貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

はやぶさ 遥かなる帰還
監督:瀧本智行
出演:渡辺謙/江口洋介/夏川結衣
2012年/日/136分/☆☆☆

批評 東映

 全員しかめっ面で話は進み、苦労に苦労を重ね、苦行の末にようやく栄光を掴み取る。
 その栄光も、ささやかな話でさらりと観客に見せるのみ。


 さすが東映。
 これぞ東映。


 という内容。

 いちばん端的にこの映画の欠点を物語っているのは、軸となる女性記者の台詞に集約されている。
 彼女は、現場を見て「皆さんとっても楽しそう」と口にしている。


 しかし、いったいこの現場で、誰が楽しそうに見える?


 PM は、ほとんど誰かに相談することなく独断的に物事を決定するスーパーマンで、眉間にしわを寄せ、あらゆる反論を封じ、あらゆる責任を一人で背負っている。
 NEC の社員は、この PM と会社からの突き上げでキリキリ舞。
 イオンエンジン担当者は、風見鶏のように、場合によって態度が違う有様。
 他の担当者は、影が薄くて姿が見えない。(姿勢制御系と航法担当は一応見えるか)

 帰還カプセルの取材シーンくらいじゃないか、楽しそうな研究者が出てくるのは。

 サブエピソードどなっている、新聞記者の家族物語も、やりたいことは分かるがはっきり言って、上手く行っているとは言いがたい。

 群像劇としても中途半端、人間ドラマとしても中途半端、家族の物語としても中途半端。
 全体的に、中途半端な内容の、中途半端な映画だと思う。

 まさに、東映。

戻る