貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

カノジョは嘘を愛しすぎてる
監督:小泉徳宏
出演:佐藤健/大原櫻子/三浦翔平
2013年/日/117分/☆☆☆

批評 中途半端

 天才作曲家 (プロデューサー扱い?) と、たまたま知り合った女子高生の恋物語。

 全体的に中途半端だと思う。
 その腕故にスタジオミュージシャンによる代演でデビューすることになるバンド。
 耳の良かった男は、スタジオミュージシャンと入れ替わり離脱し、裏方のプロデュースに回り、バンドは売れっ子になる。

 まずこの話が、ほぼなんの伏線にもなっていない。

 途中で出てくる高校生バンドのデビューの話との比較があるのかと思いきや、それも無い。
 売れっ子バンドの中で、後から合流した男は「疎外感を持っている」という台詞があるものの、それだけ。なんの伏線にもなっていない。

 主人公とヒロインも、途中でパパラッチされているのに、それにも懲りず、最後にまた公共の場でキスしてる。


 学習能力ゼロの馬鹿?


 ありとあらゆる伏線が中途半端に放置されるか、突っ込みどころ多数の行動で、なんだかうやむやに終局を迎えてしまう。
 なんじゃこりゃ。

 原作未了だから仕方ない?
 映画しか見とらん人間に、そんな言い訳は無意味だ。
 考慮してほしければ、冒頭に書くんだね。
 「原作未了のため中途半端です」と。

 ところで、漫画だと「聞けば分かるすごい曲」って読者の脳内で補完できるけど、実際に聞かせなきゃいけない映画だと、いろいろと難しいねぇ・・・

戻る