貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

Black & White/ブラック & ホワイト
監督:マックG
出演:リース・ウィザースプーン/クリス・パイン/トム・ハーディ
2012年/米/98分/戸田奈津子/☆☆☆

批評 キャラクタ描写にもっと熱を入れていれば

 CIA でタッグを組む現場工作員二人が、一人の女性争奪戦をおっぱじめた。
 自らの持つ特殊技能を駆使し、先に心を射止めるのはどっちだ!?

 シチュエーションコメディとして、個々のシチュエーションだけ見ている分には面白いが、登場人物の描写が弱いので物語全部を通すと「弱い」と感じた。

 たとえば、CAI の装備を使って、ヒロインを盗聴し、行動追跡する。
 最初は何も知らない同僚に「必要な調査だ」という話をしているが、どう考えても、途中でそれがただの「工作員による彼女争奪戦」であることはばれている。
 では、それに協力している (台詞が一瞬あるがバリバリの違法行為である) 同僚を、もっとしっかり描写しておくべきではなかろうか。
 「調査だ」と思っていたら、身内のそうとうばかばかしい戦いで、それ故に「異邦も何も知ったことか」と悪ノリしてしまう流れを作っておくべきだ。
 そうすれば「これはイギリスの侵略だ」という台詞が活きたし、先にヒロインと「寝られてしまった」時の「見ないほうが良い」という台詞 (と、反撃) が面白くなったと思う。
 ヒロインに悪知恵を仕込む友人の描写は厚みがあるだけにもったいないね。

 それと、「ヒロイン争奪戦」という大枠が無いと成立しない映画では有るが、それでも、ヒロインの魅力は、脚本レベルでもっとしっかり描いておいて欲しかった。
 同じように、ヒロインがなし崩し的に二股かけることになる男二人の魅力もしっかり描いて欲しかった。あれだけ見てると、ただの馬鹿だもの。
 すべてにおいて、登場人物の描写が弱いのが祟っているとしか思えない。

 もっとも、この程度の映画を、この規模で大真面目に作ってしまうハリウッドの恐ろしさはよく分かったけどね。

戻る