貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

キラー・コンドーム
監督:マルティン・ヴァルツ
出演:ウド・ザメール/ペーター・ローマイヤー/ゲルト・バーメリンク
/独/

批評

 あらかじめ書いておきますが、この映画は確信犯的馬鹿映画です。
 ドイツ映画なので、出演者は全員ドイツ語を話します。なのに舞台はニューヨークというあたり、すでにすごいことが分かっていただける十もおいます。
 ただ、これだけは言っておいます。おもしろいです。馬鹿が炸裂していますから、受け付けない人はいるでしょうが、私はこういう馬鹿さ加減は大好きです。
 ちなみに最後はダイハードのパロディだと思うんですが、見た方はどう思います?

戻る