貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

SUPER 8/スーパーエイト
監督:J・J・エイブラムス
出演:ジョエル・コートニー/エル・ファニング/カイル・チャンドラー
2011年/米/111分/岸田恵子/☆☆☆

批評 もやっとした・・・

 親に反対されながらも8ミリ映画を取る14歳の少年少女の物語。
 撮影中に偶然遭遇した貨物列車転覆脱線事故。
 はたしてその列車は何を積んでいたのか。
 彼らは、何を撮ってしまったのか・・・

 スピルバーグが大好きなのは分かったが、果てしなく物語規模が広がって行くスピルバーグに比べると、小さい範囲で綺麗にまとめた感が強い。
 おかげで、田舎町から宇宙につながる道が、田舎町から田舎町の中でぐるぐる回ってそのまま終わってしまう。

 しかも、無関係な人間を殺害し、町を大きく破壊行為を働いた“それ”に関しては、子供を心を通わせて、なんか妙に良い話で締めくくってしまうのも、何かしっくりこない。

 つまらない訳じゃない。
 だが、ハリウッドらしい派手さと、スピルバーグの過去作品のような懐古的雰囲気がすんなりかみ合わず、とどめになにかしっくりこない結末が、素直に「面白い」とは言えない原因だろう。

戻る