世が刺されたのは右目、一説には左のこめかみであるが、どっちにしろ両目を刺されたわけではない。
 (そもそも原詩には、一騎打ちの戦いなどという単語もないそうですが、こいつは自身で確認してないのでなんともいえません)

 そこら中こんなんばっか。
 ちゅうことで、みんなでウソを見つけましょう!!

 ちなみに最後は突然パルプSFになり、それはそれで笑えます。

 しまった!この映画、そんなところに気を回さなければ、見られなくはない映画になってる!!
 そ〜ゆ〜意味では最低映画ではないのかも!?

戻る