貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

おかえり、はやぶさ
監督:本木克英
出演:藤原竜也/杏/三浦友和
2012年/日/114分/☆

批評 予想通りではある

 工学実験機「はやぶさ」を取り扱った映画、現状判明している最後の一本。

 究極的に言って、この映画はなにを言いたいのだろう?
 主人公を軸とした中途半端な人間ドラマが、ありとあらゆる意味で脚本の緩さを生み出していると思う。
 主人公自身が抱える、父親との確執という家族物語?
 職場の同僚が抱える、妻が病気という家族物語?
 最後に突然出てくる、主人公の恋愛物語?
 失敗に終わった火星探査機「のぞみ」に始まって、現在なお実験の続く「イカロス」までの宇宙研の物語?

 多くの要素をいれ、いろいろな解説を入れているのは分かるし、分かりやすく、分かりやすく、分かりやすく説明を入れているのもよく分かる。
 けど、だからといって、軸のぶれた脚本を肯定する理由にはならんよ。

 「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」「はやぶさ」「はやぶさ、遥かなる帰還」「おかえり、はやぶさ」。
 プラネタリウム映画の「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」は脇においておいて (学習目的のプラネタリウム映画としては秀逸な出来だが、劇映画としては問題が多すぎる)、劇映画として作られた後ろの三本は、公開が後ろに行くほど出来が悪くなってゆくという、予想されていた通りの惨事となった。
 なぜ、製作時間に余裕があったはずの脚本のほうが、出来が悪くなって行くのだろうか。

戻る