貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

D坂の殺人
監督:実相寺昭雄
出演:真田広之/嶋田久作
日本

批評

 さて、実相寺の明智(乱歩?)第二作である(実は一発目の「屋根裏の散歩者」は見てない)。
 この映画では、原作の「D坂の殺人」だけではなく、「心理試験」を組み合わせることにより、物語の膨らましをはかっており、それに成功していると言えます。
 さて、「帝都物語」で嶋田のブキミさ&コワサ(ほめ言葉)を見事に引き出した実相寺が、嶋田の新たな面を引き出したとも言えます。
 そもそも、明智の登場シーンが強烈です。古本に埋もれて何もせず火のついたタバコを手にして惚けてる。
 これだけで完全に絵が完成しているんだから恐ろしい。
 さすが実相寺!というより、実相寺&嶋田!!やってくれるぜ!!という気分になります。
 そして真田の見せるアヤシイ犯人像が、うまく言えませんが世紀末的です。
 乱歩の見せるアヤシイ文学世界を、これまたアヤシク映像化しています、一見の価値あり!!

戻る