貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

ダークナイト ライジング
監督:クリストファー・ノーラン
出演:クリスチャン・ベイル/マイケル・ケイン/ゲイリー・オールドマン
2012年/米/164分/アンゼたかし/☆☆☆

批評 やりたい事は分かるのだが

 「バットマン ビギンズ」に始まるノーラン版バットマン三部作完結編。
 善悪を問うた、あの衝撃の「ダークナイト」の先に、何を見せてくれるのか。

 と、思って劇場に行くと、肩透かしを食らうことになる。

 「ダークナイト」の続編ではなく、「ビギンズ」の続編というのがまず一点。
 本作で描かれる、「街を封鎖して脅迫」は「ダークナイト」でやっちゃったよね?という問題もあるが、それ以上に、あそこまでやって結局殴りあいで解決なのかよ、という問題も生じた。
 もっともこれは、シリーズとしての問題でもあって、単体の問題とは言いがたいかもしれん。

 作品単体の問題は、「主人公、ブルースウェインの人間的変化」を描くことに集中したせいなのか、全体の展開がひっちゃかめっちゃかなことになっていることの方が大きい。

 それで人間的変化が丁寧に描かれていれば、まだ救いはあったが、結果そこも破綻している。
 レイチェルを喪った悲しみで悲嘆にくれていたはずのブルースは、なんでこうもあっけなく他の女性と良い感じになっちゃうの?まともに歩けないほどの怪我を負っていたのに、カイロプラクティクス(?)であっけなく歩けるようになる理由は?直登せず、わざわざジャンプして脱出する理由は?等々。
 最後に結局市民は立ち上がらず、警察だけが戦っているのも弱い。「ウェインの希望は叶いませんでした」になっちゃってるから。

 他にも幾多の細かい欠点がある。
 一つの大きな欠点ではなく、細かい幾多の欠点が物語の完成度を大きく損なった、とでも言おうか。
 物語で画きたいことは分かるが、そのためにの手段を大きく間違ったなというのが正直な感想だ。

戻る