貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

機動戦艦ナデシコ The Prince of Darkness
監督:佐藤竜雄
出演:南央美/上田祐司/日高のり子
1998年/日本/92分/☆☆

批評

 TVの人気がキャラにたよっていただけあって、映画でいかにすべてのキャラを出すかが焦点になってます。
 つまりどういうことかと言いますと、物語がキャラを出すために成立してます。キャラを出すために成立している物語の合間に、かすかに本当の物語が存在してます。しかも演出が、すばらしく映画ではない、たんなるTV演出。
 キャラクター先行型であることと、しょせんTV人気で作られたことを考えて少々妥協。
 それでも、これじゃねぇ。という程度の完成度。

戻る