貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海
監督:加戸誉夫
出演:菅生隆之/小野大輔/桑島法子
2014年/日本/131分/☆☆

批評 新作劇場版は大丈夫だろうね?

 いきなりメ二号作戦から始める構成は、完全なる「一元様お断り」仕様。

 前編にわたりこんなんである。

 シリーズファン以外見ないのが前提のスパルタな構成だ。
 結果、重要なシーンでも容赦なく吹き飛ばされ、要約に要約を重ねた映画が完成した。
 二時間しかないから仕方ない?
 七色星団戦は (具体的な戦闘シーンは) ほぼノーカットというあたりに、かなりいびつさを感じる。
 なんだかなぁ。

 さらに、地球に戻る最中の物語が次のオリジナル映画「星巡る方舟」で描かれる、ということで、本作ではイスカンダル出発直後にいきなり物語が終わる。

 ファン向けダイジェストバージョンとしてはありだと思うけど、独立した映画としてはありえない構成だと思う。
 他にも色々とあるが。
 ファン向け以上ではないし、ファンの私としても、この構成には問題を感じるなぁ。
 私は、基本的に、映画は見た人間をファンにするための物だと思っているからな。

戻る