貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

スライディング・ドア
監督:ピーター・ホーウィット
出演:グウィネス・パルトロウ
1997年/アメリカ/99分/

批評

 ちょっとしたきっかけで、人生が大きく変わる。
 SFでは同じみの手法を、恋愛ドラマで用いた新感覚の映画。
 若干わかりにくい部分もあるが、全体的にはしっかりまとまっており、ひじょうにおもしろい映画となっています。
 最後の部分なんですが...あれってどう受け取ったらいいのだろう?
 地下鉄に乗れなかった方は理解できるんだが、乗れた方は、やっぱり...なんだろうか?

戻る