貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

聖☆おにいさん
監督:高雄統子
出演:森山未來/星野源/鈴木れい子
2013年/日/90分/☆☆

批評 つまらなくはないが、だいぶん物足りない

 世紀末を無事に乗り切ったブッダとイエスが地上でバカンス。
 バカンス先は現代の東京は立川の安アパート!
 という日常ゆるふわギャグコミックの映像化。

 決してつまらない作品だとは思わないのだが、大きな欠点が二つあると思う。

 一つは、宗教ネタがほとんど出てこないため、イエスとブッダでなくてもこれ成立するんじゃね?
 主夫物でも、ほぼ同じ内容の映画作れそうな気がするんだが?
 という疑念が付きまとうことだろう。
 映画で宗教イジリは危険だという判断なのかもしれないが、だとするとこれを映像化する意味が薄いのではなかろうか。

 もう一つは、作品が「一つの大きな物語」ではなく、連作短編映画のように「一つのエピソード」を多数組み合わせる方式で作られていること。
 そのため (画作りという理由も少なからずあるが)、NHK でやっているような 5min〜10min のショートアニメのシリーズでやった方が、より適した形式に感じてしまう。

 映画オリジナルの展開を含め、いろいろとやっているのはわかるし、そうつまらないものでもないのだが、「映画見たっ!」という満足感は、ほとんど得られぬものであった。

戻る