貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

タイタニック
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット
1997年/米/196分/戸田奈津子/☆☆☆☆

批評 恐るべき!迫力のパニックムービー

 誰もが結末の知っている物語を面白く撮るのは難しい。
 しかし“知っている事”というのは“見た事”ではない。歴史的な出来事であればなおさらだ。
 監督ジェームズ・キャメロンはそれを実に見事に突いてきた。

 物語は実にチープだ。
 豪華客船タイタニックに偶然乗り込んだ労働階級の男と、没落したとは言え貴族階級の女の恋物語。
 冒頭に沈没しているタイタニックの画を見せ、事故の生き残りの老婆を登場させ、彼女に語らせるというカットバック方式で撮っている。
 はっきり言って斬新さはない。この映画の真の楽しみ方は映像にある。

 前半戦は出港をダイナミックに画にし、その後登場人物の説明と船の説明に入る。
 この辺りは、エンターテイメントと堅実な演出の融合で、安心して見ていられる。問題はこの後。具体的に物語が動き始めてから。

 なんとかして没落を止めようと、貴族家が娘を有力貴族に差し出す。その娘はそれが嫌で嫌でしかたない。そんな中、労働階級の男と恋に落ちる。などという物語は、はっきり言って死ぬほどたくさん作られている。そしていかどキャメロンが演出をしても普通の恋愛ドラマにしか  前半の船の華麗さと、後半の迫力の映像の中で、中盤はおそろしいまでに普通の恋愛映画なのだ。
 たしかに普通の恋愛映画としての完成度は低くないが、前後が極端な映像であるが故、“普通に、ただ完成度の高い画”というのがネックになってしまったのだ。はっきりいって悲劇だ。

 後半戦。はやりここにこそキャメロンの真骨頂がある。
 氷山との接触から沈没まで、実際にかかった時間はおよそ一時間。
 この映画ではそれよりも若干大目の時間をかけて沈没するシーンを撮影しているし、リアリティーよりも映画的になるようディフォルメ (衝突後の経過時間と、船の傾きなど) されているのは、リアリティーと物語の隙間を縫う見事さ。
 この辺のシナリオの巧さは、リアリティーを履き違えている日本映画界は見習うべきだと、私は強く思う。
 “最後まで演奏を止めなかったバンド”というあまりにも有名なエピソードをバックに置き、“沈み行く豪華客船”という悲惨な映像を美しく、しかし残酷に映像化することに成功。
 最後のこの群像劇こそ、この映画で真に語られなければならない部分だと、私は思う。
 アクション映画である「ターミネーター2」でやってみせた、“人間の命の尊厳”を別の角度から画いた名シーンだと私が考えているからであるのかも知れないが。

 そうそう、最後まで見てふと冷静に考えては行けない。
 この映画の現実。それは老婆が己の青春にあった恋物語を、3時間かけて他人にぶちまける話なのだから。

戻る