貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

最低映画への有罪判決
〜復活篇〜

第九回「モータルコンバット2」を斬る


 一ヶ月間の沈黙を破りついに帰ってきた「最低映画への有罪判決」デス。
 一部では「このままなしくずし的に連載やめるんじゃろぉ!!」などという批判も受けましたが、ご安心ください。

 「最低映画よ!!私は帰ってきたぁ!!!!!」(ガトー様ぁぁぁぁぁぁぁ)

 ちゅうことで、復帰第壱段だ!!やってやるぁ!!

 知ってる人も多いと思うが「モータルコンバット」っちゅうのは、全米大熱狂の格闘ゲームである(マジ)。

 血が噴き出し肉がさけるという残虐描写がナイスでイカしたスプラッタなゲームだ。しかも戦っているのは、どう見ても人間ではない....あえて言うのであれば、そう、バケモノだ(やっぱりマジ)

 さて、その映像化作品の第二段である。第一段を見た人は、そのすばらしいデキに感動したかもしれないが、それを遙かに越えたのが2だ!!前作比400%はカタイ完成度なのだ!!

 はじめ1分ほどで、前作のあらすじを教えてくれる。その異様な短さが、前作にはストーリーがなかったことをリアルに教えてくれて、ナカナカ愉快な気分にさせてくれる。
 その最後、超訳(シドーニー某の小説的翻訳)すると「人類は悪との戦いに勝利し、平和がおとずれた。んが、しかし、悪は滅びていなかった」。この直後、空からワラワラ敵がふってきます(マジ)。そして前作よりさらに物語ナシの映画が始まる!!(超特大マジ)
 ここから先、ほとんど全編が意味不明な格闘シーンだけで構成されていますが...すばらしいことに、いいですか、格闘ゲームの映画、ということは格闘シーンは命なハズなのに、その迫力のなさ!!
 それはそれはすばらしいほど迫力がありません。
 そして、物語は大崩壊!!(いや、たしかに最初から崩壊してたけどよ)
 「おまえに三つの試練を〜」一つの試練であとはうやむやに。
 魔界の門を封印せねば!!その方法は!?
 一生懸命、たどりつくと、ちゃらら〜ん。その方法はうっそんだっよ〜ん。

 しかも、この戦いの原因は!なんと親子喧嘩&兄弟喧嘩。それで人類絶滅の危機かい。えれぇ迷惑な話だなおい。

 もうどうでもいいやという気分にさせられること間違いなしだ!

 もうすべてが崩壊したこの映画、「ロストワールド」を超えるナイスなデキ。せっかくだから見ろ!!

戻る