貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

PERFECT BLUE
監督:今敏
出演:岩男潤子/松本理香/辻親八
1998年/日/81分本

批評

 日本においてサイコサスペンスは成功しない。それどころか、世界的に見ても成功したサイコサスペンスは数少ない。
 しかし、この作品は違う。見事に成功をおさめた作品といえる。「普段アニメなんて」と小馬鹿にしている人にこそ見てもらいたい(むしろ普段アニメを見ている人のほうがついていけないのではないかと思える作品である)。
 権威好きな人には伝えておこうカナダの「モントリオール国際ファンタスティック」で最優秀賞を取っている。
 この作品がすごいのは、作品をアニメーションでやる意味が存在していることだ。つまり実写では絶対にできないことをやっているという強みがある。優れた点を列挙していったらきりがない。
 私が言えるのはただ一つ。見ろ。それだけだ

戻る