貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

女と女と井戸の中
監督:サマンサ・ラング
出演:パメラ・レーブ/ミランダ・オットー/ポール・チャッブ
1997年/濠/102分/太田直子/☆☆☆☆

批評

 ほとんどモノクロにちかいくらい暗い映像が続く映画です。
 物語的にも重いし、演出的にも淡々と恐ろしい、不気味なシーンを作って行きます。
 狂気は日常の外にある、平坦な演出がそれを見事に表現しています。
 ただ、好き嫌いはかなり出るでしょう。それと、怖い映画が嫌いな人は見ない方がGood。

戻る