貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

エクスペンダブルズ2
監督:サイモン・ウェスト
出演:シルヴェスター・スタローン/ジェイソン・ステイサム/ジェット・リー
2012年/米/102分/林完治/☆☆☆☆

批評 馬鹿炸裂っ!!

 馬鹿映画、再びっ!!
 そうそう、80年代くらいの筋肉馬鹿アクションってこんなだったっ!!

 というシリーズ第二段。
 はっきりいって、時代遅れのアクションスターを揃え、好き放題敵を皆殺しにする。
 敵は敵なのだ。
 味方は味方なのだ。


 そこになんの問題があるのだ!?


 敵の弾は必要最低限しか当たらないのだ。
 味方の弾は必殺必中なのだ。


 そこになんの問題があるのだ!?


 自分達の代表作をギャグに盛り込むやりたい放題っぷりも健在。
 本当に、本当に、本当に酷い。


 だが、それが良いっ!!


 ところで字幕版翻訳。
 冒頭の戦闘シーンに出てくる台詞はもうちょっとどうにかならんかったものか。
 シュワルツェネッガーに「溶鉱炉に叩き込んで殺すぞ」という台詞。「殺すぞ」は、"Kill" ではなく、わざわざ "Terminat" と使っている。
 思わず吹きだすこの台詞があるからこそ、最後の戦闘シーンで「I'll be back」に対するツッコミも活きるというものなのに。
 惜しい。
 惜しいぞっ!!

戻る