貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

大誘拐 Rainbow Kids
監督:岡本喜八
出演:北林谷栄/風間トオル/内田勝康
1991年/日/120分/☆☆☆☆☆

批評

 日本の誇る喜劇監督、岡本喜八の本領発揮といったところでしょう。
 原作に存在する細かい説明を豪快に省き、映画ならではの説明を新たに構築。
 結果的に物語的にはどこも変わっていないけれども、全く別のおもしろさを見事に作り出しています。

 冒頭の、誘拐団の出所シーンから、おばあちゃんの誘拐まで、おばあちゃんの誘拐からおばあちゃんの誘拐団乗っ取りまで、そして警察との攻防。部分部分が明白に区切られていること、さらにキャラクタの見事な描写、さりげなく、しかしてはっきり分かるようにされた説明。
 その部分で見ても一級のエンターテイメントであること間違いなし。
 必見!!

戻る