貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ジャッジ・ドレッド
監督:ピート・トラヴィス
出演:カール・アーバン/レナ・ヘディ/オリヴィア・サールビー
2012年/英・南阿/95分/岡田壯平/☆

批評 いいのかこれは!?

 「悪人が潜む建物に、正義が乗り込んで皆殺しにする」という基本構成は、確かに古今東西いろいろな作品がある。
 しかし、それでも、それにしても、あまりにも、ギャレス・エヴァンス「ザ・レイド」に似ている。
 あまりにも似ている。
 不自然なまでに似ている。

 犯罪者が攻撃を始めるときの演説内容であるとか、建物の吹き抜け構造を活かしたアクションシーンの組み立てとか、もはや心配になるほど似ている。

 無論違う部分もある。
 銃撃戦が主軸だとか、裏切り者の登場のさせ方とか、細かい部分では違う場所もある。
 けど受ける印象は逃れようが無く同じ映画。

 もしかすると、「ザ・レイド」にもそっくりな元ネタがあって、お互い同じ作品をパクったのかもしれないが、それにしても、なぁ?

 似ている事さえ気にしなけば十分に面白いのも確かだ。
 けどまぁ。
 ここまで似ていると、似ていることが気になって、のめりこんでは楽しめなかったのも事実であった。

戻る