貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

アンストッパブル
監督:トニー・スコット
出演:デンゼル・ワシントン/クリス・パイン/ロザリオ・ドーソン
2010年/米/99分/林完治/☆☆☆☆

批評 怒濤の定番攻撃っ!!

 無人のまま暴走する貨物列車。
 あらゆる停止作戦が無に回する中、ベテラン運転士が会社の命令を無視し、列車停止に挑むっ!

 あまり量は作られない、暴走列車物映画の、ありとあらゆるパターンをこれでもかと並べた力作。
 ベテランと新人のバディという主人公二人はもちろんだが、待避線にギリギリで避難する、会社と管制部の対立、ど派手に失敗する「大規模作戦」、反対される主人公の作戦等々・・・
 定番は、意外性こそ無いが、定番であることに寄る絶対的な安定感がある。

 定番であることはもちろんだが、現実の事故をモデルにしていることもあり、どうせ最後は分かってんだろ!?という開き直りもあって、その場その場の勢いを重視した脚本や演出も素晴らしい。
 そしてなによりも「暴走する列車こそ主人公」という姿勢が徹底していることだろう。

 短い時間で「これでもか」という勢いで定番を突き進む。

 最後が、映像的にちょっとあっけないのが欠点ではあるのだが、そこまでで十分楽しませてくれる映画であった。

戻る