貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

パラノーマル・アクティビティ2
監督:トッド・ウィリアムズ
出演:ケイティー・フェザーストン/スプレイグ・グレイデン/ブライアン・ボーランド
2010年/米/91分/松浦美奈/☆☆☆

批評 アトラクション映画

 低予算インディーズムービーの「1」から、プロ製作になって予算増額の続編。
 予算が増えたため、“監視カメラに写った怪奇現象”というコンセプトはそのままに、カメラは増大。
 ハンディカムの監視カメラ転用だった「1」とは違い、ハンディカムの上に、専用監視カメラで家中を監視という豪華な内容になった。

 が。

 ある意味、それだけでもある。
 ドア一枚で持たせた前作にくらべると、家中に広がった本作のほうがいろいろな仕掛けがあるものの、基本的に「1」から怖がらせ方は変わっていない。

 相変わらずの「びっくり箱」。
 タイミングはうまいので、映像に没入できる劇場であれば、アトラクション的な面白さを味わえるだろう。
 しかし、残念ながらそれで終わりだとも思う。

 「呪怨」もだが、こういう作品は一発で終わりにした方が良いのかもしれんね。

戻る