貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ラッシュ/プライドと友情
監督:ロン・ハワード
出演:クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/オリヴィア・ワイルド
2013年/米/−/佐藤恵子/☆☆☆☆

批評 予想以上に面白かった

 1976年 F1 GP でのニキ・ラウダとジェームズ・ハントのライバル対決を描いた作品。

 ということになっているが、物語そのものはラウダによるカットバックで、1970年、ラウダとハントがサーキットで出会う所から始まり、1976年までが描かれる。
 あくまでも、描かれるのは 1970年代の F1 ではなく、ラウダとハントの人間ドラマだ。

 毎年20%の確率で死亡する世界に、彼らはなぜ没頭するのか。
 その世界と、この二人が、どう対峙するのか。
 世界との向き合い方が、どう異なり、その差分が、二人のサーキットでの軋轢をどう生むのか。私生活に置いて、どういう違いを生むのか。

 限られた時間の中で、丁寧にそれらは描かれる。
 ロン・ハワードなので、やや感傷的過ぎるきらいはあるが、それでも十分に、予想以上に楽しめる仕上がりであった。
 米での F1 不人気を考えると当然と言えるが、F1 知らない人でも、十分に楽しめる仕上がりなのも良い。

 さすがに、最後の F1 ジャパンでのラウダの決断はやりすぎだと思うが、それをさっぴいても、うん。
 面白かった。

戻る