貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

イントゥ・ザ・ストーム
監督:スティーヴン・クエイル
出演:リチャード・アーミティッジ/サラ・ウェイン・キャリーズ/ジェレミー・サンプター
2014年/アメリカ/89分/アンゼたかし/☆☆☆

批評 映像は面白い

 撮影失敗を繰り返し、スポンサーに逃げられる寸前の竜巻チェイサー。
 親子関係が微妙な、高校教師の父親とその二人の息子。
 を軸に、史上最大規模の竜巻が襲った街を描いた作品。

 竜巻追跡と言うと、ヤン・デ・ボン「ツイスター」が思い出されるが、困った。
 竜巻追跡映画だったのと、ドライビングシアターのシーンで、スタンリー・クブリック「シャイニング」が上映されていた以外、なんの記憶も無いので比較不可能だ。

 などと見る前は思っていたのだが、なんの問題もない。
 本作に置いても「すっげぇ竜巻で町がぶっ壊れる」という他に、物語は特に無い。
 記憶に残るのは、POV (Point of View Shot : 一人称視点カメラ) を駆使したモキュメンタリ (擬似ドキュメンタリ) 方式で撮られた竜巻映画だという事だけだ。

 いやぁ、
 それにしても VFX は凄かった。
 悲しいかな、VFX がすごいだけの映画は、数年で「VFX だけの映画」によって駆逐されるんだけどね。
 技術進歩ってのはそういうもんだ。

戻る