貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ワイルド・スピード EURO MISSION
監督:ジャスティン・リン
出演:ヴィン・ディーゼル/ポール・ウォーカー/ドウェイン・ジョンソン
2013年/米/130分//☆☆☆☆

批評 なんでも車で解決すれば良いじゃないっ!

 馬鹿炸裂映画第六弾。
 X (第二弾)、 X3 (第三弾) の出来が破壊的だったためにやや辛口になっていたワイルドスピードの第六弾。
 パンフレットによると、4-6 の三本は「まとめて計画された作品」だったとのこと。
 なるほど。

 だからこれがこうなって、あれがあぁなったのか。


 と、納得させられる見事な脚本。


 ・・・なんてことはありえない。
 何でもかんでもカーチェイスで解決する馬鹿を突き詰めた脚本は健在。

 「いやそれ物理的におかしいだろ」

 などというなかれ。
 という、実に豪快で、豪快さ以外にはなにもない馬鹿っぷり。

 馬鹿になって楽しめっ!!
 ノれなきゃあきらめろっ!!

 という仕上がりだ。
 いやぁ、登場人物が正義とか主義とか人権とかに悩まないってのは良い。
 アクション映画ってのはそういうもんだと思うが、最近はやたらと悩みたがっていけねぇ。
 悩んでリズムが悪くなるくらいなら、最初から悩まないってぇ方がはるかに良い。

 なお、お決まりというかなんというか。
 「これで丸く収まった」みたいな最後だが、「次も作るぜっ!」というオチがある。
 しかもこれ、ステイサムだよね。
 「ワイルドスピード」vs「トランスポーター」!?

戻る