貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

LOOPER/ルーパー
監督:ライアン・ジョンソン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ブルース・ウィリス/エミリー・ブラント
2012年/米/118分/松浦美奈/☆☆

批評 いいのかこれで!?

 始末屋の次のターゲットは、時間移動してきた、30年後の自分。

 タイムトラベル物における定番、親殺しのジレンマは、量子論的解釈によって回避可能になっている。
 なので、その矛盾については忘れよう。

 しかし、台詞で語った、作品の基本設定を無視するのはいただけない。
 未来世界では追跡能力の向上によって殺人を犯すとばれるので、過去に送って殺すのだという。
 なのに、犯罪組織は未来で殺人を行っている。
 しかもそれが主人公の行動原因となる有様。

 ・・・いいのかそれで。
 (そもそも、追跡能力の向上で、不自然な失踪がばれない理由が解らんのだが)

 未来の自分との接触により、過去が改変された場合、その改変にしたがって未来の自分の記憶もアップデートされるのだという。
 「オーロラの彼方へ」でも、似たような設定使っていたなぁと思っていると、オチの部分で「自分が気がついたことが、未来の自分に反映されない」という自体を目の当たりにする事になる。

 ・・・いいのかそれで。

 全編通して、そういう部分が多すぎる。
 もうちょっと考えて、脚本を仕上げるべきだったのではなかろうか。
 台詞と矛盾している映像を直すのは、その後で良い。

戻る