貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

39【刑法第三十九条】
監督:森田芳光
出演:鈴木京香/堤真一
1999年/日/133分/☆☆☆☆☆

批評

 見終わって思ったこと。「疲れた」
 いえ、かなり良い意味なんですけどね。2時間13分ものあいだ、ほとんど緊張感を途切れさせることなく画を作って行くあたりは森田監督のたしかな手腕を感じさせますし、法廷シーンはこれまでの日本映画にはなかったほどの迫力を出しています (このあたりはキャスティングの上手さもあるのだが)
 しかし、その反面観客にある程度(ほんとに基本的な)の精神医学の知識が求められます。裁判に用いられている心理試験の内容と、その効力を知らないと、わかりにくいかもしれない(もっとも、裁判映画であればそれはやむを得ないことのような気もしますが)。
 しかし、ここ数年、国内外を問わず見ることのなかった方向性の裁判映画で、しかも良質のものだと思う。
 必見度高し!!

戻る