貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ダイ・ハード/ラスト・デイ
監督:ジョン・ムーア
出演:ブルース・ウィリス/セバスチャン・コッホ/ラシャ・ブコヴィッチ
2012年/米/98分/戸田奈津子/☆☆

批評 グランドセフトオート(mild版)ってタイトルに変えると良いかも

 不仲の息子ジャック・マクレーンがロシアで捕まって裁判で終身刑になりそうだというので、せめて裁判だけでも見ておくかと思ったのかせめて面接しておくかと思ったのかジョン・マクレーンがロシアに来ると、毎度のようにトラブルに巻き込まれるという話。

 こいつ高所恐怖症じゃなかったっけ?とか、最初のころは、知力を駆使して強大な敵に立ち向かう描写があったんだが、気がつくと力任せに皆殺ししかしてねぇなぁとか。(台詞でも、考えなしに突撃してばっかりと言われる)
 敵も見方も登場人物の頭が恐ろしく悪いなぁとか。


 全体的に、ただの B 級アクション映画ってことだな。


 セガールとか、ヴァンダムとか、スナイプス主演の乱発作品と同じレベルの映画だ。
 そう思えば、まぁ、もしかしたら楽しめるかも。
 ・・・それにしちゃ、主人公が愚痴っぽすぎるかなぁ。

戻る