貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ペントハウス
監督:ブレット・ラトナー
出演:ベン・スティラー/エディ・マーフィ/ケイシー・アフレック
2011年/韓/104分/松浦美奈/☆☆☆

批評 何も考えずに通り一遍を薄くなら笑える=TVで十分

 預けていた年金を取り戻すっ!
 解雇された男が、収賄で逮捕された男の部屋に隠されている金を、自らの手に取り戻す話。

 騙された男たちによる窃盗劇をコミカルに描いた作品なのだが、正直、通り一遍しか笑えない。
 解雇された男を筆頭に、犯行に手を出すメンバーが数人出てくるが、「盗みを働く」と言い出した主人公と、金庫空けの技術を持ったオバチャン以外は、完全ににぎやかしキャラで、どうでも良い存在になっているのが最大の理由だろう。

 ただのにぎやかしキャラなので、途中で「再就職決まったから足抜けする」と宣言されようが、「あいつ、予定外の行動とりやがって」といわれようが、物語になんの影響も与えられない。
 「必殺の、唯一つの能力」を持っていないから、いなくなっても計画変更する必要が無いからだ。

 この手の映画は、弱者が勝つに決まっている。
 問題は、勝利へ、どうたどり着くか。
 組まれた計画が、しかしちょっとした誤算でうまく行かず、失敗しそうになるが、登場人物の「能力」が、計画とは別の場所で別の役立ち方をして、あれよれよという間に最後に帳尻が会う。

 王道ではあるが、それが欲しかった。

戻る