貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る
監督:高橋栄樹
出演:AKB48//
2011年/日/121分/☆☆☆☆

批評 前作よりも、かなり楽しんだ

 昨年に続く、AKB48 ドキュメンタリ映画第二弾。

 前作が、「メンバー個人のインタビューを軸に、2010年一年間の活動を追う」という内容だったのに対し、本作では「2011年の活動を軸に、メンバー個人のインタビューが補足する」という構成になっている。
 メンバー個人を把握していない私のような人間には、より分かりやすい。

 とはいえ、「一年間を時系列で組み立てる」というスタンダードな構成は、二つの大きな欠点を産んでいる。

 一つは、映画としてのピークが分散していること。
 震災と AKB48、海外公演、選抜選挙 (という名前の人気投票) や西武ドームコンサート。
 レコ大、紅白歌合戦はエピローグになっているが、少なくとも三つが大きな柱になってしまっている。
 メインは、おそらく西武ドームなのだろうが、インタビューの主軸は震災と選挙。

 これは、正直80分くらいの、二本の映画に分割した方がまとまったんじゃなかろうか。

 また、時間が無くなったことと相まってか、西武ドームでのコンサートは見せ方もうまく行っていない。
 初日に「最低のコンサートだった」とプロデューサーに言われ、それを自覚していたメンバーが、二日目に備えて (作中では二日目のように描写されているが、どうも二日目と三日目を組み合わせて構成しているようだ。意図的にミスリードさせているもの思われる) 立て直す。

 裏の混乱ばかりが描写されるが、駄目だった面がほとんど出てこない。
 裏でも十分駄目っっぷりが伝わってくるのだが、ここはクロスカットで「表も裏も」見せてくれれば、立て直した後がもっと面白かったのではなかろうか。
 時間だけじゃなくて、「コンサートのソフト買え」という商業的な理由もあるのかもしれぬがな。

 もう一つの欠点は、必然的に「一年間追いかけていたファン」からすれば、「知っているよ」という内容がほとんどになっている可能性が高いことだ。
 これは、すごく残念。
 このタイトル、予想される内容じゃ、私のような一部の例外を除き、ファン以外は劇場に来ないだろうからな。

 かくいう私も、プロデューサーが前作の岩井俊二では無くなったので、はっきり言って興味は消失していた。
 しかし、熱狂的 AKB48 ファンから前売り券を500円で購入していたので映画館に突入した次第。
 正直、拾い物であった。
 これがあるから、映画鑑賞はやめられない。

戻る