貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

身代金
監督:ロン・ハワード
出演:メル・ギブソン/レネ・ルッソ/ゲイリー・シニーズ/ブラウリー・ノルティ/デルロイ・リンドー
1998年(1997/2/15)/米国/分//☆☆

批評 ロン・ハワード的詰めの甘さ・参

 成り金男の息子が誘拐された。
 社内の派閥闘争がらみの事件か?怨恨か?不明なまま、事件は進む。犯人からの身代金要求。姿の見えない犯人に業を煮やした男は、ついに最後の賭けに出る。

 この物語最大の欠点はどこにあるのか?
 相変わらずのロン・ハワード節。平坦でアホか!?と思わざるを得ない演出か?やたらと張られた複線が、じつはダミーばかりでテンポが悪い脚本か?
 ちがう、物語の根幹に実は最大級のミスがある。
 最初に大騒ぎしている事件の動機に付いて、結局それがなんなんだかさっぱり分からないという点だ。

 誘拐事件をテーマにしながら、その誘拐事件が“ただの誘拐事件”である以上の意味を持たなかったのだ。その割に父親は成り金で、全米でもなのしれた有名人。そういう設定にする意味はどこにある?否、犯人はなんでそんなに難易度の高そうな人間をターゲットに選んだ!?

 これに拍車をかけるのが平坦な演出だ。
 あいかわらず物語の見せ場で、だぁらだぁらヒルムを回してかったるい編集で横につなげる。結果、当然のように散漫でなにが撮りたんだか分からない駄作が出来る。
 脚本もいただけない。
 社中の敵の存在や、男の働いている不正についての描写。これらが物語の本筋にまったく関係ない。それも、話が出てきたらすぐに「関係ないんだよぉ〜ん」で終わってしまう。引っ張って観客に“ひょっとしたら”と思わせることもない。
 たしかにフェイントをかけることも必要だが、これではただ物語りのテンポが悪くなるだけだ。

 子供を誘拐し、身代金を奪う。それなら黒澤明「天国と地獄」の方が数千倍面白いとだけ伝えて置こう。

戻る