貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

忍たま乱太郎
監督:三池崇史
出演:加藤清史郎/林遼威/木村風太
2011年/日/100分/☆☆☆☆

批評 やってくれるぜ三池崇史

 NHK の人気アニメ (原作がどの程度の人気なのかは知らない) が、まさかの実写映画化。
 しかも監督は三池崇史っ!!

 乗れるか乗れないか。
 悪のりに乗れなかった人は完全に蚊帳の外。

 それが三池崇史の映画だ。

 わざとやっているとしか思えない寒いギャグ、無理矢理な展開、そしてやたらと豪華な脇役陣っ!!

 正直、登場人物の多さと、それに伴うエピソードの多さ故に、物語は散漫。
 演出的にも、突然ミュージカルが始まるなど、意図的にやっているとしか思えないとっちらかりっぷり。


 なんじゃこりゃ!?


 と、見ながら頭を抱えつつも、ノレさえすれば大笑い。ソレないと、さぞかし寒い映画だと思う事だろう。
 肝心な、子供はこれで楽しめるのか!?という部分だが、画面に集中しながら大笑いしている子供を劇場で見た。
 大丈夫らしい。

 行けるか、パート2。
 見に行くぞ、この出来ならっ!!

戻る