貴殿は
1999年5月2日以来
Counter
人目の挑戦者だ

表  紙

更新履歴

新 日 記

全映画批評

映画批評・壱
2015年版
2014年  2013年
2012年  2011年
2010年  2009年
2008年  2007年
2006年  2005年
2004年  2003年
2002年  2001年
2000年  1999年

映画批評・弐

最低映画への
有罪判決

その小屋
どうだった?

徒 然 草

掲 示 板

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 黄金のスパイ大作戦
監督:増井壮一
出演:矢島晶子/ならはしみき/藤原啓治
2011年/日/107分/☆☆

批評 原恵一監督、カムバァァァァァァックッ!!

 突如として「君はスパイになるのだっ!」と命じられ、スパイになったしんちゃんの物語。

 結論から言ってしまうと、エリートスパイ一家の娘として鍛えられ、それ故に普通じゃない家族関係の中で育ったスパイの少女が、わきあいあいの野原家を見て心境変化するという作品軸が、あまりうまく機能していない。

 原因は単純で、ヒロインの少女の心理変化はそれなりに描いているが、それに乗っかる形で変化する、少女の両親が描けていないためだ。
 任務最重要で、娘を死地にさえ送り込んでいた両親は、なぜ突然掌ひっくり返して任務放り出して娘を助けに走るの?

 作中の遊びはそこそこ楽しんだが (説明する気が無い家政婦等)、野原家も、あまり上手くキャラクタが機能しているとは言い難く (ひまわりなど、存在理由がまったく無い)、作品として、やりたいことは分かるけど、いまいち上手く行っていない作品であった。

戻る